コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんだか今週は将軍週間です

P5300csscscsc027.jpg
谷口「うおおぉぉぉぉぉぉ!!!なんで朝比奈さんと鶴屋さんのまぶしいお姿の紹介が来週なんだよ~~!!フザけんな管理人~~!!」
キングジョーブラック「ウワァ…、な、情けないジョ…。あーいうふうにだけは、育っちゃいけないんだジョねきっと…。」

皆さんどうも。ボンボスです。
今日は、figmaの鶴屋さん(文化祭メイド服Ver.)と、朝比奈みくる(戦うウエイトレスVer.)を買ってきました^^
…が、この2体のレビューは、来週に回します。
ちょいと今日、また別の仕事が来て来週までかかるので。

そして、この2体よりも先に紹介したい奴がいるんです
それは…………………







g (4)
コレ!
グローザムのソフビを可動化改造してみました~!!!
というワケで、本日紹介いたしますのはウルトラ怪獣シリーズ改造品、「アクション怪獣シリーズ風(勝手に命名)グローザム」です!

g (1)
はい、発売のテンションの赴くままに、改造してしまいました!
実はこれ、グローザムのソフビの発売告知の時点で計画していたんですよ
もうね、待ちこがれていたグローザムでも、やはり棒立ちスタイルのままでは勿体ないと思ってたんですよ。
やはりカッコイイし、「動かして遊びたい!」と思ってて…。
モノとしては、グローザムのソフビをバラバラに切って、ウルトラマンのアクションヒーローシリーズに被せて接着したものです。

g (2)
もちろん、全面塗り替えのニューカラー。
グローザムのソフビって、あねパール塗装がキレイな一品ではあるんですが…。
あの塗装って、実は触ってるとすぐハゲるんですよ。
なんだか、通常のカラーよりもハゲる率が高いんです。
なのでボンボスの持ってるグローザムも、所どころ銀色がハゲてきていて…orz。
当然、改造なんてしていると色ハゲ放題で(笑)、着ぐるみのようなカラーに塗り直したワケです。
ってか、我ながらこっちの方がグローザムっぽいぞ?
よし、この際ソフビもパール塗装を捨てて、リペイントしちまおう(笑)
シルバーに黒とメタリックブルーをちょこっと混ぜると、イイ感じですよ^^

aaaa9 (2)
パーツの接着に関しては、肘や膝の裏側など、可動の邪魔になる部分は切り落としましたが、極力全ての部分を使う方向で行きました。
また、肩もソフビ通りの位置ではめ込むと、アクションヒーローシリーズの肩を覆い被さって肩が上がらなくなるので、肩は少し下げた位置で接着しました。

g (5)
首は、アクションヒーローシリーズの顔に被せて、首の可動ができるようにしました。
グローザムといえば、スーツアクターの首の向きがそのまま伝わって顔の向きが変わるのがよかったので、やはりそれを活かさない手はないだろうと^^
我ながら、イイなぁ(笑)

g (3)
しかも、アクションヒーローシリーズを使ったことで、ウルトラヒーローより大きくなるという利点も生まれました。
可動部分への干渉を避けるべく、足とかは間延びしてパーツを接着したので、素体が浮いて背丈が高くなったんです。
ソフビのグローザムも、ヒーローに比べると若干縮尺が小さいんですが、これでヒーローにも負けないぞ!
グローザム!そのままメビウスを凍らせてしまえぇぇ!!

aaaa9.jpg

g (7)
うん、マジでカッコいいぞwww
ちょっと自画自賛です。
接着剤のはみ出方とか、まだ未熟なところはありますけども、重要なのは「グローザム将軍を動かせる!」ということでしょうwww

g (6)

aaaa9 (1)

P5300ccc027.jpg
とにかく、これで自在にポーズのつけれるグローザムができました。
なんか、グローザムはやはり待ち焦がれてただけあって、動かすとスゲー感動(笑)

ちなみに…

g (8)
実はグローザムの前にこれと同様の改造を、

エースキラー
アーマードダークネス
アパテー

にも施してました!


