コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやくですが…サーガ感想。

ども皆さん、ボンボス稲葉です。

さて今日は、前回おざなりにしちゃった●映画『ウルトラマンサーガ』観てきた + ●ウルトラ怪獣シリーズEX ハイパーゼットン ギガント&イマーゴセット
こちらに、劇場限定ソフビのゴメス(S)を加えて、レビューをします。

まずは、ソフビのレビューから!
(映画の感想を先に言うと、ネタバレになっちゃうからね)
本日紹介いたしますのは、
20120314 (26)
「ウルトラ怪獣シリーズEX ハイパーゼットン ギガント&イマーゴセット」です。
「ウルトラ怪獣シリーズSP 劇場限定 古代怪獣ゴメス」
です。



20120314 (1)
ソフビが発売されたのは、すでに先月のことなんですが…
もう最近のウルトラ映画商品の定番となりつつある、大型怪獣ソフビ。今年もやってまいりました。
それが、このハイパーゼットン・ギガント
映画のネタバレになっちゃうかもしれませんが、後の方の商品化でありながら…なんと映画のラスボスは
ギガントではなくイマーゴ、という意外な展開

いつもならこっちのデカいギガントがラスボスになるはずのところを、逆手を取ったみたいです。
ギガントは、ハイパーゼットンの幼体とでもいう姿で、300mを超える巨大な虫型の姿が特徴。
デカいゲジゲジしたイモムシボディに、ゼットン顔をくっつけたような姿です。
かつてのクローンゼットン・ファイナルとは違う解釈でデザインされた、巨大ゼットンです。
まず全体ですが…横から見た際、「短くね?????」
映画では胴体がもっと長くなだらかでしたが、ソフビでは背中を大きく丸く曲げて、胴体が圧縮されています。
たぶん商品のサイズの規定とかに引っ掛かるとかなんだろうけど…、購入する側としては、微妙だよね。


20120314 (4)
頭部アップ。
顔ですが、なんと意外にもイマーゴよりゼットンらしい顔つきをしていますwww
頭部の角が、まるでズゴックの爪のようなキバになっており、下あごにもあるのが特徴。
合計4本になってます。
あの角はこういうモンじゃない気がしますが…まぁいいよねwww
黄色い発光体が胸と、肩の上にも現れてます。
しかしコイツ、肩と背中の造形、そして肩の発光体の位置を見てると…『超星艦隊セイザーX』の宇宙恐獣ウィンミラーそっくりなんだよなぁwwww
思いません???


20120314 (7)
腹部アップ。
腹部を見ると、虫っぽく下からも足がいくつも生えています。
足の内側は通常のゼットンと同じく、白(ってかグレー)の蛇腹になってます。

20120314 (8)
動かせる前足は、攻撃用の腕。
映画の中では、ウルトラマンを叩き落とすために伸ばしていました。
腕とか足で稼働するのは、この部分だけ。
ただ映画本編内で張り付けられていた、網目状のテスクチャは残念ながらオミット。

20120314 (10)
可動部は両腕と、上半身のみ。
首は接着されているので、基本動きません。
ボンボスは引きはがして、動くようにしましたがww

20120314 (12)
今回のハイパーゼットンには、あるギミックが。
背中の左側に、なんと穴が空いているのです
穴っていうか、裂け目がパックリとなっているんですが…。
これ、何のための裂け目かというと…

20120314 (15)
これのため。
ハイパーゼットン・イマーゴの孵化シーンの再現のため。
付属のハイパーゼットン・イマーゴを挟んで、遊ぶことができるんですね。
しかし・・・このギミックは正直いらない
だって映画の中で、こんな孵化の仕方しなかったもん。
映画でこうやったってんなら、まだしもさぁ…。
縦にパックリ裂けられたこの穴、外観をかなり損ねてますし…。
ふつうに作ってくれりゃよかったのになぁ。

