コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年末のご挨拶。

皆さんどうも、ボンボス稲葉です。
前回おもちゃ紹介で2009年のブログを締めくくりたいと思っていたのですが、できませんでした!!
『ウルトラマンレオ』客演時のウルトラ兄弟風にいえば…「時間がない!!!」wwww

ということで、仕事に向かう前に手短に・・・。


皆様、今年2009年も、大勢の方々に当ブログを楽しんでいただけて、ありがとうございました!
なんだか知らないうちに、だんだんコメントをいただけるお客様が増えてきて、ボンボス自身驚いていますww

来年も、当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、どうぞよいお年を…。





daiikkai.jpg
来年第1回目のブログネタは、お嬢様の観光ユニットVer.figmaのレビューだ!
乞うご期待!!(笑)
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 13:17:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第38話「大空への夢」

一角超獣バキシムをベースとして生み出された、ヤプールの新型超獣、バキシマム。
ヤプール科学史上、最大の火力を誇る新型火炎ユニットを搭載したバキシマムの圧倒的な火力は、レイオニクス撲滅とウルトラ一族撃退の要になると確信されて
いた。
だが…

091229.jpg
ベロクロン「…なぁバキシム、お前何とかしろよ。」
バキシム「何とかって、何がよ?」
ベロクロン「いやだって、ほら、あれ…」
バキシマム「ボクもいつか、あの大空を飛ぶんだ!あの自由な鳥のように…」
ベロクロン「アイツさ、自分のこと鳥の超獣だと思いこんでんだよ。本当は、芋虫のくせに…。それなのに、あんな叶いもしない夢を…。」
バキシム「は?別にいいじゃんあんな奴。なんで俺がいちいち面倒見なくちゃいけないんだよ。大体、ほっといた方がおもしれぇじゃねぇか。」
ベロクロン「…お前、つくづく薄情だよな。」

091229 (1)
Uキラーザウルス「何なに?どったの?みんな。」
バキシム「…あ、俺おもしれえこと思いついちまったぜ。おいUキラーよ、お前頼まれごとしてくれねぇか?」
Uキラーザウルス「なになに?」
ベロクロン「ちょ、その前にお前、もうちょい離れろよ。お前ただでさえ図体デカい上に、触手とか生えて邪魔なんだから。」
Uキラーザウルス「なにそれ。何で俺が悪者!的なことになるわけ…?」

091229 (2)
バキシム「いやね、そこにいるバカがさ、空飛びたいんだとよ。だからお前の力で、アイツを飛ばしてやってくれりゃいいよ。」
Uキラーザウルス「あぁなるほど。俺がアイツの夢叶えてやるんだね?いいよ。俺何でもやるよ。英雄になるもんね。でもどうやりゃいいの?」
バキシム「簡単さ。お前の力でとりあえずアイツを空にほっぽりだせばいいんだ。あとはアイツが自分で飛ぶはずさ。」
Uキラーザウルス「なるへそ。触手とか使っていい訳ね?」
ベロクロン「お前、絶対アホだろ。この文脈で利用されてるだけだってわからんなんて。」

091229 (3)
Uキラーザウルス「ほれバキシマム、一発飛んできな。」
ばびゅん!!
バキシマム「やったァ!飛べる!ボクは、この空を飛べる!ボクも大空を羽ばたく、自由な鳥になるんだ!!」
バキシム「プギャーははははははは!!あーおっかしいぜあのバカ野郎!」
ベロクロン「あぁ行っちまった。ナムアミダブツ…。」

その頃…

091229 (4)
バルサ巫女つかさ「ホーッホッホ!お姉さまぁ、また迎えに来ましたわよォ。いい加減、わたくしのいうことを聞いて下さいな。」
かがみ「いい加減にするのはつかさ!あんたの方よ!いつまでもレイなんとかとか言ってないで、さっさとこっち来なさい!」
パンドン「…俺、飽きちゃった、このレイオニクス。だって、いつまで経っても他のレイオニクスんとこ、行ってくれないんだもん。」
キングパンドン「俺も同じ。いつまで姉とかホザいてんだよ。」
超コッヴ「ほら、聞いただろ?奴さんらも、同じ気持ちなんだよ。」
レイキュバス「ウグ…、いや、こんなハズじゃなかったんだよ。俺の思い描いたビジョンでは…。俺のビジョンでは、ゲームに強いこなちゃんだったら、レイオニクスバトルに勝ち進むから、色んな怪獣と渡り歩いて圧勝しまくっていけると…。」
こなた「だってさ、今大怪獣バトルのカード、レアカード当たっても相場下がってるからさ。ウルトラレアのカードも、1000円くらいで買えるんだから、士気下がっちゃうよ。」
超パズズ「そしていつの間にか、つかさちゃん奪回委員会みたいになっちまったからなぁ。てか、さっきからこなたちゃんいじってるこのメガネは、何なんだ?」
ひより「いやぁ~~、先輩、ちっちゃくなってカワイイっス♪やっぱ二頭身キャラは重要ッスねっ。」
こなた「やぁ、ひよりんも“先輩”(←強調)であるこの私にまで手を出すとはねぇ。これは、新ジャンルとして先輩×後輩ネタを描くしかないねっ。」

