コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目の色だけで別キャラになれるから便利だよなぁコイツら

やぁ皆さん、どうも。コスモGです。

さてまたも遅れた感満載ではありますが、今日はこちらのレビュー!

20130120 (1)
本日紹介しますのは、「ウルトラ怪獣シリーズ ウルトラゼロファイト ダークネスファイブセット」です。

2013年最初のウルトラ怪獣シリーズのプレミアムバンダイ限定商品は、現在放送中の『ウルトラマン列伝』内の『ウルトラゼロファイト』に登場した、5人の宇宙人集団ダークネスファイブ。
過去のウルトラ宇宙人に、初めて個人名が付いての登場となったキャラクター達です。
しかもそれぞれ、若干厨二っぽさを狙った二つ名まで付いて…ww
基本は過去のスーツの眼を赤くして流用しているだけなので、今回のソフビもそれに準じた感じの処理になっています。

20130120 (2)
まずは、ダークネスファイブのリーダー格である、メフィラス星人・魔導のスライ
鎧を着ているので姿はもろアーマードダークネスなんですが。
ソフビは、もちろんアーマードダークネスのソフビ使い回しなのですが、右腕がメフィラスブレードではなく、過去にクリア版で使われた通常の手となっています

20130120 (3)
顔アップと、過去のアーマードメフィラスのソフビと比較。
メフィラス星人といえば目は青なのですが、目が正反対の赤色になっているのが違い。
割と違和感がない気がします(最も、アーマードメフィラスだから違和感あっても気にならないだけで、初代メフィラスだったらどう思うか…w
過去に発売された通常のアーマードメフィラスと比べると、色合いや塗装の具合はほとんど同じ感じですが、
鎧の青色部分が若干、省略されてしまっているのが特徴
しかし、ゼロファイト内では今、ブレード普通に使って戦っているので、ブレード付きでもよかったんじゃぁ?と思います。
てかこんな出され方したら、通常とスライの右腕を交換して遊ばなくちゃいけないじゃないかwww

20130120 (7)
次は、ヒッポリト星人・地獄のジャタール
ゼロファイト内では、ヒッポリト星人史上初の変身能力でウルトラの母に化け、一番最初に倒されてしまったキャラでもあります。
ジャタールは、外観(スーツ)はスーパーヒッポリト星人の使い回しですが、名称は普通のヒッポリト星人、となっています
あれか、パワードの怪獣が、「パワード●●」と呼ばれるか、そうでないかみたいなもんか…??
当然ソフビも、スーパーヒッポリト星人のリペイント品となっています。

20130120 (8)
顔アップと、超ウルトラ8兄弟の際に発売された初版と並べて。右端が初版です。
造形の違いはなく、色合いが異なります。
目が赤くなっているのはもちろんのこと、全身の青色部分が濃くなって、ダークな色合いになっています
緑色っぽさも少なく、ホントに青色に。
赤と青て組み合わせは、ゼロと被るんじゃねぇの??
しかし全体的にダークな色合いなのは、むしろイメージ通りかもしれません
残念なのは、管状の口が、初版は未接着で回すことができたのに、ジャタールのは接着されてしまい、回すことができないという点

20130120 (4)
3人目は、テンペラー星人・極悪のヴィラニアス。
メビウス&ウルトラ兄弟にて登場したカッコいい平成テンペラー星人。
いろいろと使いまわされた挙句、ついにダークネスファイブに仲間入り。
ソフビは、2006年の映画公開時から久々の再販という形になりました
今このテンペラー星人は店頭在庫もないので、今回のダークネスファイブセットではある意味、嬉しいラインナップかもしれません。
作り等は、過去ソフビと変わりありません

20130120 (5)
顔アップと過去の初版ソフビと比べて。
右側の、眼の赤色がハッキリしているのが、2006年の初版です
コイツはボディの青色もそんなに変わりなく、また目も元から赤色なので、あまり違いが目立ちません。
正直「どこが変わんねん?」と思っていたのですが…
ソフビの方は、眼の赤色がメタリックレッドになっているため、若干暗い印象になっています
でも、実際の映像内では、3つ並んでいるうちの横の小さな眼は桃色で、メインになる大きな眼が赤色、という色分けになっていたはず…。
また、所々の金色の色合いが違う、くらいでしょうか?
しかしこのヴィラニアスも、姿勢がゆがんでいるなぁ…。

