コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴルザがACT化なんだけれども・・・・・・・・・・・・・

はい皆さん、ボンボス稲葉です。
『魔法少女まどか☆マギカ』最終回を観ていたら更新遅れたボンボスです(違)。
まどマギ、スゴい作品でしたねぇ・・・。
最終回は正直言うと中盤ほどの衝撃性はなかったけども、3話から中盤までずっとトンでもない内容だったので、最終回でちょっと救われた気分です。

あの最終回なぁ・・・、まだ観ていない人のためにネタバレは控えますが、あのラストはカッコよかったwwwあの終わり方、嫌いじゃないです。

o0398060011180732305.jpg
※写真はfigma blogからの転載。
そして我らがグッスマは、なんとあのまどマギのfigmaシリーズを出してくれるとのこと

出すだろうなぁと予想はしていましたが・・・、ボンボスは決めました。
一生グッスマに付いていくwwwwwwwwwwwwwww
さやかちゃんとマミさんは、限定品扱いでも死んでも買います。宣言ww



さてさて、既に皆様からいただいたコメントにもあるように、ゴルザがULTRA-ACTでの発売が決定したみたいで・・・。
WEB受注生産というのがちょっとアレではありますけども、現在予約受付中とのこと。

しかしね、ひとこと言わせてもらいたい。



マジでひとこと言わせてもらいたい。



20110423 070
けど、それは追記にして、まずはおもちゃレビューです。
本日のレビューは、ULTRA-ACTのウルトラマンティガ・スカイタイプと、ティガダークです。

20110423 005
最初はまずスカイタイプから。
パワーを抑えた分、スピード、動きのキレが強化された姿で、主に空を飛ぶ怪獣との戦いで見られた、紫色のボディがクールなタイプです。
ティガ放送当時、ボディカラーが赤以外というのはキングしかいなかったので、この姿を見た時は衝撃を受けましたね^^

20110423 022
まずはポージング。
スカイタイプの構えは平手が基本。
足も大きく開かず、スタイリッシュな感じにするとイイ感じになります。

20110423 009
スカイタイプは個人的に、地に足を着いているよりも、空中に浮いているのがあっている気がします。
実際は、ダイナのミラクルタイプがそれなんですが(笑)
あ、右側の画像がどのカットの再現かがわかった人がいたらホンモノのティガファン認定ww
ボンボスがスカイタイプを買ったら、まず再現しようと思っていたカットですww
今回のスカイタイプ(ティガダークも)、基本前のティガ・マルチタイプの色変え商品なので、付属パーツもそんなにバリエーションに違いはないです。

20110423 012
スカイタイプの付属パーツの一番大きいのは、コレ。
ランバルト光弾のパーツです。
ちゃんとハンドスラッシュのパーツとは違い、左手から尾を引くエネルギーエフェクトまで付いています。
でもエネルギーの部分が胴体にひっかかるので、キレイに発射ポーズを決めるには、真横に腕を伸ばすしかありません。

20110423 016
次のパーツはこちら、ティガフリーザーのパーツ(左側画像)です。
ぶっちゃけこれだけじゃ、パッと見よくわかんないけどww
また、スカイタイプにもなぜかハンドスラッシュのパーツが付いてました。
ま、スカイタイプでもハンドスラッシュは多用してましたからね。

20110423 019
そんなワケで、ティガフリーザーのパーツはこうやって使うのがデフォ。
これであとは、上空から降り注ぐ冷気を合成すればOKっす。

20110423 034
では次は、ティガダークのレビューだっ!

