コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第18話「俺を忘れんな!年末の大襲撃!」

PC310001.jpg
ゴルザ「ウゴオオオォォ!年末だ!大晦日だ!一年で夜遅くまで起きてていい日、暴れ尽くしてやるぜ!」
メルバ「ちげーよ。一年で夜まで起きてていい日だよ。全くコイツは、何か特別な日があるとすぐこれだよ。本当に…。」
ガタノゾーア「ゴルザよ、それなら暗黒四天王を叩きつぶしてこい。ワシを差し置いて暗黒を名乗るあのふとどき者を倒しに行くのじゃ!行くがよい!」
ゴルザ「まっかせて下さいな!ウオオオオ!!」
メルバ「いや、あの、ガタノゾーア様…(もうイヤ)」

PC310004.jpg
アーマードメフィラス「フワッハッハ!やっと完全に実態化しましたよ私。いや、年越す前で助かりましたよ。あとはデスレム、グローザム、君たちだけですよ。」
グローザム「…ウゼェ。何だよ、自分たちだけ大きくなったからって、調子乗りやがって…!」
デスレム「まぁ、今小さいのは事実なのだから、やむを得まい。ここは耐えるしかなかろう。」
アークボガール「ギャハハハハハ!ちーびチービ!ギャーハハハ!」
デスレム「しかし、コイツはうるさいな…。こんな奴と年越すとか、嫌だ…。」

PC310005.jpg
ゴルザ「グオオォォォォォ!俺はゴルザだ!アーマードダークネスって奴がいた
ら出てきやがれ!今日は大晦日だから、朝まで暴れつくしてやるぜえ!」
アークボガール「何だァ?!お前らは!」
アーマードメフィラス「ほう、年末で忙しいというのに、いきなり土足で踏み込むとは…礼儀を知らない奴ですね。」
デスレム「こいつは…闇の超古代怪獣ゴルザと、超古代竜メルバだな?」
グローザム「おのれ!我らの皇帝陛下の闇の名前を奪う奴らめ!!」
メルバ「まぁ、冷静に考えりゃたしかに奴らも敵だし、ここは久しぶりに俺も本気になるか。よし!やっちまおうぜゴルザ!」

PC310007.jpg
ゴルザ「ウゴオオオォォ!くたばれぇ!」
ズゴン!
アーマードダークネス「ウグゥ!ナカナカヤルナ。ダガ我を止メルコトナドデキハセヌ!」
グローザム「アーマードダークネス!未完成だがダークネストライデントを使え!一発なら、レゾリウム光線を撃てるぞ!」
アーマードダークネス「オマエ最高!」

PC310008_2.jpg
アーマードダークネス「滅ビルガイイ!我ガ闇ノ力ノマエニ!」
ズガガガガーン!
デスレム「お前はバカか。奴は闇の怪獣だぞ。闇属性の攻撃なんかしてどうする。」
グローザム「え…!マジ?」

PC310009_2.jpg
ファイヤーゴルザ「ガハハハハ!もう炎とかそんなモン関係なくパワーアップしちまったぜ!でもいいや!ブッとばす!」
メルバ「俺も同じく、闇のパワーでエネルギー全快だ!ここいらで俺の実力を見せてやる!」
アーマードダークネス「ソンナバカナ!我ガ闇ノ力ガ…!」

PC310010_2.jpg
ファイヤーゴルザ「ウガアアァァァァ!!」
ガコン!ベキベキベキ!
アーマードダークネス「ギヤアアアアアアアアアアアアア!!」
グローザム「嘘っ?!アーマードダークネスが裂かれた?!」

PC3100111_2.jpg
アークボガール「ギャハハハハハ!!生意気な奴だ!こうなったら、年末最後の大食らい、貴様らを喰ってやる!」
アーマードメフィラス「私も、暴力は好きではないのですがね。今日は特別、再生したブレードの威力を試させてもらいましょう。」
メルバ「ゴルザ!俺はメフィラスをやる!テメェはアークボガールを任せたぜ!」
ファイヤーゴルザ「よしきた!テメェら!叩きつぶしてやるぜ!」