ただ、グローザムはどうしても先に発表したかったので、ちょっと彼らには申し訳ないけど、すっ飛ばせていただいたのです(苦笑)
コレだけは、ちょっと先を超されたくなかったのでwww
残りの3体に関しては、後日からまたレビューしたいと思います。

そして今のうちに宣言。

6月発売のデスレム卿にも、同様の可動改造を施します決定!!!

というわけで、本日はソフビ改造の、可動グローザムでした~!

g.jpg
グローザム「くははははははははは!!見ろデスレム!ソフビ発売から一週間経って、もうこんなに動けるようになったぞ!いいだろ~~~!ほれ!ほ~れほれほれ!!」
デスレム「……………私がおっきくなって動けるようになったら、真っ先に貴様を潰してやる…。」

[なんだか今週は将軍週間です]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 02:37:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

将軍様の御なりィ~~~!!

P5230001.jpg
グローザム「うほーーーーーーーーーーーぃ!!とうとう俺も元の大きさに戻れたーーーーー!!ほれあとはお前だけだぞデスレム!!ほれほれ!」
デスレム「フン、自分が大きくなったとたんに、急にでしゃばりおって…。これだから、“力こそ全て”な奴は困るんだよ。」

どうも皆さん、ボンボス稲葉です。
えー今日は朝っぱらから、秋葉原に直行してました。
理由はもちろん、この方!豪将さまのご降臨のため!!

さあ今日、ついに発売になりました~~~。
皆さんは、グローザム将軍の降臨式をちゃんとあげましたか?(笑)
本日紹介いたしますのは、「ウルトラ怪獣シリーズEX グローザム」です!

ssssasasas2.jpg
正面。
ご存知、『ウルトラマンメビウス』に登場した、エンペラ星人の暗黒四天王の豪将である冷凍宇宙人です。
えー本放送から…2年?ファンの呼び声に気づいていたのか気づいてなかったのか、2年経ってのようやくの発売となりました。
な、長い2年だった…。ホントに…。
しかも大怪獣バトルでのカード化からも半年以上たってますし…
今日朝から秋葉原のヨドバシに走って行って、1時間くらいオモチャ売り場でずーっと選んでましたからねwww←迷惑

a (1)
後ろ。
出来としては、全体のシルエット自体はまぁちゃんと再現されてます。
写真で見た時はエッジが鋭くなくて全体が丸っこく感じましたが、実際のも若干そうです(笑)
まぁソフビなので、このくらいの丸さの方が確かにしっくりくるといえば、しっくりくるんですが。

a (2)
横、顔アップ。
んでこの首なんですが…、グローザムといえば、宇宙人にしては長く前にグッと伸びた首が印象的ですが、ソフビだとあまり、首が前に突き出た感じが無いです。
割とまっすぐで。
もうちょっと、前に長くしてもよかったんじゃないかなぁ…。
あ、でもあまり前に突き出すと倒れるし、その辺も考えてたのかもwww

a (6)
あと、両腕の剣が伸びてない、同じ長さになってます。
これは、右だけ長くしてもよかったかもしれませんね。
でももし長かったら、「両方同じ長さの方が…」と思う自分が簡単に予想できますwww

a (7)
ところで、こんかいのグローザムのソフビ。
塗装はシルバーとガンメタの2色のグラデーションになってます。
本当は体の溝が黒いんですが、まぁその辺はご愛嬌(笑)
でも実は調べてわかったんですが、これ、シルバーの上にガンメタをスプレーしているのではなく、メタリックブラックの素体にシルバーのスプレーを噴いているんです
なので、シルバー部分も色が薄い部分とかがまた違った感じになってます。
シルバーの上にガンメタを塗ったのとは、違う色合いになってるんです。
それがかなりイイ感じ^^

a (13)
なので、個体差によってシルバーの薄い、全体が黒っぽいグローザムもあったりします。
今回、例によって2個買いしちゃったんですがそのうちの1体がその、シルバーの全体的に薄いヤツ(左)。
黒いと、なんかまた違った感じでカッコいいです。
まるで、焼けた鉄の色みたいで