20130120 (6)
極暴タッグ、ここに登場!
去年末に発売されたタイラントの相棒が、ついに来てくれました^^
テレビの組み合わせを再現するために、ウェブ受注品を買わせるとは…なんというメーカーだ、バンダイめ…ww
でもこのタッグ、正直…タロウとも是非戦ってほしいですよね
今年はタロウ10周年でもありますから、是非短編でもいいから、この極暴タッグVSウルトラマンタロウ!的な映像を作ってほしいです。

20130120 (9)
第4のメンバーは、グローザ星系人・氷結のグロッケン
グローザムの同族宇宙人です。
以前のグローザムとデスレムには、いわゆる「●●星人」という名称が無く個人名だけだったのですが、
今回のダークネスファイブへの同族参入にあたって、ついに彼らの出身場所名が判明しました!(というか付けられました)
グローザムは、グローザ星系の人だったんですね~(普通にグローザ星でもいいと思うんですが)
品はもちろん、グローザムのリペイント。

20130120 (10)
顔アップと、初版のグローザム、コスモGのリペイントグローザムと並べて。
違いはもちろん、眼。
元のグローザムでは青かった眼が、他のメンバー同様赤くなっているのが特徴。
メタリックレッドに塗られています。
またボディの銀色塗装は一見同じように見えますが、やはり製造時期が違うので、微妙に違う色合いになってます
赤い目、カッコいいといえば良いんですが、やっぱ冷凍系の人は、赤ってイメージ薄いなぁ。
青い方がしっくりはきますね。
赤と青が揃って楽しいけどwww
しかしこのグロッケンで一番何が嫌かっていうと、声がカン高いことくらいかな…www

20130120 (11)
そしてダークネスファイブのトリを取るのは、デスレムと同族のデスレ星雲人・炎上のデスローグ
ダークネスファイブ内で、唯一の無口キャラで言葉を喋りません。
いや、いくら声優の郷里さんがいないからって、それはねえんでねぇの…?
こちらもグロッケン同様、赤い目がリペイント部分。
それ以外は初版と変わりありません。
骨の塗装具合も、初版と同じ感じです。

20130120 (12)
顔アップと初版(コスモGのリペイント版)と並べて。
目はメタリックレッドなのですが、通常だと瞼の影に隠れて暗くなってしまい、あまり赤色が映えません
オレンジに近い色合いの方がいいかもですね。
やっぱボディの肉の色が赤系なので、黄色の方が目立ってていいかも。

20130120 (15)
箱はこんな感じ。
今までのプレバン商品と比べ、珍しくモノトーンじゃなくてカラーになっています。
なので、赤い目が良くわかります。
箱の左右には、劇中同様の名前の文字が。
でもこの箱の写真で見ると、ヴィラニアスの眼が全部真っ赤だなぁ
あれは映像じゃないと、ピンクに見えないってことか。

20130120 (16)
箱の裏には、それぞれのキャラの設定が。
でもキャラ説がないのがもの寂しいですねぇ…。
足元まる写りの写真そのまんまで、微妙…。
ちなみに箱の底面にはしれっとボロきれをまとったゼロが。
もちろん、セット内にはいません。

20130120 (17)
バット星人を配置して、ダークネスファイブとグラシエの会話をイメージ。
スライも、「ご苦労様でした」とか言っていましたし。
きっとゼロファイト前に、こういった会話が裏でなされてたんでしょうね。
でもこれなら、バット星人グラシエも赤い目にしちゃった方がよかったかも
あぁ、グラシエの持っていた剣、どうやって作ろう…ww

以上、ダークネスファイブのセットでした~。
全部過去のソフビの色変えだけなので、前のソフビを持っていた人にとってはちょっと物足りない商品ではあります。
これだけの内容で5000円くらいするんだもんなぁ…。相変わらずぼった感マンマンです
ですが初版のを持っていない人(特にテンペラー)にとっては、唯一のチャンスだったのかもしれませんね。
だが一番の欠点はやはり…ヴィラニアス(テンペラー)とジャタール(ヒッポリト)の足がゆがんでいたことですね…!
ソフビだからお湯につけていろいろやりゃあ確かにいいんですが…。ww [目の色だけで別キャラになれるから便利だよなぁコイツら]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 01:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

雪で遊んでるヒマ児とか言わないで(汗) これでも忙しいんだから…w

どうも皆さん、コスモGです。

みなさーん、先日の関東大雪、すごかったですねぇ。
大丈夫でしたでしょうか?