20110423 035
はいティガダーク。
これも色変え商品ねww
全身がつや消し黒で、銀色だった部分もガンメタになってます。
ガンメタ、もうちょい暗くてもいいんじゃないか?とも思ったりしましたけど。
実際、ティガダークのガンメタ部分の色って、暗くて若干赤みがかかっている気がするんですよね。

20110423 037
まずはポージング。
え?ポージングが微妙?
いやいや、なにせティガダークは映画1本しか出演作がない+対戦相手のダーラムがいないので、再現ポーズが少ない・・・と、思うんですよ。

20110423 043
で、このティガダークの付属パーツなのですが、なんとこれも光線技パーツ。
しかもゼペリオン光線とハンドスラッシュの色変えという、またもメーカーお得意の使いまわし戦法ww
パッケージの説明によるとACTオリジナル設定の光線技(しかも円谷プロ公認!)のようです。

20110423 041
「ティガダークが光線技を持っていたとしたら・・・」という設定、みたいですね。
ウン、確か映像では技を披露しなかったティガダークというだけあって、この光線パーツはオモシロい発想だと思います。
こういう、玩具オリジナルパーツってのもイイ方向性かも。
ただ、せっかくだからもっと光線の形を違うものに作り直すとかして欲しかったりもww

20110423 053
また、付属パーツとしてこんなのも付いてます。
ゼペリオン光線発射時の、エネルギーを集めるときのエフェクトパーツ
カラータイマーを取り外し、その代わりに胸に取り付ける仕様です。
ナルホド、マルチタイプのパッケに入りきらなかったから、ダークに入れたんですね。わかりますww
パーツは先端部が細いのですが、軟質パーツで形成されているので、破損の心配はありません^^安心設計

20110423 066
さて、今回も初回購入特典が付いてきました。^^
今回のは、スカイタイプにはスノーホワイトのミニチュア
そしてティガダークには、特製台座が

20110423 067
スノーホワイトは、前回のティガ・マルチタイプに付属したガッツウイング1号と、同じ仕様のもの。
パッケージはまた、U.M.Mシリーズのミニチュア版、といった感じになってます。
本家のU.M.Mシリーズではまだ発売の告知はありませんけど、出るんだろうなぁ、きっと
このスノーホワイト、50話でのブースターが換装された状態で、造形されてます。
それはなぜかというと・・・

20110423 050
TAKE ME HIGHER !!
これのためだったみたいです^^
50話での対ゾイガー戦を再現するため!

20110423 052
ホントにこの50話は、ティガファンの間では伝説的エピソードになっちゃってますからね。
特にスノーホワイト内でのレナとダイゴのやりとりは、、平成版・ダンとアンヌのやりとり、とでもいうべきでしょうか
ボンボスは当時、小5だったので男女のドラマってのは一切わかんなかったのですが、それでもこの50話は印象に残っておりました。
なので、このスカイタイプの初回特典にスノーホワイトを持ってきたのは、大正解だったといえるでしょう.


20110423 055
で、ティガダークに付属の台座は、ティガ本体と初回特典のガッツウイング1号、スノーホワイトを一緒に飾れるというスグレモノ
ティガを飛行ポーズで飾れる仕様なので、ガッツウイングと一緒に空を飛ばせられます^^
この台座の支柱、下の可動軸はリボルテックのように「カチカチッ」と動くので、保持力がけっこうあります。
ただ、ティガを支える上側の可動軸は、ティガの重量が支えられず傾いてしまいますが・・・。
でも台座には、ティガのプロテクターの模様がプリントされており、まさにティガ専用といわんばかり。
こりゃ、もしかすると次に出るダイナ、ガイアでも同様の台座が出たりしてww(※あくまで予想です!)


20110423 044
20110423 045
20110423 046
20110423 048
20110423 049


これ劇場で初めて観た時は、マジびびったわぁ…ww


というコトで、ティガ・スカイタイプとティガダークでした。
基本、マルチタイプと素体は同じなので、顔の出来もかわらずです(苦笑
でも、胴体の可動は改善されてて、しっかり胸を張ることができてます。
この分だと、きっとマルチタイプの再入荷分も、関節改善されている気がするなぁ。
他のところでも言われているように、ティガダークはむしろ限定枠になりそうなラインナップですが、まぁいっかww
問題は、今後トルネードとブラストが一般なのか限定なのか、というところ(ってか、十中八九限定になるんだろうけど)
んで、パワータイプもちゃんと一般・・・なんだよね??
プリキュア5GoGoの時のルージュとミントみたく、パワータイプだけ限定にするのはやめてくれよぉ・・・?!