PC310012_2.jpg
アーマードメフィラス「バカめ。怪獣ごときが私に勝てると思っているのですか!」
ブンっ!
メルバ「バカはお前だよ!闇の力を手にした俺の素早さを、見るがいい!」
アーマードメフィラス「よ、避けただと?!」

PC310018_2.jpg
メルバ「実は使ったことのない俺の尻尾、こんな使い方もできるんだぜ!」
バキッ!
アーマードメフィラス「ォオオっ?!しょ、衝撃が鎧に響くぅ!」

PC310020_2.jpg
ファイヤーゴルザ「オラオラオラ!俺を食うんじゃなかったのかよ!食ってみろよ!」
バゴバゴバゴ!!
げしげしげし!!
アークボガール「痛い痛い痛い!く、口ん中叩くな!!ってか踏むな!!マジ痛いんだって!!」

PC310021_2.jpg
メルバ「よぅしゴルザ!年末だしいっちょいくかぁ!」
ファイヤーゴルザ「おうさぁ!」
どげん!
アーマードメフィラス「ウグッ!おのれ…!」
アークボガール「んぎゃっ!!お前どけって!!」

PC310022_2.jpg
ファイヤーゴルザ&メルバ「これが俺らの実力だ!ファイヤーメルバニックレイ!!」
ズガガガガーン!!!
アークボガール&アーマードメフィラス「ギヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

PC310023_2.jpg
メルバ「お前今日、いい仕事したぜ。」
ファイヤーゴルザ「てか、今日初めて俺らブログでタッグ技出したな。管理人の意向で、脚色されてたけど。」
メルバ「おまっ、ブログ言うな!」
グローザム「あ…ありゃヤベェな…。いくら管理人の意向とはいえ…。まるでレイオニックバーストみたいだな…。」
デスレム「お前がアーマードダークネスに槍なんぞ渡すからだ。バカめ。」
インペライザー「んなぁ、オラたち、こんな所で隠れとってええのか?オラなんだか、申し訳ないだよ。」
グローザム「いや、流石に縮んでる今となっては、自信ないよ…。それに相手はファイヤーだし。」
デスレム「いいのだよ。どっちみちあいつら、調子乗ってる所あったし。後で何か言われたら、その時にごまかすさ。」
インペライザー「うーん、何だかァ、結束ないだねこんば四天王は…。」

PC3100d01.jpg
ガタノゾーア「アッ、よく見たらカレンダー間違ってめくってたわい。」

それは、12月30日のことであった…。
しかし当然、ゴルザたちにとってはどうでもいいことだった。

次回予告:「俺を忘れるな第二弾!年始の迷惑大暴走!」


皆さんこんばんは。ボンボス稲葉です。
よく考えたら、今年もあと少しなんでしたね。
東京に来てもう八ヶ月。早いなぁ~。

今回のストーリー、まさかここまでエフェクトかけるとは思わなかった!!
描くの大変でしたよ…orz
未だに、マウスで絵を描くのには慣れていないので…。

さて今年は年末年始は東京で過ごすので、今年の年越しはカップ麺で行きます(笑)!
金もないし、茹でるヒマもないし。
正月は餅さえ食えればいいのさ(笑)!