20120314 (16)
で、そんな付属のイマーゴのソフビはこちら。
「ウルトラヒーローBEST 輝く希望SP」のイマーゴのソフビと同じ型のもので、
クリアスモークの形成色になっています。


20120314 (19)
実際のギガントと同じサイズ比率ではないですけどね。
ちなみにこのイマーゴには、ウルトラ怪獣シリーズEXのとは違い羽が生えてない初期状態版


20120314 (21)
そして、このギガントのソフビですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴代の映画怪獣ソフビと並べてわかるのですが・・・・・・・・(Uキラーザウルスはちょっとよそに置いといてww)
小せぇの!!
なんかね、今までの映画怪獣ソフビと比べて、かなりサイズが小さくなっちゃってます。
明らかに商品スケールがダウン。

20120314 (22)
ほら、一番最小のギガキマイラと比べても、サイズが小さいの…。
せっかく、前のアークベリアルとギガキマイラで大きいソフビが出てくれたってのに…。
箱のサイズは、ギガキマとほぼ同じくらいですが(微妙に小さいけど)


20120314 (2)
ちなみに、映画に登場した怪獣ソフビでもう1体。
劇場限定のゴメスです
こちらも映画館できっちり購入。
まぁ、通常のゴメスのただの色変え商品なんですが。
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場したゴメス(S)の着ぐるみ流用ということで、
全身がブルーグレーになっています
映画では緑色に直ってたけどね(爆)

20120314 (3)
しっかし…塗装のショボいことしょぼいことorz
体の色とか、茶色のスプレーを軽く吹いただけ。
せめて劇場“限定”っていうくらいなんだから、もちょっと塗装に凝ってもよかったんじゃないかと思うんですが。
ってか・・・形成色も問題アリですが。
評価できるところといえば、頭頂部の角のグラデーションだけ

20120314 (6)
ほら、初版のゴメスと比べてもこーんなに色が…orz
10年前の方が、気合の入り方が違います。
こんなんで金額が300円ほどもちがうんだからなぁ、たまったもんじゃない。
ちなみにこのゴメスのソフビですが、何気にバリエーションあるんですよねぇww
通常版と、アメリカ限定版のクリアタイプと、ハイパーホビー限定の白黒版と、ウルトラQカラーライズ版の重塗装版と、
そしてこの劇場限定版

全部並べて写真を撮らず、すみませんが…。

20120314 (11)
で、このゴメスはいわゆるゴメス(S)なので、ゴモラのソフビと絡めて『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』
の第1話を再現可能。

こうなると、マグラーも欲しくなるwww


20120314 (5)

映画に登場した怪獣ソフビ、大集合。
あとこれで…足りないのはアーストロンのみ
バンダイよ…はよアーストロンをソフビ化せい!!!!!!
もうメビウスの頃から要望は多数のはずなんですが…。
しっかし…この写真を見ても、一目瞭然ですよね。
ギガントの小ささが。


以上、ハイパーゼットン・ギガントと劇場限定ゴメスでした。
ギガント…とにかく買ってみたら商品のサイズの規模縮小にガッカリしてしまいました…。
これでねぇ、元値が4000円ってのがあまりにボッタすぎる。
正直、ヨドバシ価格の3000円でも高いと思うんですよねぇ
せいぜい2500円くらいだろうと。
バンダイさん、価格設定と商品設計のやり方、マジで考えた方がいいぜ。



でではでは以下からは、『ウルトラマンサーガ』の感想です。
まだ映画を観ていない人は、ネタバレになるのでご注意!