それにしてもなんか最近、当ブログが若干ULTRA-ACT推進ブログになりつつある予感がするんですが、どうでしょう??
[ゴルザがACT化なんだけれども・・・・・・・・・・・・・]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 09:11:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

地震と原発問題が未だにコワイけど・・・

そうそうずっと気持ちを引っ込めてもいられないもんねっ!

はいどうも皆さん、こんばんは。ボンボス稲葉です。
先、全快の記事にいただいたコメントで、皆様方がご無事であったことに安心を覚えたボンボスです。

えー、地震から約3週間ほど経った今日この頃。

ようやくこちらも落ち着いて・・・きたのかどうかわかんないけども、そろそろいつもどおりのおもちゃレビューを再開しようと思います。


20110312 005
んでは、今日のおもちゃレビューはこちら!
ULTRA-ACTの新製品、ウルトラマンティガとキリエロイドです!



20110328 (1)
まずはティガから。
ティガといえば、今年(9月)でちょうど15周年を迎えるウルトラマン。
もはや平成ウルトラマンの代名詞とでもいえるティガというだけあってか、店頭での売れ行きはかなり好調な模様
新宿、上野のお店では、発売当日に売り切れてましたからね(でも今日池袋行ったらまだあったorz)。
それでもいままでのACTの売れ残り具合から見ると、売れ行きは好調なようです。
やっぱ今の20代のファンにとって、一番原体験だからなのかなぁ?

20110328 (2)
まずは恒例の顔チェック。
初代マンほど似ていない!…ということはなく、良い出来ではあります。
若干、下あごが横に広い印象はありますけども目は
一見するとクリアパーツでなく白く塗りつぶされたように見えますが、じつはちゃんとクリアパーツ仕様(内側の厚みが薄いんですね)。
中から白く塗られており、平成ウルトラの特徴である白い目を再現しようとしているようです。
目には黄色がうっすら塗られてますが、これは好みが分かれそう。
せめて目じりにもあったらよかったかもしれませんね。
それと額のティガクリスタルはパール塗装を施されていますが、ここは塗装なしで、クリアパーツそのままでもよかったんじゃないかなぁ?

20110328 (4)
可動について。
動きの幅は、いつものACTといった感じ。
胸から肩にかけてのプロテクターが、ゼロと同じ軟質+可動軸を設けているので、肩の可動に干渉しません。
それと今回のティガのすごいところが、首の上下可動の広さ
今までのACTのウルトラマンにくらべても、おもいっきり上を向くことが出来ます。
なので、飛行ポーズもごらんのとおり。

20110312 006
20110328 (3)
ティガの構えポーズ。
可動についてひとつ難点があるのが、胸部の可動についてです
今回のティガ、なぜか胸を張ることがしにくくなっています・・・。
胸の中の可動軸に難があるのか、胸を張ろうとしても、すぐに前にクイッと傾いてしまうのです。
姿勢のいいポーズができないのは、ちょっとヤだなぁ。どうしてこういう不具合がおきるんだろう…。

20110328 (5)
エフェクトパーツの紹介です。
まずは当然のゼペリオン光線のエフェクトパーツ。
今までの初代マン、セブン、メビウスの光線パーツが手首から生えていたのに対し、今回のティガの光線は、光線が独立したパーツとなっており、腕にはめこんで再現する仕様になっています
腕にはめこむ部分が丸見えなので、この辺はユーザーによって好みがわかれそうなところですね。
光線ポーズについてですが、やはり腕を内側に寄せるのが難しいようで、あまりキレイにポーズを決めれません…prz
プロテクター、上下の動きには対応してるけど、腕を内側にするときは邪魔になっちゃうんだよなぁ・・・。