091229 (5)
どどーん!!
レイキュバス「へぶし!!痛ェ!!!!」
超パズズ「どわわっ?!なんかメトロン星人みたいな色のドリアンが落ちてきた!!」
バルサ巫女つかさ「イヤアァァァァァ!!」
かがみ「つかさぁぁーーーー!!!!」

091229 (6)
超パズズ「おい!しっかりしろ!レイキュバス!」
バキシマム「やぁみんな!見てた?!ボクは今、空を飛んできたんだよ!すごいだろ?!」
超コッヴ「んなことより、テメェ誰だよ!!!!」
かがみ「ちょっとあんた!ウチの妹ふっとばして何様のつもり?!」
つかさ「おねえちゃん~、痛いよぅ~…。」
パンドン「あれま、また元に戻っちまったぜ、つかさちゃん。」
改造パンドン「マジかよ。メンドいんだよなぁ。元に戻ったらこっちから取り返しに行って、また記憶を元に戻さなきゃいけないんだからさ…。」
キングパンドン「そんなことよりも!ありゃヤプール超獣だぜ?」
ひより「ぅおおぉぉぉぉぉ・・・・・、せ、先輩にまでこんな反応するだなんて…、あっ、またネタにうなりそうな妄想が広がる…っ!自重しろ、自重しろ私っ・・・・・・・・・・!」
こなた「いやいや、いいんだよぉ?漫画ってのは身近な人間をモデルにするのが、キャラ作りの定番だからね。でもアタシがああいう漫画のキャラに描かれるとなると…お父さん見たら注意したあと、その本を夜な夜な読むんだろうなぁww」

091229 (7)
バキシマム「オォ!そこにいるのは、顔から判断してボクと同じ、鳥怪獣!しかも火炎系の!ボク、バキシマムっていいます!よろしくセンパイ!」
キングパンドン「えっ?あ、いや、火炎系なのは当たってるけど、俺、鳥じゃないよ…?あとお前、“超”獣だろ?」
パンドン「なぁ、確かバキシムって、芋虫だったよな。」
バキシマム「ボク、今日初めて空を飛んだんです!同じ鳥怪獣として、いろいろ聞かせてください!アニキ!いや、肩おモミしましょうか!ボス!とっつぁん!
!」
キングパンドン「いや、君の手でもまれたりなんかしたら、肩ボロボロになりそうだから、やめて…。」
改造パンドン「何このハイテンション…。てか、俺らの顔だけ見て鳥怪獣だとか…軽く嫌味入ってる?

091229 (8)
レイキュバス「テメェこんちくしょう!上に落っこちておきながらすみませんの一言もなしかよ!しかも俺の腹の上にトゲ刺しやがって!!親の顔も見たくないぜ!」
ドバキィ!!
バキシマム「わぁボクを置いてかないでくださいセンパ~~~~~~~~イ~!!!!」
キングパンドン「うぎゃぁっ!!ついでに俺まで叩かれるのはお約束~~~!!」

その頃…

091229 (10)
ベロクロン「なななっ!なんと!このヤプール異次元に人間が乗り込んだなんて!ヤプールさんが出掛けてなけりゃあ、俺達責任問題でお仕置き喰らってたところだぜ!」
バキシム「だから、ヤプールのダンナが戻る前に、ちゃっちゃと片付けるんだ。」
スペクトルマン「まさか、話には聞いていたが本当にいたとは・・・、異次元超人ヤプールの超獣!超獣とは戦ったことがないが、この俺に勝てるだろうか…。」
ハルヒ「ヒャ~~~~~~~!!!!!デカい!デカいのがいるわ!これは今までSOS団が戦ってきた相手の中でも、最大級の相手よ!コイツを倒して映像撮って、来年2月の映画は消失あらためて、『朝比奈ミクルの冒険2 ノンフィクション!ハルヒ団長対大怪獣!完全勝利の巻』を上映してやる!」
Uキラーザウルス「い、イタい女だな…。しかしまた俺見切れてる、みたいな?俺こんなちょっとしか映るんじゃなくて、もっと全身映りたいのに…」
バキシム「テメェじゃあ無理だ。なんだったら、バンダイに土下座してリサイズでもしてもらうこった。」
みくる「涼宮さ~ん、こんなの私ムリですよ~(涙)こんな怖いの、私嫌です~(涙)!」
谷口「大丈夫ッス朝比奈さん!俺がついてますからっ!!」
バキシム「黙りなこの尼。騒がしいとその顔と胸をミサイルで撃ち抜くぜ。」

091229 (11)
ドスン!
Uキラーザウルス「んぁ?何?」
バキシマム「わ~いみんな!聞いてきいて!ボク、この大空を飛んできたんだよ!そう、まるで、子供の頃に夢見た、あの銀色の流星のように…!!」
バキシム「何だテメェ、戻ってきやがったのかよ。帰ってくんじゃねぇよこのアホたれが。」
ベロクロン「バキシマムよ、お前まさかウルトラマンに憧れてたのか…?とりあえず、ヤプール様の前で銀色の流星ってのは言うなよ?解雇されっから。」
ハルヒ「もう一体増えた?!しかも空から!!さては大空を飛ぶ、鳥怪獣ね!」
バキシム「ほれ見ろ。テメェのせいで早くも誤解を招いたじゃねぇか。鳥じゃねぇし、怪獣じゃねぇよ!“超”獣だよ!!」

091229 (12)
ハルヒ「敵が増えたわ!こうなったら、こっちも究極兵器で対抗するまで!いくわよ!朝比奈ミクルの最終最強技!ミクルミサイル発射あああああぁぁぁ!!!」
ボフン!ボフン!
シュゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!!!!!