a (10)
で、ソレは後ろから見ると良くわかります。
左の方が、明らかに黒いでしょ?
こっちはこっちで、陰影がハッキリしてて良いのです^^
これはこれで、保存しておこう。

a (8)
ガシャポンのと比較。
しかしやっぱ物足りないのは、そのポージングでしょうか。ただの棒立ちポーズ
まぁそれはしゃあないとしても、やはり全体的にモールドがのっぺりしている感はあります。
それの理由を考えてみたんですが、もしかして最近のソフビって大怪獣バトルのCGポリゴンを元に作ってる?って感じがするですよ。
これはグローザムに限らず、アーマードダークネスやファイヤーリトラとかババルウ星人とか、近頃の出来の良くない怪獣ソフビに関しては思ってるんですよ。
で、今回のグローザムもそんな感じがどことなくします。

でもまぁ、とりあえずは悲願のキャラがソフビ化されたということで、よかよかです^^
思ってたより、そんな悪くないし、まぁ無難な感じに出来上がってると思います。

さぁ、あとは来月末の謀将デスレム興だ!!(←もはや“興”付きww)
デスレム興が揃えば、夢の四天王勢ぞろいが叶う!
特にデスレムは、エンペラ星人を通り越して気に入っているキャラなので、来月は今日よりも気合入れていくかもwww

というコトで、今日はグローザム将軍でした~~~~。

a (12)
エンペラ星人「お前、このブログの管理人から“将軍”“将軍”と呼ばれているな。よかったな、将軍様wwww」
グローザム「えっ?…いや、あの、その言い方笑えないんスけど…。」
  1. 2009/05/23(土) 21:55:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第27話「新たなる光の使者との対決!」

P5100089.jpg
キングジャイグラス「おい起きろ、このバカパンダ。」
デスコングキング「フガフガ…、もう竹食い飽きたズラ…。牛丼…。」
キングジャイグラス「…お前いいから起きろよ。起きねぇと、スチール星人つれてくるぜ。」
デスコングキング「…そ、そいつはいけないズラ!起きたズラ!」

P5100090.jpg
デスコングキング「で…ここは何処ズラ?」
キングジャイグラス「わかんねえよ。だから起こしたんじゃねぇか。お前がバカみたいに寝てる間に、いつの間にかここにいたんだよ。俺が知りたいぐらいだよ。」
デマゴーク「おやぁ?アイツら、どこかで見たと思ったら…今はタイに行ってるハズの…。」
デスコングキング「…?何だか、回りに怪獣がいっぱいいるズラ。」
キングジャイグラス「あぁ、しかもどこかで見た怪獣だぜ…。どことなく、親近感を感じるのは何故…?」
レッドキング「あれあれ?なんだか腹の感じが俺に似ている奴がいるぞ?」
キングジャイグラス「マズイな…。何だか視線が集まってくるぜ。画面の向こうからも…。」
デスコングキング「同感ズラ。ここは、逃げるのがよさそうズラ。」

P5100092.jpg
??「待ちなさい!」
??「あなたたちの好きにはさせないわ!」
キングジャイグラス「ほ?な、何?」
デスコングキング「だ、誰だズラ?」

P5100091.jpg
キュアブラック「光の使者、キュアブラック!」
キュアホワイト「光の使者、キュアホワイト!」
シャイニールミナス「輝く命、シャイニールミナス!」
キュアホワイト「闇の力の下部たちよ!」
キュアブラック「とっととお家に帰りなさい!」
キングジャイグラス「え!ちょ、ちょっと待ってくれよ!いきなり何だよ?!」
キュアブラック「とぼけないで!あなた達、ジャアクキングの手下でしょ!」

P5100093.jpg
キングジャイグラス「いやいやいや、俺たち、その、全然違いますから…。」
キュアブラック「え?違うの…?」
キュアホワイト「もうブラック、だから焦らないでって言ったのに…。血管マークがないから、ザケンナーじゃないって。」
キュアブラック「あ、アハハ…。ごめんねホワイト。」
デスコングキング「あの…、こっちには謝らないズラか?」
シャイニールミナス「でも、それならあなたたちは一体?」