20110328 (6)
お次のエフェクトパーツは、ハンドスラッシュのパーツ。
ティガの牽制攻撃用の、矢じり状の光弾ですね。青いクリア塗装がきれいなパーツになってます
こちらは、セブンのアイスラッガーと同じく、手首と光弾の間を透明なプラでつなげて再現しています。
でも、これは見方によってはまるで「アイスソード」みたいな感じにもみえるぞww
「ティガソード」なんて名前で構えさせると、様になったりして(笑)

20110328 (7)
第3パーツが、こちらのウルトラシールドのエフェクトパーツ。
これはエフェクトパーツとしてはかなり意表をつかれたパーツでしたww
まさかね、こんなのがつくなんて思ってなかったですもん。
このバリアーは、台座に固定してティガの前に置いて、再現するようになっています。
薄い透明素材で形成されており、カラフルでキレイな塗装が魅力的です^^

20110312 003
カラータイマーも、点滅時のが付属。
カラータイマーですが、色は赤ではなくすごく鮮やかなピンク色になっていますww。
カワイイ。
それにしても、ゼペリオン光線発射時の腕の動き(前に伸ばしたヤツ)すら、上手くいかないなぁ・・・。


20110328 (8)

20110328 (9)
で、ACTでティガが出た記念ということで、さっそくゴルザとメルバと組み合わせてみたよっ!

うーん、でもこうなったらやはり、ACTでゴルザが欲しくなっちゃうところだぞwww
先日のイベントでの記述で、「ゴルザがひょっとしてACTで出るんじゃないか?」という内容をほのめかす文章があったのですが、そっから情報はなにも出てこないんですよね~。
ホントにゴルザがACT化されるのか不安だけれども…、いや!絶対欲しいぞ!
ボンボスは待っている。全国のティガ世代も待っている!!

20110328 (10)
更に今回のティガには、こんなパーツも。
第47話「ウルトラの星」で印象的だった、初代マンとの握手用の手首パーツが付属するのです!
これまでバンダイから出ていた握手系のフィギュアは、ソフビでの2001年セットだけだったので、これは2度目の快挙。
しかも、ソフビの時は平手を組ませるだけの仕様だったので、本格的な握手ができるのはバンダイではこれがはじめてということに。
しかしなぁ、それでもやっぱ初代マンの顔が似ていないというだけで、素直に喜べないんですよね(苦笑)

20110328 (11)
ではお次は、そんなティガのライバルの1体であるキリエロイドです。

20110328 (12)
はい、キリエロイド。
ティガ第3話にて登場した、謎の精神寄生生命体、キリエル人がティガに対抗するために変身した姿。
つまり、キリエル人版のウルトラマン、ということですね。
目的は人類を“導く”ことでしたけど、結局どこに導くのかが最後までわからなかったという点から、謎のキャラとしての印象を残してくれた稀有なキャラです。
こういう、最後まで未解決で不安を残すキャラって、魅力的ですよね^^
でもまぁ正直、この人よりもゴルザ欲しかったけどねゴルザ(爆)

20110328 (13)
顔チェーック!!
やっぱ何でか知らないけど、先ほどのティガよりもイイ出来に見えるww
顔の汚し塗装の感じとか、かなり雰囲気バッチシです。
ちょっと顔が横に広い感じがしないでもないですが、雰囲気は損ねていません。
が、一個だけ重大なミス・・・後頭部と首が白くなっていません!
これはなかなかのチェックミスだと思う…(怒)。

20110328 (14)
ポーズをとらせてみる。
全体の造形、塗装もいい感じです。
胸の赤い発光体は、もちろんクリアパーツ。
発光体は塗装はされていないので、上から薄くクリアレッドなんかを塗るといい感じになりそう。

20110328 (16)
全体の可動について。
今回のキリエロイド、造形はいいんですが・・・、可動はぶっちゃけ微妙
足とか腕の動きはいいのですが、胴体の可動範囲が非常に狭い。
ほら、キリエルって白いボコボコがあるでしょ?
特にお腹あたりの白いボコボコが腹部の可動に干渉してしまい、深く胴を曲げることができません。
前傾姿勢とかができないんです。