いやぁ、祝日での大雪で幸いでしたよ。
休日だったので、コスモGは雪見た瞬間、こんなことやってましたけどねwww

20130114_snow (1)
じゃんっ!
冷凍怪獣軍団と、ひそかに買ってたねんどろの雪ミク・ふわふわコートVer.での記念写真。


20130114_snow (2)
で、撮影の後に黄昏るペギラとか…ww
いやこれ、撮影終わってペギラを適当に窓際に置いたら、なんだかものすごく哀愁漂う感じになっちゃったんですよwww
ペギラ「おいら、もっと遊びたいよぅ…」


20130114_snow (3)
そして…、「S.K. series すーぱーそに子」が可愛かったので、ついついいじわるしてしまったの画(爆)
それにしてもねぇ、2次元のムッチリンな女の子が寒がってる画って、なんでこんなにも萌えるんでしょうねぇ????
実際の女性だったら、萌える前にそもそもそんなヒドいこと思いつかないのにwww



さて、そんなバカな遊びから始まる今日のおもちゃレビューですが、近頃怪獣系が続いたので、今日はこんなのをレビューしてみましょう。


20130105 (18)
もう遅くなってしまった感バリバリなのですが
本日紹介しますのは先ほども雪に入っていただいてた、「S.K. series すーぱーそに子」と「ねんどろいど すーぱーそに子 トラパーカーVer.」です。
まさかのね、ダブルすーぱーそに子ですよ!
どちらも去年の年末に発売されたものなので、恐縮ですが…

こちら、どちらも発売がグッドスマイルカンパニーなのですが、同じキャラ、同じグッスマ販売でも全然違う解釈のデフォルメなので「これはオモシロい!」と思って、ついつい購入してしまったのですww
なので、今日はこちらの比較レビューをしたいと思います。 [雪で遊んでるヒマ児とか言わないで(汗) これでも忙しいんだから…w]の続きを読む
  1. 2013/01/16(水) 04:05:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

恐ろしや、ウルトラヒーローシリーズ…!!!

どもっ、皆さん。コスモGです。

20130112
さて先週、行ってきましたよ~~。
「お正月だよ!ウルトラマン 全員集合!! 2013」!

で、買ってきましたよ~~、限定ソフビ!

で、今日はそのソフビのレビューをしようと思うのですが…、ある理由からもう1体、ソフビレビューをしたいと思います。
今日のメニューはこちら!

20130112 (1)
本日紹介いたしますは、「ウルトラヒーローシリーズSP ウルトラマンナイス スペシャル限定 クリアレッドアメVer.」、
そして「ウルトラヒーローシリーズEX ジャンボット」(再販版)です。



20130112 (2)
まずは、ナイスのクリアレッドラメVer.から。
こちらは、今回の「お正月だよ!ウルトラマン 全員集合!! 2013」会場、そして円谷ショップで限定発売されたもの。
「何でいまさらナイス?」と正直思ったのですが…、要はアレなんですよね。
もともと、ことあるごとにゼアスやぼく暴君なマグマ星人と一緒にいたりして、ファンの間で地道に知名度を上げていたりして、更には今巷で流行りの「ウルトラエッグ」、これを紹介するキャラクター「Dr.エッグ」なる奴がいるんですが、これがどっからどう見てもナイス本人www
なんだかもうよくわかりませんが(笑)、とにかく地味に今ナイスが熱いww
というワケで、ソフビ化された…みたいですねww

20130112 (3)
パッケージは、こんな感じ。
ナイスの変身シーンのエフェクトをあしらったデザインになっています。
良いデザインしています。
ってか、初版のころに何故これができなかったwwww
残念ながらタグは付属しませんが、その代り背面にナイスのキャラ説が。