P5100094.jpg
キングジャイグラス「あ、申し遅れました。俺はグロース星からやって来た、キングジャイグラスってケチな野郎さ。こっちはデスコングキング。ヨロピコ。」
キュアブラック「あ、どうも…(怪獣が名刺とか、ありえな~い!)。」
キュアホワイト「私たちはプリキュア。闇の使者から世界を守っているの。あなたたちは?怪獣みたいだけど…。」
キングジャイグラス「あ、俺たち全然いい者ッス。俺達ゃ、グロース星からやってきた、環境太子で。」

P5100095.jpg
デスコングキング「ちょちょ、嘘言っちゃいけないズラ。おいら、環境太子なんかじゃないズラよ」
キングジャイグラス「お前は本当にバカだな。いいか?相手はヒロイン。俺達は怪獣。立場としては所詮いいものと悪者。グロース星からの地球侵略の先兵とか正直に言ってみろ。間違いなく攻撃されちまうだろうが。ただでさえ、今どういう状況なのかすらわからんのだ。だったらここは、穏便に済ます以外ないじゃねぇか。」
デスコングキング「う~ん、釈然としないけど、しょうがないズラ。しかし、わざわざそんなに考えるなんて、怪獣らしくないズラ。」
キュアブラック「…ねぇ、アイツら本当に大丈夫なの?なんか、やっぱ怪しいんだけど…。」
キュアホワイト「でも、ミップルやメップルも何も感じてなかったし、ドツクゾーンとは違うんじゃないかしら。だったら、わざわざ戦わなくても…。」

P5100096.jpg
アンチゴーネ「見つけたぞ~~~!!!キングジャイグラス!デスコングキング!!」
シャイニールミナス「きゃっ!だ、誰ですか?!」
キングジャイグラス「うわ最悪のタイミングだぜ!せっかくごまかした所なのに!」
ミップル「ホワイト~、怖いミポ~!」
メップル「何だかよくわからないけど、アイツからは邪悪な力を感じるメポ!」

P5100097.jpg
キュアブラック「じゃあ、こいつが…?行くよ!ホワイト!ルミナス!」
キュアホワイト「わかったわ!ブラック!」
シャイニールミナス「はい!」
アンチゴーネ「は?何?お前ら。」
デスコングキング「キングジャイグラス、バレないうちに逃げるズラ…。」

P5100098.jpg
キュアホワイト「プリキュアの美しき魂が!」
キュアブラック「邪悪な心を打ち砕く!プリキュアマーブルスクリュー!!」
シャイニールミナス「ルミナス!ハーティエルアークション!!」
ズボバアァーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!
アンチゴーネ「何ぃーーーーーーーーーーー?!?!?!まだ何もしてないのにぃ~~~~~~!!!!!!!」
キングジャイグラス「今だ。騒ぎに隠れて…。」
デスコングキング「こそこそズラ……。」

そして…

P5100099.jpg
デスコングキング「ど…、どうズラ?やられたズラ?」
キングジャイグラス「さぁどうだろ…。しかしあのプリキュアって連中は、恐ろしいな…。ガキのくせに、あんな力があるなんて…。」
デスコングキング「最近の女の子は怖いズラね…。アンチゴーネ様をこんなにも簡単に…ズラ。」
キングジャイグラス「まぁ、この人が通りかかってくれたおかげで、俺達は助かったみたいなもんだ。どれ、そろそろアンチゴーネ様起こしてやるか…。」

P5100101.jpg
アンチゴーネ「ぶわっかもーん!!!貴様らよくもこの私を見捨てたな~~~~?!?!」
デスコングキング「あわわわ~~~~!ば、バレてるズラ~~!!」
アンチゴーネ「貴様らよりによって、この私が命を与えた怪獣のくせにぃ~!!お仕置きじゃあああああああ!!!!」
キングジャイグラス「ヒヤアアァ~!!!に、にっげろォォォ~~~~!!!」
アンチゴーネ「だから何故逃げる~~~!!!」

大怪獣バトルの渦巻く惑星ボリスに、新たにタイ生まれの日本製怪獣がやってきた。
時を同じくして、新たにレイブラッドの野望を阻止すべく、光の園に伝わる伝説の勇者、プリキュアが派遣された。
グロース星人までもが復活し、大怪獣バトルワールドにさらに戦いの渦が巻き起ころうとしていた。
果たして、彼らもレイオニクスなのだろうか?
だとしたら、敵に名刺渡してまでも逃げる部下で大丈夫なのだろうか…。

次回予告:第28話「ぬいぐるみを手に入れろ!」


はい、さっそくジャンボーグAソフビの登場でしたwww
予想していた方も多かったかもしれませんが。

そして今回から登場の『ふたりはプリキュア』!!

