FC2ブログ

コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE

第17話(第1シーズン最終回)「決戦!超古代と超勇者の激突?!」

涼宮ハルヒが、恐竜戦車の戦車部分とキングジョーブラックの上半身を足して作られたキングジョータンクをつれて、地球怪獣軍の元に総攻撃をしかけてきた。
これに対し地球怪獣は、ゾンネルの生体核融合炉のエネルギービームを利用し、ハルヒたちを一掃しようとした。
しかし、そのエネルギービームが長門有希の読書を邪魔してしまったからさあ大変。
長門有希の、勝手な反撃が始った!

画像 506

長門有希「敵の総大将をたたく。そのために、バリヤーを破る。」
バッ!
ダイゲルン「な!なんというジャンプ力だ!!人間業じゃない!」
テレスドン「あっ!キングザウルス三世危ない!!」
キングザウルス三世「何をぉ!この俺のバリヤーを破れるものなら、破ってみろ!」

画像 507

バキィン!!
キングザウルス三世「ギャアァァァァァァ!!りゅ、流星キックだとぉぉぉ??!!」

画像 508

長門有希「あなたの空間閉鎖能力は、上部には行き届いていない。だから、私の侵入を許す…。」
テレスドン「キングザウルス三世!しっかりしろォ!」
涼宮ハルヒ「やったわ!敵の総大将を倒すなんて、すごいじゃない有希!さあ!あとはザコだけよ!一気に攻め込みましょう!」
キングジョータンク「ふぅ、長門さんに活躍の場を取られたと思ったけど、まだ攻め込むんだジョね。よかったジョ。じゃあ今から、オイラが頑張るジョ!」
ネロンガ「ヤバイ!おい!なんとかしろ!」
ダイゲルン「大丈夫だ!例えゾンネルがやられても、ゾンネルⅡがいる!もう一発、おみまいしてやるぜ!」
ゾンネルⅡ「だからぁ!何で俺らはそういう扱いなの~~~~(涙)!!」

と、その時…!

画像 510

どげしっ!
ダイゲルン「べはっ!」
ゾンネルⅡ「んぎゃッ!!」
涼宮ハルヒ「?!な、何?!」
ゴルザ「うおぉぉ、やってるじゃねぇかぁ?ちょうどいいぜ!こんだけ大勢いれば、退屈しないぜ!早速、ブチのめしてやるぜ!てめぇら!」
キングジョータンク「な、何だジョ?!このずうずうしくて乱暴な怪獣はジョ!いきなり乱入するなんて、とっても悪いジョ…!」
テレスドン「やべっ!ご、ゴルザだ!」
キングジョータンク「エ?じゃあコイツが、今噂の暴れん坊のゴルザ…?!」

画像 516

ゴルザ「誰がやべぇってぇ?!うぉらうぉら!!」
ドガッ!ベシッ!グググッ!!
ネロンガ「ウゴハァッ!」
テレスドン「うげげげげげげ…っ!!」
キョン「(…な、何て乱暴で強い怪獣なんだ?!今まで見た以上に、ヤバそうだ…!)」

画像 517

ゴルザ「っしゃぁ!次は人間ども!てめぇらの番だぁ!覚悟しやがれぃ!」
涼宮ハルヒ「いい度胸だわ!私たちSOS団に勝負をいどんだことを、後悔させてやるわ!キングジョータンク!やってしまいなさい!」
キングジョータンク「ウワワワ!!こ、こっち来るなジョ!!あっち行けだジョ!」
ズガンズガンズガン!
ゴルザ「それが攻撃のつもりかぁ?!効かねぇぞぉぉ!!」
ドドドドドドドドドドドドド!!

画像 518

ドガーーーーーーン!!!ズゴゴゴゴゴゴゴゴ!!
ゴルザ「行くぜいくぜいくぜぇぇぇぇぇぇぇ!!!」
キングジョータンク「ワワワッ!!お、押されるジョ~~!ゴルザ、いつの間にこんな強くなったんだジョ~~?!っていうか、オイラがアタックバトルでこんなに押されるなんてジョ~~(涙)!」
ゴルザ「俺の強さはこんなもんじゃねぇぞぉぉ!」
涼宮ハルヒ「す…すごい!今まで見た戦いの中でも、一番白熱してるわ!」
キョン「喜んでる場合じゃないぞ!おい!」

ゴルザ「そろそろトドメをさしてやるぜ!」
画像 519

ゴルザ「うおりゃぁぁぁぁ!!」
バキバキ!バキン!
キングジータンク「ギャアアアァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」
涼宮ハルヒ「アーッ!私が一生懸命考えて作ったロボットが!」
キョン「違う、作ったのはどうせ他の奴だろうが。…しかし、なんてひどい怪獣だ、あいつは…!」