みくる「ひええぇぇ~~~ん(涙)!やめてください~~~~~!!」
谷口「WAWAWAっ!!あ、朝比奈さんの、全人類のお宝がぁぁぁぁぁぁ!!!!やめてェぇェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!!!!!!!!!!!!」

091229 (13)
ガシッ!!
ハルヒ「有希?!何するの!!」
Uキラーザウルス「ほへっ?何で俺らを助けたの?この娘。」
長門「以前(「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第1巻参照)言ったはず。このミクルロン配合ミサイルは、地球の表面を七回焼く尽くすほどの火力があると。今これを使っては、貴方たちの命の保障もできない。だから、止めた。」
バキシマム「すごい!君も空を飛べるんだね!よかったら、ボクにお話聞かせてくれないかな?!」
ハルヒ「むっ、ムムム…、しょ、しょうがないわね有希ったら…。」
谷口「よくやったぜ長門!特別に、俺の中のランキングを特Bランクにあげてやるぜ!!」
ベロクロン「おのれ、あの女め…!このミサイル超獣である俺をさしおいて、あんな巨大ミサイルを放つだと…?!だが見くびるんじゃねぇぞ!このミサイル超獣ベロクロン、貴様なんかには負けねぇぞ!見てろ、俺の超ミサイル能力を…!!」

091229 (14)
ベロクロン「ぐああああああああ!!くらいやがれ~~~~!!俺の新ミサイル技だぁぁぁぁぁぁぁ!!」
ズギュンズギュンズギュン!!!
チュドンチュドン!チュド~~~ン!!

谷口「ォアッチチチ!!WAWAWA~~~~!!!」
スペクトルマン「何だと?!こ、これは!ヤツは一瞬にして、自分の中のミサイル発射装置を胸に作り出したんだ!」
ベロクロン「そのとおり!そこの娘に負けてなるもんかという情熱が、俺の体内改造を可能にしたのさ!これを、俺の新必殺ミサイル技、おっぱ○ミサイルだァァァァァァァァァァァ!!」
ハルヒ「なんのこれしきィ!全部跳ね返してやるわ!!」
みくる「ひええぇぇぇぇぇぇぇん!!怖いです~~!危ないですぅ~~~(涙)!!!」
バキシム「テメェ、軽蔑すんぞ。」
ベロクロン「ゲハハハハハハハハハハハハハハハァァァァァァァァァ!!!みんな!みんなくたばりやがれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!」
長門「大丈夫、この攻撃の攻略は簡単。飛び交うミサイルをよけて、敵の発射装置を…」

091229 (15)
長門「とぅっ(棒読み)」
ブチュッ!!!!!!!!!!
ベロクロン「ぎぃやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

バキシマム「あれっ…、ボクの空飛んだ話はどこ行ったの…?」
Uキラーザウルス「てか、14枚目の画像からはずされてしまったよな…。くそう…。」

次回予告:第39話「エビ味の怒り大爆発」

バキシマムの性格変えました(爆)
以前ソフビのレビューした時はカブトザキラーも涙な不良だったのですが、なんかバキシムもおすだからおもしろくないので…。
それに鳥っぽいのを見て、こうした方がおもろいわと思ったしだいですww

それにしても、1ヶ月ほったらかしての更新てどうなんだ自分でも…orz
物理的に忙しかったりなんだりというのが、最大の理由なんですが…(苦笑)
地味に時間かかるんですよね、このストーリーの写真撮影と画像加工。

文章は、電車の中とかで携帯で作ってるんですけど(ぶっちゃけ)

さて今年も残りわずかになりましたねー。
あと1回くらいは、おもちゃ紹介して更新したいなぁ。
31日とかになるかも…。
  1. 2009/12/29(火) 23:11:48|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今年最後の記事の可能性アリです

091222.jpg
皆さんおはようございます。ボンボスです。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』公開からはや一週間。
皆さんも映画、楽しんでますでしょうか??
前売り券、まだ2枚も残ってるんですよね~。
早く2回目、3回目と行きたいなぁ。今月中は時間取れませんが。

さて今月、あと何回ブログ更新できるかしら?
今月から来月中ごろにかけて仕事が切羽詰ってきますので。
『ファイアボール』のDVD限定版figmaとか、今日手元に届いたばかりなんですけどねぇ…(そうだよ!ホイホイ予約しちまったさ!悪かったよwwwww)。

さて、本日紹介いたしますのはそんな映画のラスボス怪獣のソフビ 「ウルトラ怪獣シリーズ2009 MOVIE ベリュドラ」と、「S.H.Figuarts キュアアクア」です。