P5200001.jpg
実はボンボス、『プリキュア』シリーズも大好きだったりしたんですよ!
特に最初の『ふたりはプリキュア』と、『ふたりはプリキュア MaxHeart』!
ただ第3作目の『ふたりはプリキュアSplashStar』がおもしろくなくて、そこから観るのをやめてたんですが…
4月中上映されていた、『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』で、ボンボスの中の『プリキュア』熱が再燃してしまってwww

もうそれは、一度は手放したプリキュアのフィギュアをオークションとかで慌てて買い集めたくらいなんです。
あぁ、上京時になんでプリキュアの食玩フィギュア手放したんだろう…。
特にキュアイーグレットとか、今相場がすさまじく上がってるんですよね。3000円とか…(ありえねぇ)。
今さらすんごく後悔してます。

あと、『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5 GoGo』を全く視聴していなかったのをネットとかで観ると……これがまたすさまじくおもしろいワケですよ
何でちゃんと、全部観なかったんだろうなぁ…(涙)
シリーズ第2弾の『ふたりはプリキュアSplashStar』がつまらなかったからといって、以降のシリーズを食わず嫌いしていたのをすごく後悔してます。
で、今はちゃんとYoutubeとかで『フレッシュ!プリキュア』を視聴中です^^;

というワケで、食玩のプリキュア・ドールを買い集めよう!
あと欲しいのは、前期版のキュアルージュと、キュアイーグレットとキュアウィンディ、キュアパイン!

だれかちょーだい!!! [大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!]の続きを読む
  1. 2009/05/20(水) 22:51:27|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

円谷ヒーロー夢の競演の時は近い?!

P5100105.jpg
どうも皆さん。ボンボス稲葉です。
さて今日は前フリなくおもちゃ紹介です~ww
先日、ヤフオクで届いた幻の商品を本日は紹介いたします!
それはこちら!どどん!

P5100104.jpg
本日紹介いたしますは、「タイ製ジャンボーグAソフビ(?)シリーズ」です!!
えーまずジャンボーグAとは、1973年に円谷プロが『ウルトラマンタロウ』『ファイヤーマン』と同時期に制作して放送していたヒーローもの…というのは、多分ご存知でしょうね^^
巨大特撮ヒーローファンの間では、かなりおもしろいとの評判で、ウチの周りの特撮ファンの方々の中でも、「ジャンボーグAはおもしろいよ!」という方がおられます。

で、そんなジャンボーグAのソフビが売っていた?!いつ?!と言われる方もおられるかもしれません。
が、実はこのフィギュアの存在は、円谷プロとチャイヨープロのことを知っている方にとっては有名なことなのです…。

P5100116.jpg
事の発端は、チャイヨープロダクション(本当に消えちゃったのかなぁ…)との合作映画。
チャイヨープロと円谷の合作映画としては『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団(原題:ハヌマーンと7人のウルトラマン)』が有名ですが、それより以前に『ジャンボーグA&ジャイアント』(上写真のはタイ製DVD)という映画が作られていたのです。
なんでジャンボーグ?という疑問は尽きないのですが…、とにかくこれのおかげでジャンボーグはタイで人気を博し、例の問題発生の時にチャイヨープロは『ウルトラQ』~『ウルトラマンタロウ』の6作品の他に、この『ジャンボーグA』の海外利用権も手渡されていたのです。
そんなこんなで、チャイヨーさんはタイでジャンボーグAの商品もばんばん売り出していった…というワケで、今回の商品もその一旦というワケです。
まぁ、当然円谷プロとバンダイにとってはアレな商品でして(苦笑)