では皆さん、どうぞよいお年を~^^
また来年も当ブログを、よろしくお願いいたします~~^^
[大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 19:00:30|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

今年最後の新商品~~♪

PC290002.jpg
はいどうも皆さん、ボンボスです。
世間は年末だということについ最近ようやく気づいたボンボスです(爆)
もうね、年末年始だとかクリスマスだとか、そんなん考えてる余裕なかったんですよ。ここしばらく。
そもそも、学校の課題のために年末年始も、実家へ帰れなくなりましたからね。
本当は、ちゃんと帰って家族ともども年を越すのが筋なんだけど…。まったくもって、親不幸もんですね。ボンボス。
でも、今やってる課題はちょっと自分への挑戦でもあることなので、家族には悪いけどここは休まず、頑張っていきたいところです。

さて、そんな年末年始ムード漂う中、今年最後の新商品Getなり!
買ったのは土曜日当日だったんですが、まぁいろいろやること済ましてからのレビューになりました。
本日紹介いたしますのは、ウルトラ怪獣シリーズEXゴモラ(レイオニックバースト)、タイラント、アーマードメフィラスです。

PC290003.jpg
まずは、ゴモラ(レイオニックバースト)。
通称、赤ゴモラです。
レイモンがバーストモードになったのと同調して、凶暴化したゴモラだそうな。
ゲームの中でレイオニクスパワーが貯まって、覚醒したあの状態を取り入れた設定なのでしょう。
造形は、あのヤフーショッピングで限定発売された、ギャラクシー版ゴモラの色変え。通常の姿が限定となり、覚醒モードが通常販売とは、また特殊な販売形式です。
普通なら、このレイオニックバーストこそが限定品になるんだろうに。

PC290004.jpg
まぁ、商品としては本当に、ゴモラが赤くなっただけ。
それ以上でも、それ以下でもない代物です。
Yahoo!でのギャラクシーゴモラを買い損ねた人にとってはでも、うれしい商品なのでしょうね。
リペイントすりゃ、すぐにギャラクシーゴモラになります(笑)。

と…、ちょっと待てよ??
赤いゴモラって、どこかで見たことが…




あっ!!

PC290001.jpg
いましたよ!
ファーストアタックキャンペーン版の、クリアレッドラメゴモラが!!!!!!!!(笑)


PC290005.jpg
次、タイラント。
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』にて新造形スーツで登場するのに併せ、通常ラインナップと別に新造形で登場です。
現行ラインナップで旧造形と新造形が同時生産てのも、見られない販売形式です。
個人的には、もっと他の怪獣をラインナップしてほしかったですが。それこそマグラーとかドラコとか…。
ますます、バンダイの意図がわかりません。

PC290006.jpg
でもこのタイラント、ソフビとしてはなかなかよくできてると思います。
確かに旧造形のタイラントに比べればリアルだし、意外にボリュームがあります。
それに思ったよりもサイズがデカくて、置いてて様になります。
尻尾が短くなければ、尚よしでした^^。

PC290007.jpg
でも、顔の造形はというと、それほどでもなく…。
これは、ソフビというよりはむしろ、着ぐるみに問題があるのかもしれません
ソフビ自体は出来がいいので。
このタイラント、顔は何となく漫画ぽくて、昔ほどのシャープさはありません。
目も昔の、ギョロッとした目じゃなく、凶暴性があまりない。
横ツラはいいんですけども、真正面から見るとなんだかへちょい…(何語?)
目が、いけないのかなぁ…。目の塗装をリアルにしたら、変わるのかも。
着ぐるみの活躍を見てないから、何とも言えませんが。

PC290008.jpg
そして次、アーマードメフィラス。
今年のウルフェスでスモーククリアソフビが限定販売され、それから約半年経て、通常版が出ました。
通常版出るのはわかってましたが、けっこう間空いたぞ(笑)

PC290009.jpg
限定品との違いは、何と言っても右腕でしょう。
右腕が、メフィラスブレードになってます。
これはむしろ、当然の処置ですよ。
限定品でブレードが無いの見た時は、「ハ?」思いましたし。
あと、鎧のシルバーも明るくなり、ブルーもメタリックではありません。
鎧の塗装は、前のがよかったかも…。

ダサいのには、変わりないんですがね(笑)