091222 (1)
まずはベリュドラ。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』のラスボス。
ベリアルが怪獣墓場の怪獣たちと合体して誕生した、4000mを超える怪獣です。
歴代のウルトラ怪獣たちの中でも最大だった、『ザ☆ウルトラマン』のバゴン(938m)や、『ウルトラマンマックス』のギガバーサーク(990m)をもゆうに超える、歴代最大級の怪獣です(『ウルトラQ』のバルンガや『帰ってきたウルトラマン』のバキューモンは除く)
その姿は…なんと226体もの怪獣たちが文字通りくっついてできた姿…(百大怪獣じゃねぇじゃねぇかwwwww)
予告編のラストで怪獣たちのおしくらまんじゅう映像(笑)を観て一発でどういう合体なのかわかってしまったのは、ご愛嬌でwww
そんなゴッチャゴチャな合体に対して、全体のフォルムは大きなコウモリのような翼に大きな角が2本、醜悪な顔にデッカい牙そして黒いボディ、といったところから、怪獣というよりはRPGゲームのラスボスに出るような、“魔王”のような姿になってます。
デザイン的には、やはりゲーム世代の意匠が現れているような感じがします。
ソフビは、そんな合体怪獣の姿をよく再現してくれた一品!
実際の着ぐるみと全て同じ、というワケではなさそうですが、表面の怪獣たちを1体1体造形してくれてます。
いわゆる“皮”がないので、ぱっと見は表面がグロく見えますが(そもそも、キレイなデザインじゃぁないよなww)

091222 (12)
まずはサイズ比較。今回の映画関連の怪獣ソフビで比較しました。
22cmとネット上で発表されていたベリュドラのソフビ。
実際に通常のウルトラ怪獣と並べると…確かにデカかった!
翼も大振りで、なかなか収納がジャマなヤツですww

091222 (13)
ウルトラヒーローと並んでもとにかくデカいので、このままの縮尺でも十分説得力があります。
基本的にこういうデカい怪獣は小さく造形されてしまうので、こういったサイズで造形されたのはうれしいことだと思います。
さらに比較すれば、去年のギガキマイラ。
ギガキマイラと値段はほぼ同じでも、大きさ、背丈はご覧のとおり!
デザイン含め、こりゃベリュドラを選ぶのが筋ってもんでしょう(笑)

…そういや、1年以上ぶりにギガキマイラ触ったなぁww
やっぱギガキマさんより、ベリュドラの方がまともに見える(笑)

091222 (11)
ソフビはけっこう迫力あるんですが、可動が…ぶっちゃけ腕しか動きません(爆)。
腕はデカく長いので、腕を動かしただけでもかなり迫力がありますが、やっぱ、首とかも動いてほしかったです。
翼や後ろの2本の尻尾部分も、ボディに接着されてしまっているので、ガシガシ動かす!というワケにはいきません…。
あのあたりが動くだけで、十分遊べるんですが…。
あと、購入する前はてっきり、角が回るもんだと思い込んでましたwww

可動に関してはちょっと不満はあるものの、しかし今回のベリュドラのソフビでまず見るべきは…やはり!表面にどの怪獣がいるか?!を見極めることでしょう(笑)
ってか、このソフビの楽しみ方はまずそこだよなぁwww
ボンボスも、買ってすぐに表面をめちゃくちゃ、目を凝らしてみてました(笑)
で、ボンボスが見つけた特に「!!」な怪獣たちは、追記からレビューしまっす!
「こ!ここにまさかこんなヤツが?!」と驚き楽しみたい方は、追記をクリックだww!

091222 (14)
お次はキュアアクア。
先月に発売されたキュアドリームに続いての発売となりました。
本当はレモネードも発売してたんですが、レモネードは今回スルー。
5人の中では、レモネードが1番思い入れないので(笑)。
あのクルクル髪が、好かないんだよなぁ…。

091222 (15)
アクアはこちらの通常の笑顔パーツの他に、口を開けたパーツではなく、前の画像のような横をキッと睨んだ表情が付属。
レモネードは箱から中を見たら、ドリームと同じ怒り+口開けの表情パーツでした。
年上組は、口を開けない方向性なんでしょうか
アクアの表情の出来は、太い眉のせいもあってか、濃い顔になってます。
商品によっては、口の塗装がキツく口紅のようになってしまってる個体もありました。
塗装のレベル違い、激しいなぁ…。口の塗装が濃いと、なおさらケバくみえるんだよなぁww

091222 (19)
付属パーツに関しては、ドリームとほぼ同内容。
台座がないから、今は並べて写真を撮ることができないんだよね!!バンダイ野朗め!(今日の2商品両方ともバンダイの恩恵受けてますけどww)
平手の手首パーツですが、ドリームが完全なパーだったのに対し、アクアのは手刀状態になってます
これも、年上組のみの仕様なんでしょうか。

091222 (16)
で、その手首を使って例によってスペシウム光線のポーズをさせようとしたのですが…、できませんでした!!
今回のアクアですが、肩間接肩パーツの形状のせいで、肩の可動領域が殺されてます。
怒り肩にすることとかができないので、ポーズによる表情がつけられないのが残念…。
基本的にバンダイの関節可動フィギュアて、肩の可動が単調なんだよなぁ。

091222 (17)
後ろの扇のような束ねた髪はボールジョイント式になっており、購入してからこちらで取り付ける仕様になってます。
また髪は支柱が組込まれ、広げたりもでき、ポーズ付けに一役買ってます^^。