P5100115.jpg
このフィギュアは発売されたのが2001年頃らしく、そのサイズはご覧の通り現行のウルトラヒーローシリーズとほぼ同サイズ。
で、この商品の最大の問題なのが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P5100113.jpg
パッケージがこんなんなのです(爆)

P5100114.jpg
裏側もぬかりなくwwwwwwwww
ごらんの通り、2000年にリニューアルされたウルトラヒーローシリーズのパッケージをモロパ○リというスゴい商品。
今回のフィギュア群はパッケージはこの1体しか手に入らなかったのですが、ネットなどで検索してみると他のパッケージ写真もすぐにみつかります。
また怪獣の方は、ウルトラ怪獣シリーズと同じようなタグ付きで販売されていた模様。
明らかに狙っていた路線ですねwww

とまぁ、そんなこんだと円谷の勝訴のせいか、現在ではこの商品はとんと見かけなくなりました
以前は、新宿の某ショップにも売られていたらしいのですが、今は中古ショップで見かけるかみかけないかというレベル。
おそらく、タイでも生産はストップされている可能性があります。
で、今回ヤフオクで箱なしでほぼ全種コンプのセットが出品されていたので、今回手に入れたワケです!
※出品者の方と代理入札をしてくださった方には、心から感謝いたします!!ありがとうございました!!!!!!!!

ちなみに、『ジャンボーグA&ジャイアント』や『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』の海外版DVDは、ヤフオクとかで結構安く買えたりします^^
ただリージョンや再生方式が違ったりするので、再生にはリージョンフリー&NTSCとPALの変換機能のあるDVDデッキが必要ですので、もし購入される方はご注意ください

※パソコンなら何の問題もなく再生できますけどねwww

さぁそんなこんだの問題商品のラインナップを、ご紹介していきましょう!では追記へ!! [円谷ヒーロー夢の競演の時は近い?!]の続きを読む
  1. 2009/05/16(土) 14:45:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第26話「怒れる宇宙大怪獣」

P5120075.jpg
ダイナ「お~~~い!!誰か助けてくれ~~~!」
メビウス「あっ、コスモスさん!ダイナさんがあんなところで!」
コスモス「本当だ。何があったんだろう…。急ごう!」
メビウス「はい!」

P5100057.jpg
ダイナ「おーーー!メビウスにコスモス!来てくれたか~!」
メビウス「ダイナさん!一体どうしたんですか?」
ダイナ「早くはやく!ティガがピンチなんだ!」
コスモス「それで、ティガは…?!」
メビウス「そういえば、ティガさんがいな…?」

P5100058.jpg
メビウス「………………え、えと、ティガさんは…?」
ダイナ「いや、言いたいことはわかるけど、あの…見た通りです…。」
コスモス「な、なるほど…。これは、ウルトラサインも出せないわけだ。」
メビウス「え、えええええええ?!?!」
コスモス「ま、まぁ、とりあえずその姿を治しましょう。」

P5100059.jpg
ティガ「本っっっっ当にありがとう、コスモス。君がいなかったら、本当にどうなっていたことか…。」
コスモス「いいんですよ。それよりも、一体何が…。」
ティガ「いやぁ、実はヒッポリト星人にやられてしまったんだ。奴は今までのタール攻撃に加えて、相手を空き缶にしてしまう技を身につけたんだ。奴が怪獣を集めて何かやらかしそうだったんで調べに行ったら、やられてしまったという訳さ。」
ダイナ「もう焦ったぜ。道端に転がっちまって、あと少しの所で掃除のおばちゃんに拾われる所だったんだ。」
メビウス「……………………………(な、何でティガさんもダイナさんも、普通に話せるんだ…?コスモスさんも、何で普通に聞いてられるんだ、おかしいよ…)」