PC290010.jpg
しかしよぉ…もう当ブログでは本当にしつこすぎるくらいに言ってることでアレなんですが…。
ここまでラインナップしておきながら、何故グローザムとデスレムが出ないんでしょう…(涙)
もしかして、バンダイの軽い嫌がらせなのか…??
何か、怒りを通り越して悲しくなってきましたよ(苦笑)
もう、最悪の場合ロベルガーとまでは言いません。
頼むから、グローザムとデスレムを商品化してほしいものです。この際、誌上限定でも全然いいん
で…。

嫌な予感として、アーマードグローザムだけ商品化するとか、そんなバカなことは…ないよなぁ。

てなワケで、本日はウルトラ怪獣シリーズEX新商品の紹介でした~。


ちなみに、何でか知らないけどネットではもう

『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』オフィシャルサイト

もちろん、早速観ましたよぉ~。



なんつーかね、もう・・・・


すんごく燃えてくるんですけど!!!!

第3話でゼラン星人の再登場(しかも変な服着きwww)したのには、思わずビックリでしたよ^^何の事前情報もなかったもん。
あと、地面に突き刺さるアイスラッガーからレイが観たセ○ンの記憶のイメージ…、

炎の中で暗黒の鎧と○ブンの戦っている映像は、何を意味するんだ~~~~~???!!!(ネタバレ!)

アーマードダークネス、『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』がつまらんかったから好きじゃなかたんですけど、あーいう登場の仕方をされると…イメージupなんですよね~(笑)
単純だなぁボンボス。

もうこりゃますます。次回が楽しみでごわす!

でも、こういう先行配信の短所としては…早く観れる分、次回までの時間が長くなるということ
待ちきれないよ~~~~!!!
  1. 2008/12/30(火) 01:06:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第17話「広がる波紋」

PC240040.jpg
ペロペロ
はむはむ

カブトザキラー「やや?ハリュヒの奴、飴なんかなめてやがる。おかしいなぁ、あいつに飴なんかあげた覚えないんだが…。」

PC240043.jpg
カブトザキラー「おぃハリュヒ、その飴どうした?」
ハリュヒ「あっ…。」
サッ
カブトザキラー「いやいや、別に取ったりしないよ。」
ハリュヒ「は、ハリュヒ、悪いことしてないもん…。これ、もらったの。」
カブトザキラー「わかってるわかってる。お前は人のもの盗ったりはしないさ。もらったって、誰に?」
ハリュヒ「あのね…、魔法使いのお姉ちゃん。」
カブトザキラー「魔法使いのお姉ちゃん?何だそりゃ?」

それは、約一時間前のこと…

PC240054.jpg
ハリュヒ「あ…。」

PC240055.jpg
高町なのは「あっ、あった!」
ハリュヒ「あ、あの…。」
高町なのは「あなたが拾ってくれたの?」
ハリュヒ「ハリュヒ、これ拾ったの。わ、悪いことしてないの…。」

PC240059.jpg
高町なのは「ありがとうね。拾ってくれて。これ、お姉ちゃんの大切なものなの。本当に、ありがとうね。」
なでなで
ハリュヒ「あ、あの…。」
高町なのは「そうだ。お礼にこれあげる。どうぞっ。」
ハリュヒ「あ、ありがとうなの…。」
高町なのは「私、高町なのは。魔法少女よ。あなたのお名前は?」
ハリュヒ「ハリュヒ。ちゅじゅみやハリュヒ…。」
高町なのは「可愛らしい名前ね。ハリュヒちゃん、また会ったら仲良くしようねっ。」

PC240044.jpg
カブトザキラー「…へぇ~。今時いるもんなんだな、そんないい人。」
ハリュヒ「あのね、とても優しいお姉さんだったの。頭なでなでしてくれたの。」
カブトザキラー「よかったなぁお前、いい人に会えて。でも今回はよかったけれど、知らない人からあんまり物もらっちゃダメだぞ(ちょっと待てよ。よく考えたらハリュヒ、一時間も飴なめまわしてるのか…?)。」