さて、では下記からは映画『ウルトラマンサーガ』の映画レビュー

映画の個人的感想ですが・・・・・・・


いや長谷川脚本にしてはね、思っていたより良い映画でしたよ
フツーにおもしろかったです。
たぶんあれはね、やっぱおか監督の力量だと思うの

8兄弟の時みたいに、セリフだけで感動させるような映画になっていないかとか心配してたんですが、
あまりそれが気にならない感じに演出されてたので。
(8兄弟の時は、たぶん八木監督が長谷川脚本をそのまま演出したからアレだったんだろうなぁ)

サーガの登場シークエンスは、いまだに必然性の薄さとテンポの悪さが見えてしまい、長谷川脚本だなぁ…と思ってしまいますが。
でもその後にチームUのメンバーが力を貸す展開があるので、今迄みたいに、最終決戦をただ傍観するだけの人間像がなくなってます

あとね、今回の映画は正直、ダイナのための映画だと思うの
ダイナファン、ダイナ世代にとってはウレシイ映画でポイントもいっぱいあるのです。
特にダイナ復活のシーンは、音楽とも相まって世代人的には涙腺崩壊ポイントです!!!ボンボスも映画館でかなりキテしまいましたww


その代りね、コスモスの立ち位置がもんっっっのすごく微妙
コスモスが登場する必然性が、映画の中でまるでナシ。
ダイナはストーリー上でも中心的存在ですし、ダイナだからこそ、今回の映画のストーリーが作れたんだと思います。
その分、コスモスというウルトラマンが登場する必要性が逆に薄いんですよね
それこそ、初代マンでもガイアでも、誰でも良い立場。
コスモスが出たことでよかったのは、せいぜいカオスヘッダーゼロの当たらしいCGが観れたことくらい

あとね、コスモスの声に独特の響きや息遣いがない…。
コスモスの声といえば、エコーがかかった、深く響くような息遣いなのに、今回の映画ではエコーもなにもない、
ただの低い声。
コスモスファンのボンボスとしては、今回コスモスの点ではマイナス点が多い




まぁ、でもそういったウルトラマン側の評価点はぶっちゃけ、蚊帳の外
今回の映画で何が一番よかったかってっと…やっぱアレですよ。

ミニチュア特撮復活+3Dの大スクリーンで大怪獣が観れたこと!
いやーやっぱ怪獣は、ミニチュアの山とビル街に出てナンボだってことだね^^
怪獣単体の特撮シーンが、かなり気合が入ってました!
特にアーストロンの出現から市街地を歩く辺りは、臨場感あふれるミニチュア+巨大感溢れるカメラワークで、ここ最近のウルトラ映画の中でも、久々に非常に怪獣映画らしいシーンになってます
そしてその後のダイナの初登場シーンなんかもね、表現がスゴいの。
ダイナの足音でビルが振動する様子が、ビルの外からも中からも表現されてて(窓越しにダイナが歩くと、オフィス内の机が揺れるとか)
ウルトラマンが“巨人”であることを感じさせるシーンになってたんです

こういったように、今回の映画はビルの倒壊こそはないものの(理由はわかるけど)、久々に、街中での巨大感じあふれる特撮が観れて満足。
さすが三池監督!
ことに、3Dで大怪獣が観れたってのが一番の収穫^^
それだけで、今回の映画は見る価値アリだと思います。
「AKBが出てるから」「DAIGOだから」とかいう理由で嫌悪している場合じゃないぞみんな!(秋元はむしろいい味出してるぞww)
3Dミニチュア特撮を観に!是非劇場へ皆さん行きましょう。


とはいうものの、今回の映画、正直言うとダイナをわかってない人にとっては、厳しいかもしれないね。
だって、ダイナを観たこと前提の映画なんだもん。
あえて言うなら…円谷プロ、そろそろこういった一元さんお断り映画から、離れるべきだと思うのですが
スポンサーサイト
  1. 2012/04/20(金) 03:06:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ニコニコ超会議レポ+figさやか…なんだけどもorz | ホーム | 現代科学の推移を集めた超高性能マシン…!>>

コメント

ギガントはこちらの特撮好きの間では「三葉虫ゼットン」と呼ばれていますw
しかしこのデザイン何処かで似たようなのあったなと思っていたら「ウルトラマン THE FIRST」のゼットンに似ていることに気が付きました。
ハイパーゼットンギガントの造形がやたらと小さいとあちこちで言われていますが実は全長が並の超巨大怪獣と比べて意外に小さい方なんですよ。
そう言ったところではある意味再現されていると言えばそうなんですが・・・やっぱり小さいですねw