P5100060.jpg
こなた「おぉ!そこにいるのは…ウルトラマン!しかも平成の。ちょうどいい所に。」
ダイナ「?何だ?この娘は。」
こなた「おっ、そこの左のは40周年記念のメビウスだね。ご苦労さんっ。」
メビウス「えっ?あ…はい!ありがとうございます!」
こなた「いや~、やっぱ大怪獣バトルはストーリーが進むとウルトラマン登場と、フラグが立ったね。」
メビウス「ふ、フラグ?もしかして、新しい怪獣が出たんですか?!」
こなた「いや、そーいう訳じゃないんだけど…、あ、そうだ。怪獣で思い出した。ちょっと、誰でもいいから来てきて。」
コスモス「誰でもって…。どうしたんだ?」
こなた「ん~、実はうちの友達のつかさがレイオニクスになっちゃって、困ってるんだ。なんか、また新しい怪獣を呼び出しちゃって。かがみもそれで怒り出すわで、大変でさ。助けてほしいワケ。」
ダイナ「な…なんだか、とにかく大変そうだな。」
ティガ「メビウス、コスモス、君たちが行くんだ。」
コスモス「わかった。案内してくれ。行こう、メビウス。」
メビウス「はい!」

P5100061.jpg
こなた「ぇえ~?メビウス来るの?なんかメビウス、KYだし頼りなさそうな感じだし、最近活躍しすぎて見飽きたし…ま、いっか。」
メビウス「えっ………。」
コスモス「…ま、まぁまぁ。」

その頃…


P5100062.jpg
超コッヴ「というワケで、またもやつかさちゃんの中のレイオニクスの血が蘇ってしまったのだ!これは大変だ!」
かがみ「もぅ!まったく!つかさ!早く着替えてこっちに来なさい!わかんないの?!」
バルサ巫女つかさ「オーッホッホ!お姉様ったら、まだわからないのね。私の力。まぁいいわ。今回こそはわからせてあ、げ、る。」
レイキュバス「バーカめ。たとえどんな怪獣を連れてこようが、俺たちの最強トリニティタッグ技、宇宙雷熱剣の前には勝てねぇのさ!」
改造パンドン「ギクッ…。」
超パズズ「あ~ぁ、レイキュバスも前回成功したからって、すっかりのぼせちゃってるよ…。」
バルサ巫女つかさ「それはどうかしら?今度の怪獣は、今までの怪獣とは違うわよォ。」
キングパンドン「…ってか、何なんだよ。俺らがいるってのに、他の怪獣を呼ぶとかさ…。」

P5100063.jpg
バルサ巫女つかさ「さぁ、現れなさい!」
ズンッ!!!
レイキュバス「うぉ?!こ、コイツは!!」

数分後、コスモスたちが到着した…

P5100064.jpg
コスモス「こ、これはひどい…!」
こなた「か~が~み~。大丈夫~?」
かがみ「こなた?!肝心な時にどこ行ってたのよ!こっちは大変だったんだから!」
つかさ「お姉ちゃん…、こなちゃん…、痛いよぅ~(涙)」
メビウス「何があったんですか?」
超パズズ「どうもこうもねぇよ…。そこの、つかさちゃんの連れてきた怪獣が…、無茶苦茶強くてさ…。」
改造パンドン「ありえネェよ…。チームのはずの俺達まで攻撃しやがって…。」
超コッヴ「レ、レイキュバスは奴を追って、あっちに行ったよ…。だけど…アイツは危ない…!」
コスモス「…?!この、まるで腐食したような攻撃の跡は…。まさか…!」
メビウス「コスモスさん!早く行きましょう!」

P5100065.jpg
メビウス「いました!あそこです!」
レイキュバス「ギュワアアァァァァ!!こんちくしょうめェェェェェ!」
コスモス「やはり…!」

P5100066.jpg
ギリギリギリギリギリ!
スコーピス「ギシャアアァァァァァァァ!!!」
コスモス「スコーピス!しかし、何故だ?!サンドロスは既にいないはずなのに…!」
メビウス「コスモスさん、知っているんですか?!」
レイキュバス「待ちな!危ないぞ!奴の攻撃は…!」

P5100067のコピー
ズボバアァン!
メビウス「ぐはっ!」
コスモス「メビウス!…やはり、フラジレッドボム…。宇宙のマイナスエネルギーの塊の、腐食攻撃なんだ!」
レイキュバス「気をつけな!コイツ、敵味方の見境無しに攻撃してきやがるんだ!ウチの連中もつかさちゃんも、コイツにやられたんだ!」

P5100068.jpg
コスモス「とにかく、スコーピスを止めなくては!!」
ガシッ!
ズズズズズッ!