画像 520

ゴルザ「何だ!スーパーロボットがさらに強くなってきたと聞いてやってきてみりゃ、大したことなかったな!次はてめぇらだ!人間ども!俺は人間だろうと、容赦しねぇぜ!」
涼宮ハルヒ「よくも我がSOS団にたてついたわね!おまけに、ウチの大切な戦力のロボットまで壊して…!絶対許さないわ!アンタみたいな怪獣、私の正義の鉄拳でブチのめしてやるわ!」
ゴルザ(以下ファイヤーゴルザ)「ガッハハハハハ!人間ごときに何ができるってんだ?!ちょうどいい!今ちょうど、体温が上がって俺もファイヤーになったところだ!この強化された力で、てめぇらを吹き飛ばしてやるぜ!」
ズズズズズズズズズズッ!!!
キョン「まずい!何かまずそうだぞ?!あ、あの怪獣の頭にエネルギー…わからないけど、なんかそんなのがたまってる!っていうかハルヒ!いい加減にしてここは逃げるんだ!」
涼宮ハルヒ「何言ってんのよ!キョン!そんなこと言う暇あったら、あの光線を跳ね返す方法とか考えなさいよ!」
フィアヤーゴルザ「トドメだあああああああああ!!」
ズボババババババババッ!!

画像 521

メフィラス星人「ムウゥン!!」
バリバリバリバリバリバリバリ!!!
ファイヤーゴルザ「うごがああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
涼宮ハルヒ「な、何?!」
キョン「な!何が起こったんだー?!」
長門有希「!!!」

画像 522

ファイヤーゴルザ「ウガアァァァァ!!くっそぉぉぉ!直撃で、あんな強烈な光線だとはぁぁぁ!ちくしょおぉぉぉぉぉ!!」
シビトゾイガー「わわわっ!先輩大丈夫っすか?!ささ、早くこっちに!」
メフィラス星人「地球人の諸君、危機一髪だったな。」
涼宮ハルヒ「だっ…、誰よ?!アンタ!」
メフィラス星人「驚くことはない。私は遠い宇宙の彼方からはるばるやってきた、メフィラス星人だ。」
スペクトルマン「皆!遅くなった!…っと、何?戦いは終っているのか?」
涼宮ハルヒ「遅いわよ!というか、今取り込み中なの!で、何よアンタ!何で邪魔したのよ!」
メフィラス星人「邪魔?これはひどい言い方だな。私は、君たちを救ってやったのだよ。」
涼宮ハルヒ「何よ偉そうに!これからあの怪獣を、倒すところだったのよ!」
メフィラス星人「ウハッハッハッハ!やはり強情な人間だな、君は。自分でも、あの怪獣を倒せなかったであろうことは、気づいているんだろう?涼宮ハルヒ。」
涼宮ハルヒ「?!何で私の名前知ってんのよ!さては、SOS団をのっとりに来たのね?!」
メフィラス星人「私は別に、君の団そのものには興味ないよ。まあ今の段階では、私の真意はまだ語ることはできない。とりあえず今は、君に死なれては困る、それだけ言っておこう。」
涼宮ハルヒ「なんですって?!」

画像 523

キョン「何だ?いったい何の話なんだ…?」
古泉一樹「ご無沙汰しております。」
キョン「ぅおわっ!古泉か…!やっと復活したようだな…。っていうか、相変わらず顔が近いんだよ。今ややこしい時なんだ。いきなりビビらせるな。」
古泉一樹「これは失礼^^。でも、先ほど大規模な閉鎖空間が発生したもので。そして、彼ですよ、僕の能力を封じ、あの姿に変えてしまった宇宙人は…。」
キョン「あ、あいつがか…?!」
メフィラス星人「涼宮君、私はある目的で君がこのレイオニクスバトル、つまり大怪獣バトルの勝者になるその瞬間を待っている。だから、今君に死なれてはこまるのだよ。」
涼宮ハルヒ「なんですって?どういうことよ!」
メフィラス星人「言っただろう?まだ全ては語れないと。君が勝者となる時、私は再び現れよう。その時を、楽しみにしているぞ。ウワッハッハッハッハッハ!」

涼宮ハルヒたちのピンチを突如として救った、メフィラス星人。
だが、その行動の裏のたくらみを、誰もが知る由もなかった。
ただ1人、古泉を除いては…。

そして…

画像 526

メルバ「何だって?全ては地球人少女のせいだって?」
メトロン星人「そう。涼宮ハルヒ。退屈が嫌いで、世界を自らの思うままにすることのできる人間。今回の大怪獣バトルの激化にも、彼女は加担しているのだ。」
メルバ「信じられねぇな…。」
メトロン星人「事実だよ。彼女は戦いに勝ちたいと思う反面、自分が苦戦する相手をも望んでいる。その結果、選ばれたのが君の相方というわけだ。君の相方が暴走し始めたのも、そのせいなのだよ。」
メルバ「いや…、多分その辺は関係ないと思うんだが…アイツが凶暴なのはな…」
げしげしげしっ!
ゴルザ「ゴルァてめぇ!何邪魔してやがんだ!せっかく俺が奴らをブチのめそうと思ったところを!!」
シビトゾイガー「イタイイタイ!やめてくださいよぉ!センパ~イ(涙)」