20130112 (4)
アップ。
基本は、つや消しボディのクリアレッドラメになっています。

20130112 (5)
過去に発売された、通常のナイス(右)と比較。
で…ここからが本題。
これ、ぱっと見は同じ金型の流用に見えます。
ってか、そう思ったんです。
しかし実は…

20130112 (6)
まずは上半身。
頭部、上半身は双方とも同じ造形。
しかし…

20130112 (7)
まずは右腕。
一見同じに見えますが…、良く見てください
右腕の十字模様を。
形が違うんです!

そう。実はこのナイス、上半身以外のパーツを地味に新造しているんです…!

20130112 (8)
左腕。
左腕はぱっと見あまりわかりませんが、内側から見ると若干、模様の流れが違います。
良く見ると、手首付近も若干形が違いますね。

20130112 (9)
下半身も、実は新造形。
見比べてみると、銀色ラインの形状がけっこう違うのがわかりますでしょ?
また足の太さも、クリアレッドラメ版の方が若干太いです。


20130112 (10)
そしてお次はジャンボットの再販版です。
ウルティメイトフォースゼロのソフビは、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』公開時に発売された後、去年くらいかなぁ?再販されたんですよね。
実はこの再販版、「色変えとタグ変えだけだろう」と思って買っていなかったんです。
ミラーナイトとグレンファイヤーは実際に色変えとタグ変えだけだったのですが、
何とジャンボットのソフビだけ一部新造パーツになっている!という情報を得たものだから、さあ大変www
ちょうど「お正月だよ!ウルトラマン」イベント会場で、何故だかこのジャンボット再販版が大量に売っていたので
あわてて買ってしまいましたwww

20130112 (11)
ジャンボット再販版の新造部は、上半身パーツ。
見てください。
なんと、胸や顔の造形が直されているんです!
実は初版のジャンボットのソフビは、実際のスーツとは違う箇所が多かったのですが、それが全て、改善されているのです…!



20130112 (14)
初版(右)と比べて。
わかりますか?…
目の大きさ、眼の下の形状、額のディテール等、いろんな箇所が違います。
額の縦筋穴部分も、初版ではタンポ印刷で済まされていたのが、今回の再販版ではちゃんと彫られているのです…!

20130112 (13)
ボディ部分も、矢印部分を見てください。
腹部のディテールの凹凸が追加され、また形状も直されています。
胸の下の、細かなスリット部分も追加されていますね…!
また背中も細かな個所が修正されているのです。
なんということだ…!

20130112 (12)
それ以外、腕や足は過去のままなのですが。
これねぇ、確かどこでも発表されていなかったと思うんですよね
正直、卑怯ですよねぇ…。
これ結構、気付かない人もいたんじゃないだろうか?
てっきりジャンボットも、色変えのみだと思ってて、ロクにチェックもせずに買っていなかったんですよねぇ…。
お恥ずかしい…orz



以上、ウルトラマンナイス(クリアレッドラメ版)とジャンボット再販版でした。

いやぁ、どちらも告知無しの一部新造形という、トンでもないシロモノでした。
コスモGも、これ画像掲示板で初めて知りましたからねぇ。
知った瞬間、あわてて購入しましたもんww
造形、一部手直しするのは全然いいんですけどねぇ、その代りちゃんと告知をしておいてほしいものです。

でもそう考えると、この他にもウルトラヒーロー、怪獣のソフビって知らない間に金型修正しているものがありそうで、ちょっと怖いなぁ…ww。
実際、メカバルタンも秘かに左ハサミの根本の造形が変わっているんですよね。
これからはソフビ、店頭に行くたびに細かにチェックしていった方が良いかもしれません…!
  1. 2013/01/13(日) 22:16:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2013年最初のおもちゃレビュー、蛇と全く関係ないぜ!!

20130101_sohubi (4)
2013年
あけましてオメデトウございます!!!!!!!