091222 (18)
ただね…この髪パーツのボールジョイント、普通にはめ込もうにも穴が小さいのか、はまりません
温めてからやっても、基本的にキツいので上手く可動できる保証がありません。
ボール部分がプラ製なので、ボール部分を削って摩擦を小さくする以外ありません…。
そして、この髪パーツが今回最大の問題に…。
髪が重く、そもそも首の保持力が弱いため、どうやっても頭が後ろに傾くのです…。
てか、サンプル版の時点で、何故気付かない!
これがfigmaだったら、首の保持力がちゃんとしてる所なのになぁ…。
これだと、後々リリースされるであろうキュアピーチは確実に話にならないだろうなぁ(苦笑)
プロポーションは悪くなくちゃんとしてるんだから、もっと研究して改善してほしいところです。

091222 (20)
そして、付属のトルネードフルーレ。
やはり全てのプリキュアの中でも、武器(剣)を持たせた時にアクアが1番似合いますね。
ボンボス、『Yes!プリキュア5』第34話「ミルクを守れ!白馬の騎士かれん」 のハデーニャとの乗馬決闘でアクアに惚れましたので。アレは、プリキュア史上の中でも五本の指に入る名シーンですから。
アレはまだGoGoじゃないけど。

091222 (22)
なので、アクアはグローザム将軍のような、剣を持った相手と戦わせるのが似合うと思うのです。
アクアは服装や髪型含め、凛とした女性騎士!みたいな感じですからね。デザイン的に、すでに剣が似合います^^

基本的に肩以外の可動領域などは悪くないのですが、基本的には関節、手首や顔の取り替えなどの構造上の問題は何ひとつ改善されてませんので、購入したら首と手首の差し込み部の削りは必須です!

さてこうなると、あとはキュアルージュミントが待ち遠しいわけで(笑)

そうだよ!ホイホイ予約しちまったさ!悪かったよ!wwww

てなワケで、本日はベリュドラさんとキュアアクアでした~。


091222 (23)
ベリュドラ「おいベリアルさんよ、俺を置いて何してんの…?」
ベリアル「お馬さんごっこ。」
[今年最後の記事の可能性アリです]の続きを読む
  1. 2009/12/22(火) 12:09:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

はい皆さん。ボンボスです。

091212.jpg
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』初日舞台挨拶行ってきたぜえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!
舞台挨拶の席をくれた知人の方、ご迷惑をおかけしましたがありがとうございました!!!

いやー、ウルトラ系の映画で舞台挨拶行くのは『劇場版 ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』と『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』以来。
でも今回のはさすがに東京というだけあって、舞台挨拶メンバーも豪華でした^^
レイたちZAPクルーとゼロの声優さん、坂本監督、そして…
シークレットゲストのベリアル様!初マンにセブンにゼロ、ウルトラマンコイズミキング!


一瞬、「小泉元首相も出てくるんじゃねぇのか?!」と思いましたよ、マジでww

さてそんなワケで、映画の感想は・・・・・・・・・ネタバレも含むので追記でいきます
なので、先に同時発売のソフビをレビューしますー。
本日紹介いたしますのは、「ウルトラ怪獣シリーズEX ウルトラマンベリアル」「ウルトラ怪獣シリーズEX アギラ」です。
今回の映画に登場する注目キャラ2体。
皆さんはもう・・・・・・・・・買ったよね!!www


091212 (10)
まずはベリアル。
来週頃にはウルトラシティシリーズで同梱発売されるんですが、ゼロと違ってこっちは純粋に待てずに買いました(笑)
というか、眼の塗装がキレイなのをゲットしたかったので。
目の塗装、今回かなりキレイ+劇中イメージに近い感じになってます。
ただ塗装の感じからしても、やっぱ汚い仕上げになってるものも多く…。かなり選びましたよ。はい。
目の他に、顔面と爪にガンメタ塗装が施されてます。

091212 (17)
全体ですが、やはり、着ぐるみとは違うバランスで造形されてます。
着ぐるみと比べると、頭が少し、手がかなりデカくなってます。
ただ頭はナマで着ぐるみを見たら実際にデカかったんで気にならないんですが…手は小さめにしてほしかったな。
あと、姿勢がちょっと腰を落とした感じになっているのですが、実際のベリアルって通常の立ち姿の時はこんな膝曲げてないんですよね。意外と。
やはりデザイン画を基にして造形されたためでしょう。
着ぐるみのシワの再現も、ありません。

091212 (18)
顔。
顔の造形は、わりかしちゃんとしてます。
前から見ると若干下顎がすぼまってる気もしますが、横っツラはしっかりなってます。
この凶悪にバカ笑いしてる顔!
この顔初めて見た時はビックリしたなぁwww
でも、ゼロよりは全然好印象でしたけどね^^;
なんか笑ってるから、単に凶悪なだけじゃなく、ちょっとおかしさも秘めた表情になってるので、ユーモラスさえも感じるのです。
そういやベリアルて、口開くんですよね。あのギミックはスゴかった(笑)
ソフビの口のラインに、隙間を空けてみたいです。

091212 (6)
このベリアルソフビですが、通常のヒーローソフビと並べると…デカいんです(笑)
膝を曲げても背丈が高いので、縮尺を少し大きめにしてるのだと解釈。
特に頭は、ウルトラマンの1.7倍はあるかと。