ゴメス発売していたんですか、全然知りませんでしたw
後せっかくなのでパンフレットに記されていたサーガのゴメスに関するちょっとした小ネタを。
もうご存じかもしれませんが今回のゴメスの出現シーンはモスゴジのゴジラが倉田浜干拓地から出現するシーンのオマージュらしいですよ。
やはり初代ゴメスのスーツの元がゴジラだったからでしょうかね。
  1. URL |
  2. 2012/04/20(金) 07:39:31 |
  3. EXブルトン #-
  4. [ 編集]

ギガントちっちゃいですねー。まさかグビラとほぼ同サイズとは・・・。こうしてラスボス怪獣を並べて見てみるとやっぱり一番カッコいいのはアークベリアルな気がします。
ギガントのスリットは確かに余計でしたね。使い道があるとすればネタフィギュアを入れてネタとして使うくらいでしょうか(笑)

やっぱりコスモスの出番は欲しかったですよね。僕の知り合いは「コスモスは合体素材として優秀だから出たんだろ」と言ってました。
  1. URL |
  2. 2012/04/20(金) 21:18:31 |
  3. クロコダイル #-
  4. [ 編集]

大変ご無沙汰です、カートですw

自分もコスモス好きとして、今回の復活を楽しみにしてました。
久々に怪獣達を静める優しいコスモスが見れたり、惑星ジュランのその後が見れて本当に嬉しかった!・・のですが、仰る通りあの立ち位置ではどのウルトラマンでも良かったですよね・・
今回はダイナにおいしいところ持って行かれちゃいましたねぇ…、いやもうダイナめっちゃカッコよかったですけどね(笑)

そういえば、ギガントにゼロとコスモスが立ち向かう際、お互いに手でガッツポーズみたいなのをぶつけあってましたが、あの時何気にルナモードであるコスモスが手をグーにしているんですよねw
結構レアなシーンのような気がしました。
  1. URL |
  2. 2012/04/20(金) 22:18:53 |
  3. カート #-
  4. [ 編集]

ダイナ初登場は本当にすばらしかったです。あと自分が印象的だったのがハイパーゼットンの戦闘シーン!あのテレポーテーションの攻撃はとてもかっこよく、「こんなやつに勝てんの?」ってくらいのオーラを出していました。

しかしアーストロンはいつになったら発売するのでしょう・・・あれだけ復活をしておきながら未だにソフビの気配がない・・・
  1. URL |
  2. 2012/04/20(金) 22:38:36 |
  3. ウルトライダー #-
  4. [ 編集]

ハイパーゼットン ギガントの小ささには自分もがっかりしました、
映画の方はお祭り映画としてではなく一つの映画としてはよかったです、しかし今後ゼロはどうなるんでしょうか?登場して3年もたってるのでそろそろ別のウルトラマンに世代交代でしょうか?
  1. URL |
  2. 2012/04/21(土) 00:52:37 |
  3. ガエンボーⅡ世 #-
  4. [ 編集]

私はこの映画まだ見てないんですが早くみたいな~。
超全集によると初期案だとハイパーゼットンはウルトラマンサーガだけではなくメビウスインフィニティーやウルトラマンレジェンド達と戦う予定だったらしいです。
ハイパーゼットンvsサーガ&インフィニティー&レジェンド…どんだけ鬼畜な強さだったんでしょうゼットンさん、エンペラ星人も真っ青ですよ、ザギさんもビックリでしょう。