PC24004g5.jpg
高町なのは「ハリュヒちゃん危ない!ディバイン・バスター!」
バシィン!
カブトザキラー「痛゛ーーーーーーーーっ!!!!」
ハリュヒ「お姉ちゃん!待ってなの!やめてなの!」

PC240047.jpg
高町なのは「…本当にごめんなさい!私てっきり、ハリュヒちゃんを襲ってたのかと…!」
カブトザキラー「いや、まあいーんですけどね…。俺、悪役だし。ヤプールの超人だし。」
ハリュヒ「でもねお姉ちゃん、カブトのおぢちゃんはとてもいい人なの。」
高町なのは「ヤプールって、あの異次元人のヤプール?」
カブトザキラー「あれ、知ってるんですか?」
高町なのは「ええ、M78星雲の宇宙警備隊から聞いたの。とても凶悪な異次元人で、レイオニクスバトルにも関与しているから注意しろって。」
カブトザキラー「まさか…、噂には聞いたことがあるが、あなたがM78星雲に協力してるという、魔法少女のエースか?!ならあなたは俺の敵というわけか!」

PC240049.jpg
高町なのは「…。」
カブトザキラー「どうした?攻撃しないのか?」
高町なのは「攻撃だなんて。あなたはヤプールでも、とてもいい人だもの。攻撃なんてしないわ。」
カブトザキラー「いい人だと?何故…。」
高町なのは「わかるわ。だって本当に悪い人なら、ハリュヒちゃんと一緒にいたりしないもの。」
カブトザキラー「…」
高町なのは「あなたはとてもいい人だって、私は信じてる。だから、私はあなたには攻撃しません。安心して。そうだ、私とお友達になりましょ。私、高町なのは。」

PC240050.jpg
高町なのは「ど、どうしたの?」
カブトザキラー「…い、いや、すんません…(涙)。俺…、俺今まで生きてきて、こんな人に優しくしてもらったの、初めてなんすよ…(涙)。ヤプールの本部じゃあ先輩に毎日イジメられるし、上司のヤプール様もそれを助けてくれないし…。大怪獣バトルではスーパーコンボも再録されて安物扱いで、それで他の超獣にもいつもバカにされて友達なんていなかったし…。俺、おれ…(涙)。」
高町なのは「まあ、そうだったの…。つらかったのね。でも大丈夫。あなたにはハリュヒちゃんがいる。それと、私も今からあなたのお友達よ。」
ハリュヒ「おぢちゃん、泣かないで…。」
カブトザキラー「な、なのはさん、ハリュヒ…(涙)」

PC240051.jpg
ツインテール「………………………。」
グリーンツインテール「あ~りゃま、こらまたなんと…。」
ツインテール「…殺す!!!!」
グリーンツインテール「いや、待てまて待てまて。今はやめとけ。今あの魔法少女の前で暴れたりなんかしたら、お前が真っ先に攻撃されて嫌われるぜ。男ってのはな、ここぞって時に我慢するもんだ。」
ツインテール「おのれヤプールの新米野郎が、よくもオイラのなのタンに…。このままじゃすまさないぞ!」

PC240052.jpg
エースキラー「ほぅあの野郎、任務ほったらかしであんなところでいちゃついてやがるぜ。よ~し、アイツしばき決定!」
バキシム「別に任務とかなんにもないだろうがよ。お前ただあいつをぶん殴りたいだけだろ。」
エースキラー「知らねぇな。汚らわしい人間なんぞといちゃついてる奴が悪いんだ。ようし、しばらくは甘い夢を見させてやるか。その幸せに浸りきった時に襲い掛かって、不幸のどん底に突き落としてやるぜ!」
バキシム「何か、ハタから見てるとやきもち焼きにしか見えないな…。」