コスモス「なっ!何だこのスコーピスは…!パワーも体の硬さも強すぎる…!!」
スコーピス「やられてなるものか…。我らの種族が生き延びるためには…!」
コスモス「な、何?!」

P5100072.jpg
スコーピス「ギシャアアァァァ!!」
ジババババ!!
ズバン!ズバン!

メビウス「うわわわわっ!!」
レイキュバス「ぎやああああ!闇攻撃に加えて雷攻撃かよ!」
コスモス「…っ!」

P5100073.jpg
レイキュバス「…と思ったら、消えやがった…。」
こなた「いやー。危なかったね。まるでEXランクのレイオニクスバトルみたいだったよ。基本のステータスが段違いだったんだね。」
つかさ「お姉ちゃん~、この服何~(涙)?スカート短いし、恥ずかしいよ~。」
かがみ「とりあえず、レイブラッドとかいうのが悪者だってのはわかったわ。つかさにこんな服着せるだなんて…許せない!」
超パズズ「いや…多分それは違うと思…。」
レイキュバス「いやそれにしても、強い奴だったぜ。あそこまで見境ない奴は、ゴルザ以来だが…。」
メビウス「怪獣たちは、何とかコスモスさんの力で助かりましたね。よかったです。」
コスモス「…あれは、間違いなくスコーピスだ。だが、私の戦ったスコーピスとは、まるで違う…。あの強い思念は一体…。種族って、どういうことなんだ…?」

再び、こなたの怪獣軍団に挑戦してきたバルサ巫女つかさ。彼女が次に連れてきたのは、かつて衛星ジュランを壊滅させた、怪獣兵器スコーピスだった。
しかし、スコーピスは主人であるバルサ巫女つかさをも攻撃し、その力はコスモスでも止められないくらいに強くなっていた。
このスコーピスは、以前のスコーピスと何が違っていたのだろうか?
スコーピスが叫んだ、我が種族とは、一体どういうことなのか?
コスモスの感じた、スコーピスの怒りとは何なのか?
それにしても、ティガが元に戻ってよかったよかった。

次回予告:第27話「新たなる光の使者との対決!」


ということで、今回登場した宇宙大怪獣とは、スコーピスでした~~!
皆さん多分、「え?何故にスコーピス??」とお思いだと思います。
その理由は、追記で!

で、あと前の話でのヒッポリト星人の新技ですが、それは「空き缶化ガス」でした!
いや、ちょうどDyDoの復刻堂から「ウルトラサイダー」が発売されていたもので、これは使わないワケにはいかないだろうとwww

P5100037.jpg
以前に秋葉原行った時に全部買ったんですよ(爆)
ラインナップは、初代マン、セブン、ゾフィー、ジャック、ティガ、メビウスの6種。
何の前知識も無く店頭で見かけて、おもわず吹きましたwwww
近々、第2弾としてエース、タロウ、ダイナ、ガイア(V2)、父、母が発売されるようですので^^
それも欲しいなぁ(笑)

P51000aa56.jpg
ジャック「これが発売されてボンボスが購入した…ということは、もしかして私たちもいずれ・・・?」
セブン「我々だけではないぞ。エースやタロウ、父さんたちももしかするといずれ…。」
ティガ「制作段階でボンボスさんから聞いて、ビックリしましたよ。私はやめてと言ったんですが…」
ゾフィー「うぅむ、こんなことでは、また私のヘタレ説が沸きあがってしまうではないか…。何とかして阻止しなければ…。」
ウルトラマン「うぅむ、それにしてもこれはすごいなぁ。どう思う?メビウス(ず太い声で)
メビウス「そ、そうですね…(兄さん、まだこの姿だったんだ…。いつまで続くんだろう…orz)」
[大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!]の続きを読む
  1. 2009/05/10(日) 23:06:08|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。