画像 524

レイモン「おい、ゴモラはまだなおってないのか?」
ファイヤーゴモラ「うん…、アニキ、どうも鬱から今度はニート化しちゃったみたいで…。なんか、昔ジョンスン島に眠ってた時みたいになっちゃったよ…。どうしよう(涙)」
レイモン「そ、それは困ったな…。今ゴルザと人間の少女が、レイオニクスバトルで暴れているんだ。ゴモラの力を借りて何とかしなければいけないんだが…。」
上原瑞希「私のお料理で元気つかないかな、お兄ちゃん…。」

ゴルザと涼宮ハルヒの激突は、一時はメフィラス星人により防がれた。
だが、彼らが再び戦うのは時間の問題だ。
果たして、ゴルザをとめることができるものは現れるのか?
メフィラス星人やメトロン星人は、涼宮ハルヒの能力にどう絡んでいくのか?
新生SOS団は、本当に大怪獣バトルの頂点に立てるのか?
ゴモラが鬱状態から脱却できるのはいつなのか?
レイキュバスたちはちゃんとチームワークを組めたのか?

…などなど、様々な問題をかかえつつも、今日も宇宙のどこかで、大怪獣バトルは繰り広げられていくのである!


『大怪獣バトル ANOTHER EPISODE』第1部 完


ということで、第1シーズン終了です!!!!
いや~、突然の最終回ということで、ちょっと多めに画像upしまくっちゃいました(汗)
最後はね、やっぱり我が相棒ゴルザの暴れっぷりと、長門のトンデモない戦闘シーンで飾ろうとおもって、こうなりました(笑)
本当はちょっと、また2回にわけて撮影しなおそうとも思ったんですよ。
でも、引越しの関係でソフビも全員ダンボールにしまってしまっている状態なので、今…。

でも、何はともあれ、第1シーズンはこれにて終了です。
『大怪獣バトル ANOTHER EPISODE』を楽しんでいただいた皆様には、急な最終回で本当にすみません。(そして、こんな意味不明な最終回で…orz)
そして、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
第2シーズンも始ったら、どうぞよろしくお願いいたします!

※でも、いつ始るかとかは全くの未定なので、その辺ご了承いただければ幸いです。スンマセン…。
画像 528

ヒッポリト星人「第2シーズンでこそ、いっぱい活躍するぞ!」
バゾブ「ちょ、重いって!」
デマゴーク「全然活躍できなかったからな!俺のすんげけ防御技も、これじゃ自慢できねぇじゃんか!」
グロいガメラ「んしゃは~♪」
ネオジオモス「おいコラ!何俺の前に居座っとんねん!!はよどけやコラ!!」
モンスアーガー「いや~、俺のSRカード、やっぱカッケー*^^*」

ヒッポリト星人チームも、すっかり忘れてたゼ…orz
今年の映画に登場するから、本来もっと注目すべきだったんですけどねぇ(苦笑)
スポンサーサイト
  1. 2008/04/03(木) 00:03:04|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<行ってきま~す | ホーム | 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE>>

コメント

自分にとってはうまくまとまってると思います。
最後のおまけが一番笑った・・・
第2シーズンいつでもいいので今は始まることだけ祈っております。
これからもがんばってください。
  1. URL |
  2. 2008/04/03(木) 18:59:58 |
  3. ウルトラマンファウスト #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/04/03(木) 20:25:03 |
  3. #
  4. [ 編集]

>ウルトラマンファウストさん
いや~、まとまってるみたいで、何よりでした^^。ありがとうございます!
最後のヒッポリトたちの熱意も伝わったようで(笑)
第2期、ホントにいつになるかわかりませんが、始ったらどうぞよろしくお願いいたします!
  1. URL |
  2. 2008/04/03(木) 23:13:42 |
  3. ボンボス稲葉 #-
  4. [ 編集]

「ゴルザ恐るべし!!」


でも、メフィラスの活躍は以外でした!!

第2シーズンも楽しみにしています。

第2シーズンは、ヒッポリト達の活躍ですか。

今回の劇場版の黒幕(?)ですもんね。
  1. URL |
  2. 2008/04/04(金) 20:01:49 |
  3. tensuke #-
  4. [ 編集]

>tensukeさん
大怪獣バトルではやられ役になってる分、ウチのゴルザはとてつもなく凶悪化してます(笑)
メフィラスもハルヒの能力を利用する目的があるから、必死のようです(ネタバレ?!)
本当はもっとヒッポリトたちも活躍させたかったんですよ。映画の宣伝もかねて(爆)
第2シーズンでは、ヒッポリトや他の連中ももっと活躍させていきたいです。
  1. URL |
  2. 2008/04/05(土) 22:13:18 |
  3. ボンボス稲葉 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbonoblog.blog109.fc2.com/tb.php/92-869330c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する