さぁさぁ、やってまいりました2013年!
今年2013年は、円谷プロ創立50周年記念の年。
(=ウルトラマンタロウ・ファイヤーマン・ジャンボーグA、そしてメガロの生誕40周年でもありんす)
あ、よりによってマタンゴ生誕50周年だwwww嬉しくねぇ(爆

円谷プロ創立50周年というこの年ですが、肝心かなめの新作が「ネオウルトラQ」以外音沙汰無しというのが、なんともファンとしてはツラいところではありまするが・・・。

いやしかし!きっと円谷プロなら何かやってくれるハズ!
いまこそ是非、円谷プロ創立50周年記念映画とかで、全円谷怪獣、ヒーロー総出演の、円谷大怪獣バトル!!なんてのをやってほしいですね^^
むしろそうでもしないと、今のライダー&戦隊人気に勝てん(←待て)

ということで、今年も良い怪獣年でありますように。

そして今年は、例のあの韓国アニメ『守護妖精ミシェル』生誕10周年記念!!
こちらも皆さん、是非ぜひ応援よろしくお願いいたします!!
応援ツイッターも始めたので、よろしければ見てねっ^^
 

今年も、当ブログを何卒よろしくお願いいたします。



20130101_sohubi (5)
タイラント「・・・あれ?ヴィラニアスのオッサンはどこ?お前ら、ヴィラニアスのおっさんじゃねぇだろ。」
三井バルタン「いやぁ、細かいことはいいじゃないの。同じハサミ宇宙人なんだしサ。」
旧2代目バルタン「そうそう、それに同じ青色系だし。あせらなくったってヴィラニアスは今月来るんでしょ?」
タイラント「そうは言ってもなぁ、こちとら待ちきれんよ・・・。」
ウルトラマンゼロ「おいおい、俺を無視するなよ。俺はヴィラニアスだろうがバルタンだろうが、誰でもいいんだぜ?」
三井バルタン「ってか、俺たち足元バレてる?!」


・・・ということで、年始のおもちゃ紹介をしちゃいましょう^^
(ぶっちゃけ去年末に買ったんだけどね・・・)
本日のおもちゃ紹介は!「ウルトラ怪獣シリーズEX タイラント」(ゼロファイトVer.)
そしてそして!遂に手に入れた悲願のソフビ!
「ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人」(三井グリーンランド or ウルトラマンフェスティバル限定版)!!!
それと「ウルトラ怪獣シリーズ バルタン星人2代目」(ビデオ同梱版)です!!!


20130101_sohubi (1)
まずは、タイラントの方から。
ウルトラ怪獣シリーズの最新作は、絶賛放送中の『ウルトラゼロファイト』第2部に登場した暴君怪獣タイラントがラインナップ。
商品名こそただのタイラントですが、今回のはゼロファイト版のタイラントになります。
ちょうど、極悪のヴィラニアスと「極暴タッグ」を組んでいた方のタイラントですね^^
・・・今考えたら、「極暴タッグ」はゼロだけじゃなく、タロウとも是非戦って欲しいなぁと思ってしまいます・・・ww

20130101_sohubi (2)
顔アップ。
今回のソフビは、2008年に発売された『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』版のソフビのリペイント商品。
造形自体は同じで、色合いがかなりダークな色使いになって、渋みが増しています。
とりわけ顔のガンメタ塗装がいい味を出しています
前のソフビではわからなかったんですが、このガンメタ塗装になることで、顔の造形がじつは細かいことがわかるようになりました。
耳のシワとか顔の質感とかのホリの深さが、今回初めてわかりましたよ。
ただ・・・せっかくの特徴である目の塗装が、メタリックレッド一色なのはいただけない
劇中ではちゃんと瞳や瞳孔まであったんですから、ここはちゃんと再現すべきところだったでしょうに。
ってか、ここしかタイラント違いないし(笑)

まぁ、自分で塗りゃいいんだけれどもww

20130101_sohubi (3)
前の大怪獣バトル版と比較。
見てみると、足の金色がガッツリ省略されちゃってます。
また尻尾の赤い斑点も塗装削減。
ですが顔など、銀色部分は今回のゼロファイト版の方がカッコいいですね^^
大怪獣バトル版のソフビは、銀色部分が明るくて平坦な印象なんだよなぁ。