PC240053.jpg
ギギC「ギギギギギ。さ、作戦大失敗じゃないか!何が涼宮ハルヒの怒りを利用するだ!むしろ、涼宮ハルヒと何の関係もないじゃねぇか!」
ギギA「ギッギッギッ。これは…まいったな。なんか、涼宮ハルヒからどんどん遠ざかってる…。これじゃあ、あの小さなハルヒを呼び出すのに使った30万円が無駄になっちまう…。」
ギギC「おま、そんな金かけてたのかよ!」
ギギB「ギィーッギッギッギッ。しかし、あの横にいるのはヤンギレ魔王、なのはだ。それに、さっきから近くで騒いでいるヤプールとかの連中もうるさいな…。」
ギギA「…あっ!今頭ん中で繋がった!すっげぇいい計画を思いついた!よ~し…、あのヤンギレ魔王とヤプールの連中を上手く利用してやるぜ。そしたら…ギッギッギッギ!」

ちゅじゅみやハリュヒとカブトザキラーに、新たな心のよりどころが出来た。
しかしそれは、新たな戦いの波紋を呼ぶことになってしまった。
彼ら3人は、果たして平穏な生活が出来るのか?
そして、ギギAの思いついた、新たな作戦とは何か?

次回予告:第18話「俺を忘れんな!年末の大襲撃!」

補足として、ハリュヒのなめている飴は、コーラ味と理解してください(笑)
何気に、なのはのfigmaを触ったのが久々だったりします(爆)
ちなみに…ディバインバスターのグラフィックが違うのにはどうかツッコまないでください。すんません。
だって…なのはシリーズ観てないからわかんないんだもんっ(汗)

さて、次回タイトルは決まったもののストーリー何も考えてねぇ(笑)
そして…、年賀状の用意今日中にできませんでした~!
もう、元旦に間に合わせるのは諦めよう…。
でも何気にボンボス、今まで元旦に間に合わせたことないです。年賀状。(確か)
  1. 2008/12/25(木) 01:54:58|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第16話「怪獣恋物語」

PC240024.jpg
デマゴーグ「ヤター!初音ミクちゃん7等身化、大成功だぜ!俺天才!」
初音ミク「これで、体の芯から歌えます~♪ラーララ~♪」
モンスアーガー「はぁ、そりゃよかったねぇ。さてと、第4弾でカード出してもらうよう、バンダイに手紙出さにゃ。」
バゾブ「なぁお前ら、いい加減ネオジオモスがさっきからあそこでひとりでボーッとしてるのにツッコんでやろうぜ。」
デマゴーグ「えー?しょーがないな。聞いてやっか。」

PC240025.jpg
デマゴーグ「おいネオジオモス。どうしたよ。」
ネオジオモス「…ぉぅ。」
バゾブ「元気ねぇな。珍しい。」
ネオジオモス「…なぁ、俺ってさ、男としてどう思う?」
デマゴーグ「何だそりゃ。」
ネオジオモス「いや、俺さ…、腹割って話すると、その、今ある娘が…。」

PC240036.jpg
ネオジオモス「その、この前俺、今噂のSOS団て連中と戦ったんやけど、そん時長門有希っちゅー奴にやられてんけど…。俺、その娘に蹴り喰らった瞬間に、なんちゅーか…響いてしもうてん。なんか、心にこう…」

PC240026.jpg
モンスアーガー「ブッ(笑)お前まさか恋とか言うんじゃねえだろうな!」
デマゴーグ「ぎゃははは!笑わせてくれるぜ!お前がそんなに純情だったとはな!」
グロいガメラ「あはははは。」

PC240027.jpg
ネオジオモス「何笑っとんねんお前!調子乗ってんちゃうぞコラ!!」
バゾブ「うん、今のはグロいガメラが悪いな。」
モンスアーガー「しかし、こりゃ傑作だぜ。俺らヒッポリト怪獣軍団1番の荒くれ者が、実は恋する純情少年だったとはな(笑)」
初音ミク「皆さ~ん、笑わないであげてください♪恋はとても、素敵なものです♪皆さんで、応援してあげましょう♪」