091212 (7)
ほら。

091212 (8)
ほら。

091212 (9)
ほら…!!!!!!!!
ウルトラマン「ちょ、おま、邪魔…」

ちなみに、このベリアルですが、初めて見た時からなんか「すごくどこかで見たことあるよなぁ」と思っていたんです。
で、以前秋葉原で見つけたあるソフビを見て、思い出しました…。

091212 (16)
『スパイダーマン』のライバル、ベノムそのままじゃん!!!!!ってねwww
おそらくワーナー系列ネタとして、ベノムを基にデザインされたに違いないですね。
名前も似てるし。
しかし、正義のヒーローのはずのゼロより、断然気に入りましたベリアル^^
というのは、やっぱニコ動の円谷チャンネルの効果が大きいのかもしれませんww
こんな凶悪なハズなのに、映画を飛び出せばどこか憎めないヤツという。
やっぱこういう、悪役でも愉快な一面を作れるというのが、円谷キャラクターのいいところですね

あぁ、これでギガバトルナイザーあったらなぁ…!

091212 (13)
お次は、アギラ。
ウィンダムとミクラスに押されてすっかりその存在が忘れさられかけていた、第3のカプセル怪獣が、なんと今回の映画を機にまさかの再登場!!
映画では、ウィンダムとミクラスと組んでの、史上初めての3大カプセル怪獣集合が叶えられました!
あのそろい踏みを夢見て、昔からソフビで並べて遊んでたボンボスとしては、アレは嬉しかったな^^
そんなアギラちん、ボンボスはカプセル怪獣の中では一番大好きな子なのです!
子供の頃にビデオで観た時から「可愛い!」と思ってました。
世間ではミクラスが可愛い扱いを受けてますが、アギラの方が100倍可愛いんだぞオメェら!ww
知ってるかい?アギラは性格はノンキだがタフ」なんだぞ?ww

091212 (19)
そんなアギラソフビですが、出来は大変よろしい!
腹の塗装のツヤだけは気になりますがww
アギラのソフビは、実のところこれが2回目。
以前もウルトラ怪獣シリーズで販売されてました(ちなみに、その以前のソフビも出来はよいのです)
旧版と比べると、今回のは口を開けているのが特徴。
可動範囲などは、同じです。

091212 (14)
横から。
しかし今回のアギラちん、横から見たバランスがなんかすごく悪い・・・・・・・・・・気がする。
何か、腰がやけに厚みがないんですよね。
しかしこれはおそらく、着ぐるみがすでにこんな感じなのでしょうね。
動きやすいように、中身(笑)を薄くしたのかな?

091212 (20)
今ここに対戦相手のソフビがいないのでベリアルで代用ww
ともあれ、これでリニューアルされたウィンダム、ミクラスソフビと並べれば、リニューアルカプセル怪獣3大集合が果たせます^^
またこれを機会に、旧金型版とも並べてみてみたいですね~(例によって今全員実家だけどね!!)

あぁ、これにプラス、ザラガスとブラックキングがソフビ化されてれば最高だったんだけど…。
出ないんですかね?

てなワケで、本日はベリアル様とアギラちんでした~。

091212 (15)
アーマードダークネス「アンタモ我ト同ジダネ。武器ガ付属サセテモラエナカッタンダカラ。オ互イ、ツライヨネ…。」
ベリアル「フザけんなテメェ。武器途中まででも作ってもらえてる貴様の方がまだマシだ。俺のギガバトルナイザーなんか、もう作ってくれる気配ゼロなんだぜ管理人のやろう。代わりにこんなモン持たせやがってからに…!」
アーマードダークネス「ジャァソノ瓶デ、管理人殴ッチマイナヨ。景気良ク、割レルゼ?ドッチモww。」

ホント、ザムシャーだけ武器つけて他の人手ぶらなのって、どうなのよ…。

091212 (21)
そして、ウチのKAWAII怪獣3体衆!
図らずも、皆四足、二足歩行どちらもできる連中ですwww!

では以下より『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の感想に入ります!
まだ観てない方!ネタバレ含みますのでご注意ください!! [大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE]の続きを読む
  1. 2009/12/13(日) 01:53:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:23

あーもうめんどい、一緒にレビューしちゃえ!

どーも皆様、もしかすると『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の初日舞台挨拶に行けるかもしれなくて、ちょっとテンション上がってきたボンボスです(単純だなオイ)

いやー、一昨日、一昨昨日とけっこう、テレビにおけるウルトラ、怪獣ネタが勃発してかなりテンション上がってきてますww。

まずは、もう皆さんもご存知で既に視聴された方ばかりでしょうけど…

12月5日土曜日の『めちゃイケ!』の、怪獣だらけのオーディション!!!
ultra-20091205-210345.jpg


何とか観ることができたのですが…、始終爆笑してばかりでした(笑)
プレッシャー星人(岡村)を中心とした、怪獣たちのオーディション。
もうそのシュールさときたら!!

バルタンはプレッシャー星人をガン見してるし、ノーバは微動だにしないし、ゼットンはイタズラ小僧だし、マグマ星人はチャラい大学生だしwwwwwwwwwww

何よりもレッドキングのあのキレ具合ときたらwwwwww!!!