ちなみに今回テンペラー星人との写真を撮っていないのは、もう少ししたらダークネスファイブのソフビが来るから、それまで待つということでwww
決して、部屋から探すのがメンドかったからとかじゃないよっ(汗)


では次のソフビ。
20130101_sohubi (7)
限定版バルタン星人のソフビのレビューです!
以前当ブログで、1993年のウルフェス限定版のバルタン星人2代目のソフビをレビューしたことがありましたよね?
その際、「後は三井グリーンランド版のソフビを手に入れれば!」と言っていたのですが・・・、
この度!遂にそのソフビを手に入れたのです!!!!!!!!!!!!!!!
そしてそれに付け加えて、旧金型のバルタン星人2代目のソフビの色違い版を手にいれましたので、併せてレビューしたいと思います!

20130101_sohubi (8)
まずは、三井グリーンランド版の方から。
ウルトラ怪獣シリーズのバルタン星人ソフビの中で、初版のグランドキングに並んで今最も入手が難しいと思われるのが、この三井グリーンランド版
三井グリーンランドで限定販売された後、ウルトラマンフェスティバルの始めての限定商品としても再販売されました。
今回手に入れたのは、塗装の具合からおそらく後者のウルフェス版だと思われます。(でも便宜上、三井版としておきますww)
一見すると、通常のバルタン星人のソフビと造形がそっくりなのですが・・・。

20130101_sohubi (9)
この三井版の造形の最大の違いは、まずここ。
脚のギザギザ模様が、掘り込まれているのです。
通常のはここはつるんとしたまま。
また胸の部分も、通常の旧金型ソフビではつるんとしたままですが、
この三井版では微妙に凸凹がついています。おそらく、はじめてよりリアルな造形を目指されたのでしょう。

20130101_sohubi (10)
また他に、ハサミパーツも新造形になっています。
ラメ入り素材なのは同じですが、根元の部分が若干ふくらんでいるのが特徴。

20130101_sohubi (6)
で、お次は旧金型2代目の方。
今回手に入れた紫の2代目バルタンは、グレートキャンペーンなるもので配布されたものであったりとか、
昔シュガロンやキングザウルス三世と、オリジナルビデオとセットで発売されたものとかがあります。
で、今回手に入れたのは、その中でも後者のセット版になります(買った時にシュガロンが付いていたのでwww)


20130101_sohubi (11)
今回手に入れたのは、左の紫色っぽい方。
以前手に入れたのは、右の茶色の方ね。
両社に造形の違いはなく、色合いのみが異なります。

20130101_sohubi (12)
色合い以外の違いがあるとすれば、ハサミの取り付け方
左のビデオセット版はハサミの穴が内側に来るよう取り付けられていますが、
右のウルフェス版はハサミの穴が外側に来るように取り付けられているのです。
これはやっぱり、取り付けが間違っていたということなんでしょうねwww
初代バルタンでも、モノによって取り付けが違ったりしてますし。
色合い、ハサミの取り付け方から見ても、右のウルフェス版の方が実際のスーツに近いですね

20130101_sohubi (13)
現在入手困難なバルタンソフビ、3体そろい踏み!
基本コイツらって1体、5~6千円で取引されたりすることが多いのですが、
今回はこのいずれもが、運よく安い値段で購入できたので、よかったです。

いやぁこれでね、以前から悲願であった「ウルトラ怪獣シリーズの全金型コンプリート」が、遂に達成されました!!!
色違いとかではまだ手に入れていないものはありますが、とりあえず造形面ではこれでコンプです^^

・・・かと思ったのですが、いやいや、まだ居るんですよ、手に入れられていないのが


中国販売版のツインテールをねっ!!!

緑色の形成色のバージョンで、上の尻尾が不可動の日本版と違い、可動するバージョン。
これが今ね、猛烈に欲しいんです。


でもオークションとかでもコイツだけは中々見かけないので、苦戦しております・・・。
いやしかし、いつかどこかで会えるだろうと、コスモGは決して諦めませんww
いつか出会えることを祈りつつ、今年も頑張って生きたいと思います(←頑張りどころ違う)
  1. 2013/01/02(水) 00:05:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。