原作ゲームのEXゼットンとどっちが強いかな?原作及び西川伸司さんの原作漫画版のEXはガタノ倒したグリッターティガぶっ飛ばしたり100兆度放てるのに1兆度で宇宙そのもの吹っ飛ばそうとしたり昭和から平成までの大怪獣軍団を一体で全滅させたりヒッポリトタールからブロンズにされても怪力で脱出したり昔みたいに初代マン倒したり大怪獣軍団の必殺光線一斉発射をバリアで簡単に防いだり…しかも初代マン倒したり大怪獣軍団倒したのは主がいない野良状態でのこと…グリッター倒した時も実は完全に成長していない不完全体だったり。
ゴーストリバースの個体はなんだったのだろうか?萌え怪獣ともされる2代目みたいなのを進化させたのかな?原作のは進化元があの歴代最強クラスとされるケイトのゼットンだし。
  1. URL |
  2. 2012/04/21(土) 11:05:56 |
  3. ウルトラパン #d3xRQPUk
  4. [ 編集]

 私もダイナ世代なので復活シーンは涙しました、あの場面でさらにつるの剛士の『君だけを守りたい』が流れた瞬間なんかもう・・・(涙)。ゼロは何か方向性を変えた?と言わんばかりにギャグが目立ってたような(笑)後一人のウルトラマンは・・・私もボンボスさんと同じ気持ちです(悲)。
 人間側のドラマもDAIGOやAKB、子役達の素晴らしい演技で過不足無いと思います。チームUの結成理由を話すくだり、それを聞いて覚醒するタイガ・ノゾム、良い話でした。
 ハイパーゼットン激強い!!イマーゴが最終形態で本当に良かった(笑)以前スペゴジのレビューで強敵云々と言ってましたが個人的にハイパーゼットンも、ベスト10に入る強敵だと思います。
 
  1. URL |
  2. 2012/04/21(土) 13:32:23 |
  3. 上野 建治 #-
  4. [ 編集]

>EXブルトンさん
三葉虫ゼットンwwww どちらかというと、ダンゴ虫ゼットンな気もします(笑)
THE FIRSTのゼットン、いましたね~。
よく思い出すと、他にも「STORY 0」でもオリジナルのゼットンがいましたし、他にもサイボーグゼットンってのも…。
何気にバリエーションの多い奴ですねぇ^^
でも映画の大型ソフビが定番シリーズになってる今、この大きさはちょっと・・・残念ですよねぇ(苦笑)
今回の映画のゴメス(S)の出現シーンの件、ボンボスもパンフで気付きました。
初代ゴメスのスーツはモスゴジだから、三池さんも「やらざるを得ない!」と考えたに違いありませんw
あそこで、頬肉が揺れればもっと…www

>クロコダイルさん
やっぱりアークベリアルが一番、怪獣らしい形してますしねww
あと、Uキラーザウルスも。
ギガントのあの裂け目、ホントにどうにかならなかったんでしょうかねぇ…。
外見だけじゃなくて、あのままだとあそこが凹んでいく気しかしないのですが。
コスモスは、なんであんな合体が得意なんでしょうかねぇww 慈悲の心が合体をも可能にするのかもしれません(笑)

>カートさん
ご無沙汰しております~。
やっぱりそうですよね、カートさんもそう思いますよねっww
あの映画でのコスモスの立場、無理にコスモスにするよりも、むしろグレートにしてほしかったと思ってますww
ダイナの復活シーン、活躍エピソードは、ダイナファン必見になってますよね。
ただ、TVシリーズの最終回は、あれはあれで完成しているエンディングなので、無理に続きを作らなくても…とも反面思ってたり(苦笑)
コスモスのグーのカット、そういえば…!今気づきましたww
あの人、基本拳を握らない人ですからねぇww

>ウルトライダーさん
ハイパーゼットンのテレポーテーション攻撃、合成が非常にうまく、カッコよかったですね~。
あとハイパーゼットンの動きが、どことなくマックス版や、パワードゼットンぽい動きなのも、よかったです。
アーストロン、何でバンダイはいつまでも出し惜しみするんでしょう…。理由が見当たりませんよね。
嫌いなのかしら…。