091208 (14)↑こんな感じwww

しかも、ゼットンと岡村のせいで、ゲストとして登場した憧れの杉浦太陽サン=コスモスの制止も、あの怪獣軍団の大ゲンカを止められないというすごい状況にwwww

挙句の果てには怪獣スリラーまで…wwwwwwwww

あんな最高のバラエティ、久々だ…(笑)
先週のめちゃイケは、今回の映画のあらゆる宣伝の中でも、最も最高の宣伝だったと思いました^^アレは、けっこうファンじゃない人も観たんじゃないかな?
これは、めちゃイケ観た人たちは是非映画館に来てほしいなっ。

091208 (15)
ハルヒ「ちょっとアンタ、団長の許可なく何勝手にテレビ出てんのよ!ナマイキ!」
キングジョーブラック「イダイ!痛いジョ!そんなこといってもオイラ、今度の映画出るんだからしょうがないジョ~(涙)!オイラのせいじゃないジョ~~~(涙)!!」


次の特撮系話題!
こちら!一昨日日曜日の『フレッシュプリキュア!』第43話においてでした。
ストーリーはさておいて、敵のソレワターセが出てきたんですが、不幸のゲージを直接怪物化させた、最大のソレワターセ。
その姿が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











ビオランテ
どっからどう見てもあのG細胞を持った植物怪獣wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

txt0102.jpg
比較用画像。
ビオランテですね(笑)
もうね、一目見た瞬間「アッ!!!!!!!!!!!」でしたよ。
ちゃんと腹部の発光器官まであるし(ちなみに、この発光器官、アニメでは不幸のゲージです)
しかも、地味に西川伸司さんの初期デザイン画に近い顔つきになってますwwwこれは、東宝から許可得たのか?

いやーとにかく、この土日はテレビ的にはすごくオモシロかったです^^
映画なんとなく悲観視してたけど、若干テンション上がってきたww
プレッシャー星人が映画でどうなるかは…あんま考えないけどww




ではでは、その次はおもちゃ紹介といきましょう!


091208 (10)
特撮じゃないんだけどね!!
そう、先々週に発売された、ねんどろいどぷちのボーカロイド#1!
ブログでは買えないとかなんとか言ってましたが…やっぱ購入してしまいました(爆)
いや、実はね近くのサンクスでやっぱ、ボックス買いしちゃったんですよ…。
で、しかも何故か予約得点のディスプレイステージももらえた(無料じゃないけど)ので、開封していらないメンバーとディスプレイステージを売却、見事にBOX買いした値段の半額分、戻ってきたワケです。

なので、今回紹介しますのは、売却を免れたこのコたち!ww
数も多いので、追記からレビューします。 [あーもうめんどい、一緒にレビューしちゃえ!]の続きを読む
  1. 2009/12/08(火) 03:23:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

気づいたら来週じゃないのよ。

091205.jpg
はいどーも皆さん。ボンボスでしゅ。

自宅作業であれやこれやとやっていたら、もう気づいたら1週間前に迫っておりました。
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の公開まで。

なんかめちゃイケの岡村が出るだとかどーでもいい話題が出てばかりで、いっこうに肝心の怪獣関連の情報がほとんどないという…ね。
なんか、話題作りと報道にばかりやたらと力こめてるなぁ。
これが、空回りしなけりゃいいんだけど。

個人的には、ゴジラもリバイバル上映がけっこうおきてたし、これを機に怪獣ブームがドドン!と起きてくんないかなぁ…なんて、密かな期待も持っていましたからww
特に最近、自分の周りとかいろんな環境で怪獣熱が上がってますし。

来週の映画、なんだかんだ心配ありますが、成功してほしいなぁとも思ってます。(そのためにも、期待を裏切らないでくださいよ○谷プロ)

さぁでは、先週発売された、ウルトラヒーローシリーズのリニューアル、第二弾分のソフビレビューといきましょう!

今回購入したのは、TOP写真にある初代マンを除く7体。
いまだに、ティガとダイナをそろえていないというねww

091205 (1)
まず最初は、当然彼!ボンボスの心のウルトラマン、コスモス!
既につや消しソフビで造形されていたにも関わらず、新造形されました。
前期造形版と比べると、全体的にほっそりとなって、より劇中のイメージに近い体型になりました。

091205 (2)
前期造形版と比較。
前期造形版(右)は何故か、ボディが太くガッチリした感じだったんですね。
けっこう放送当時から納得いかなかったんですが、今回の造形で劇中の細くなで肩な体型が再現され、本放送時から8年経ってからようやく理想の形になりました^^
ただ、頭部の造形は前期の方が、若干いい気がします。
新造形版は、頭部の造形がなんとなく浅めです。

いやしかし、やっぱ細身のルナモードコスモスはステキですっ(惚)

091205_11111.jpg
しかし、許せんのが右腕。
ソフビの形成時のミスなのか右腕の手の平から肘にかけてまで、小さな気泡がたくさんあるのです(赤丸部分)
しかもこれ、ボンボスが買ったモノだけというわけではなく、店頭にある商品全てがこうでした
完全に、金型制作時のミスですね。ちなみに、これと同じ現象が、グレートのソフビの左腕にもありました。
まったく何故よりによってボンボスの一番大好きなウルトラマンのソフビで、こういうことするよ?!