20110328 (17)
キリエロイドといえば回し蹴り。
足の開きは、過去のACTと比べるとけっこう横に広がるようになりました。
しかし胴体をひねる、曲げるというアクションがしにくいので、回し蹴りポーズもあまり上手く決まりません
なんか、イロイロ惜しいなぁ・・・。

20110328 (15)
この人のエフェクトパーツは、右手から発射する獄炎。
これまでのACTのエフェクトパーツの中では、かなりボリュームと迫力のあるパーツです。
それだけに重量もあるので、手首の保持力では支えきれないこともありますが…(苦笑)
そうそう、このキリエロイドで唯一優れている点といえば、手首の取替えがスムーズなこと
基本ACTって手首はキツキツのボールジョイントで、そのまま取り替えようとすると手首が折れそうな感じですよね?
それがこのキリエルの場合、わりとスポッと手首が取れて、尚且つはめた後もスカスカでないので、手首破損の心配が薄れました。
他のACTも、このくらい取替えがしやすいといいんだけどなぁ・・・。

でもキリエロイドの付属パーツは、ここまで
なんか、お得感がないなぁ・・・。

それでは、ティガと対峙させよう。
20110328 (18)

20110328 (19)


20110328 (20)

あぁ、楽しいwwwwwwww
やっぱティガとキリエロイドといえば、街中なんだよねー^^
これであと、ナイトシーンならカンペキなんですよねww
あとはちゃんと、キリエロイドⅡが発売してくれればヨシ。

20110328 (23)
それと、今回のティガのACTを買うと初回特典としてこちらのガッツウイング1号がもらえます
みんなはちゃんと、もらえましたか??
こちら、同時発売だった『ULTRIDE MECHANICS WORLD』のガッツウイング1号のリサイズ版、とでも言うべきモノ。
パッケージがちょうど、『ULTRIDE MECHANICS WORLD』のパッケージの縮小になっています。
可動は全くしないけどね^^;

20110328 (21)
サイズがちょうどACTと同じ比率なので、こうやって持たせられることが出来ます^^
これを下からのアングルで撮れば、「FINAL ODYSSEY」でのブラスト~マルチタイプへの変身シーンが再現できます。
そしてこのガッツウイングには、きっとレナ隊員が乗っているというww。

20110328 (24)
で、このミニ・ガッツウイングなのですが、ティガだけに付属するのかと思いきや、キリエロイドを買ってももらえちゃいました
リエロイドも対象になっていたのね^^知らなかった・・・。
危うく、ティガを2体購入するところだったよww
ちなみに、次に出るスカイタイプを購入すると、ガッツウイングのスノーホワイトがもらえるとのこと(もちろん、50話の“あのシーン”のためね)。
となると・・・、今後出るパワータイプでは何ももらえないんですか?!
何かつけてくれww

20110328 (25)
しかしそれにしても、キリエロイドのこの背の低さはどうにかならんかったのかね。
キリエロイドは確かにティガより1メートル低い設定だけど、これはさすがに低すぎるデショ!!


ということで、ティガとキリエロイドのACTでした。
ゼロとメビウスという、最近の作品以外での平成ウルトラの本格参戦の始まったACT。
そこにティガを投入したのは正解だったと思います。
今年のウルトラはぶっちゃけ、ウルトラQのカラーライズ化という、昭和の人向けの話しかないので(いや、これも重要なんだけどね)、せめてこっちの方だけでも平成世代向けのアピールをせねばね^^
今のところ、ティガだけしか商品化の話を聞きませんが、ここまでするんなら是非とも平成3部作はそろえていただきたいところ。

そして、願わくばコスモス(ルナ)、グレートを!!!!!!!!!!!!www


20110312 002
ちなみに、両者とも手首が銀色なので、こうした光線技の組み換えもできちゃいましたwww
  1. 2011/04/03(日) 02:28:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。