>ガエンボーⅡ世さん
いやぁ、あのソフビの小ささはなかなか酷いですよ。
最悪、小さかったらその分、値段を安くしてほしいところでした…(苦笑)
ゼロ、そういえば2009年初登場で、もう3年活躍なんですよね。メビウスも3年で脱ルーキーでしたし、ゼロも今年で最後なるか・・・・w

>ウルトラパンさん
超全集の最強合体ウルトラマン集合の話、ボンボスも超全集で読みました。
なんという、チートすぎる企画だったことやらwww
でもまだ合体ウルトラマンといえば、グリッターティガに、『ウルトラマン物語』での超ウルトラ戦士化したタロウも…www
EXゼットンも、ゲーム版とマンガ版、ゴーストリバース版と、何気に多いんですよねぇ。
そういえば、ゴーストリバース版のEXゼットンは、とにかく着ぐるみがカッコ悪くてかっこわるくて…(爆)

>上野 建治さん
ゼロのあのギャグの多さは、本当に「何があったww」ってくらいでしたよね。
初登場時は、ただの不良だったのに(笑) でも優等生なメビウスより、キャラとして馴染みやすい感じがしました。
あと一人のウルトラマン…www やっぱりそうですよねー。やはりグレートにしてくれた方が・・・・(爆)
AKBのシーン、ドラマ的にはよかったですが・・・・子供たちがチームUのケンカの回想シーンを、どんな思いで見ていたのかが気になってます。
いや、AKBメンバーによるケンカのシーンが、女性というだけあってか妙にナマナマしかったもので…(笑)
  1. URL |
  2. 2012/04/28(土) 02:31:42 |
  3. ボンボス稲葉 #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです!

自分も昨日今日とウルトラマンサーガ観てきました!2D版だったのですが、個人的には満足でした。最初に観た映画館がスクリーン小さくて、二回目の方が面白く感じるというw思ったよりまだ人はいっているんですね。

ギガント→イマーゴで最近の巨大怪獣がボスっていうパターンを崩してきたのは良かったですね。てゆかイマーゴ、個人的にはすごくすごく大好きな怪獣になりました。頭回すのかっこいいw
自分もコスモスの立ち位置には不満でした。隊員服を来たムサシも撮られたというのにカットだし、なんでずっとルナモードなの!
一緒に見に行った友達(DAIGOが主演という理由で付いてきましたw)に「コスモスは映画が三作あって、その度に上位の戦闘形態出してたらすげーインフレになっちゃって、実はね、他のウルトラマンと合体したのも初めてじゃないんだ。」とか語ってしまいましたw
本来ならギガント戦でもう絶対コロナとかになってるはずなのに……。でなんでコスモスだったんでしたっけ?w

久しぶりにドラマがあるウルトラ映画だったと思います。個人的には丁寧に思えて、好感が持てましたね。タケルの「あきらめないでぇ~~~」は「ああ、うんw」って感じでしたがw
  1. URL |
  2. 2012/05/03(木) 17:46:24 |
  3. リヒト #-
  4. [ 編集]

>リヒトさん
どうも、ご無沙汰しております^^
ハイパーゼットンは、イマーゴが先にメディアに出ていたから、あそこからギガントになるんだろうなと、当然思いますよねぇ。
今回は、いい意味でその辺、逆手を取ってますよね。
コスモスの扱いの微妙さは、やはり他の方も同じなのですね、よかったww
なんか、コスモスとしての特性が、あの映画だと何も活かされてないんですよね。
ストーリー的にも、映像的にも。
コスモス=怪獣保護ってのが定着しちゃってるから、ああいう映画には出しづらいと思うんですが…。
とにかく今回は、長谷川脚本だけど、長谷川臭があまりしない映画だったのでよかったです。
あと何より…やはり映像がGood!
  1. URL |
  2. 2012/05/07(月) 02:17:52 |
  3. ボンボス稲葉 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbonoblog.blog109.fc2.com/tb.php/274-e6822dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。