091205 (3)
次は、コロナモード。
こちらも新造形になりました。
コロナモードも前期版のガッチリ体型のものから、細い体型になりました。
前期版と比較すると、胸囲のサイズが違うんですね。
新造形版の方が、胸囲が狭くなってます。


091205 (4)
前期版と比較。
やはりルナモード同様、体型は劇中のイメージに近くなってます。
あと今回の新造形版では、形成色がより赤くなってます。
前期版のは、ちょっと桃色が混じったような淡い赤色でしたから。
イメージ的には、前期版の色の方が好きだったりしますがww

091205 (5)
次はエクリプスモード。
こちらも新造形のポイントは、ルナ、コロナモードと同様です。
赤い部分も、コロナモード同様真っ赤に変更されてます。
エクリプスモードは今ちょっと実家に置いたままなので、比較できませんが…。
エクリプスモードは、前期造形版で既にそれなりにいい出来だったから、今回の新造形の必要もなかった気もするんですがww

091205 (6)
リニューアルされたコスモスソフビ、揃い踏み!
以前まではスペースコロナ、ヒューチャーモードもラインナップされていたんですが、今回のリニューアルではどうやらテレビ版のモードのみに絞った模様。
しかし、こうコロナモードとエクリプスが新造形されちゃうと、スペースコロナモードとヒューチャーモードもリニューアルして出してほしかった…orz
だってこのリニューアル版と並べると、どうしてもシリーズ的に違和感出るじゃないですか。
エクリプス以降のモードは正直好きじゃないので、いいっていったらいいんですがww


091205 (7)
次は、ゼアス。
ゼアスの新造形版は、かなりいい出来にリファインされました。
背中のチャック筋が珍しく、省略されていますが。
あと、グレートのように頭部とボディの質感の違いも、再現されてません。
頭部含め、全身がつや消しになっちゃってます。
でも方の盛り上がり方などは、まさしくゼアス体型です^^
やっぱゼアス、姿だけ見るとかなりクールでカッコいいよなぁ。キャラはアレだけども(笑)

091205 (8)
次。マックス。
マックスは当初、「なんでコイツ新造形する必要ある?」と思ったんですね。
しかし、実物を見てみると…、確かに新造形版の方がスーツに近い感じになってました(笑)
やっぱ、前期版のソフビってのはデザイン画を基に作ったりしてるから、スーツとイメージが変わってきちゃうんですね。
ただしそれにしても…、マックスよりも、ゼノンを今すぐ新造形すべきだろう!!!!!!!!
今のゼノンのソフビの似て無さは、マジパネェですからね…(怒)

091205 (9)
次。メビウスのフェニックスブレイブ。
新造形したメビウスにあわせ、こちらも新造形になりました。
何よりもの違いは、やはりボディの青ラインの色でしょう。
前期版のは、何故か水色っぽい色でしたからね。
造形的な変更などは、あまりないと思いました。頭部だけかな?
しかしこうなると、メビウスブレイブとバーニングブレイブをどうするんだ。あと、にせメビウスも(ry


091205 (10)
そして、ウルトラマンゼロ。
映画版ゴモラと同様に、映画公開に先がけての商品化となりました
ただ、12月にウルトラシティシリーズ03として、ベリアルとのセットで購入できるのをすっかり忘れてたけどorz慌てて買うんじゃなかったぁ…。
なんか、店頭で見ても購入しても思ったんですけど…、このゼロのソフビはやたらと出来がいいです。
やっぱ映画のキャラということで、造形師を選んでいるんでしょうかね?バンダイも。

だっからそんな奴よりもベリアルの造形をだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

091205 (22)
さて、今回ゼロを映画公開に先駆けて立体で実感できたので、どの角度から見ればカッコよくなるのか、いろんな角度から写真を撮ってみました。
えと、これはどうなんでしょうねwww
なんか、どの方向から見ても、ゼロスラッガーがジャマで邪魔でしょうがない気がするんですがww
ナナメ上とかからのアングルだと、いい感じに見えるんですが、真正面(特に2番目)からの顔はすごく情けない感じです。
横からのアングルは、後ろ側はいいけど前方がどことなく、物足りない感じもします
これは、配置の問題なのか、ゼロスラッガーの形状の問題なのか、どっちなんだろう・・・?
ただひとつだけいえるのは、ゼロは角度美人であるということ!
これだけは断言できそうですww

091205 (20)
そして、父と息子の比較。
ゼロのボディデザインって、どことなく“サムライ”っぽさがあるというか、和風な感じも匂わせているので、デザインの方向性はけっこう悪くない気もしてきました(早速だなオイwww)。
ただ、頭のゼロスラッガーが頭を面長にデカく見せてしまっているのかな?という感じもします。
むしろ、ゼロスラッガーを取り払った方がスッキリして、カッコよかったりしますからね(笑)
…しかし、父と比べても目つき悪ぃなwww

尚、今回購入したのはここまで(財的な問題で)。
ガイアとアグルの4体は、又今度買います。
ティガ、ダイナと一緒にでも買いますか。

平成3部作なんて、俺が買わんでも皆買うからいーんだよ!(笑)

てなワケで、ウルトラソフビリニューアル第二弾のレビューでした。 [気づいたら来週じゃないのよ。]の続きを読む
  1. 2009/12/05(土) 00:31:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。