PC240029.jpg
デマゴーグ「そうだな。まがりなりにも、こいつは俺らの仲間なんだからな。一肌脱いでやろうぜ!」
ネオジオモス「ちょ、頼むわ!俺だけやったら、何て声かけたらええんか、わからへんねん。」
バゾブ「ちょうどいいじゃん。今ここに唯一の女の、初音ミクがいるじゃねーか。」
初音ミク「あ、でもミクも実は恋したことないです♪歌が私の恋人です♪」
ネオジオモス「何や、使えへんやっちゃな…。」
初音ミク「あっ…、でもでも、ミクはよく恋の歌を歌います♪そうだ、素敵な歌をプレゼントするのはどうでしょうか♪」
モンスアーガー「歌ねぇ、今どきそんなもんで惚れてくれる女なんて、いねーだろ。」
バゾブ「いや、でも試してみる価値はあるぞ?よし、ここはいっちょ、皆さんで一丸となって、素敵な歌を考えてやろうじゃないか!」
ネオジオモス「ちょ!皆頼むわ!」

しかし、恋愛とは程遠い彼ら全員が納得するラブレターを作り出すのは、容易なことではなかった…。

PC240030.jpg
バゾブ「ちげーよ!そんな単純な文じゃダメだよ!こういう恋文ってぇのはな、芸術的かつ情緒的に、遠回しにだな…!」
デマゴーグ「バカか!気持ちってのは真正面からストレートにぶつけるもんだ!好きなら好きと一言!直球勝負だ!」
バゾブ「バカとは何だバカとは!お前ケンカ売ってんのか!」
モンスアーガー「いーから早く決めろよ!こちとらバンダイへの再録申し出を休んでまで来てやってんだからな!」
初音ミク「皆さ~ん!ケンカはいけないです~♪歌はメロディとネギが大事です♪まずは思ったメロディを口ずさんで…」
ネオジオモス「お前ら~!頼むから真面目にやってくれや!!」

そして…

PC240031.jpg
ネオジオモス「ウオォォォ!!出来上がったぞおぉぉぉぉ!!」
モンスアーガー「いつもより頭使ったから疲れた…。寝る…。」
デマゴーグ「あとは、これを渡すだけだ!さあネオジオモス!時は来た!今こそお前の気持ちを手紙にのせ、思いっきりぶつけてこい!」
ネオジオモス「ありがとうやで!ちょ、マジ、俺行ってくるわ!!!」
初音ミク「頑張って下さい~♪ミクも心から歌って応援してます~♪」
バゾブ「そうだ!これは、勇者になる旅の始まりなのだ!今こそ踏み出せ!その一歩を!しかし、グロいガメラの野郎、見送りしないで何処行った?!」

PC240032.jpg
ヒッポリト星人「何やってんの?お前ら。」
デマゴーグ「おぉ、ヒッポリトのダンナ。いや、聞いてくれよ。実はネオジオモスの野郎、あの長門有希に惚れちゃってさ。今しがた、手紙持って告白しに行っ
たんだよ。」
初音ミク「私も考えてあげたんです♪とても喜んでました♪ミクも嬉しいです♪」
バゾブ「久々に、明るいアイツを見れたぜ。」
ヒッポリト星人「へぇ~。…そういや、さっきグロいガメラの奴が、長門有希と一緒にいるのを見かけたぞ。」
一同「え?!?!?!?!」

PC240038.jpg
ネオジオモス「……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………」

PC240039.jpg
ネオジオモス「お前ゴルァ何やっとんね…!!!!!!!!!!」
ドバキィン!!!
ネオジオモス「おわぎゃあぁっ(涙)!!!」

こうして、ネオジオモスの初恋は終わったのだった…。

次回予告:第17話「広がる波紋」


はいどうも。ボンボスです。
さて今年もやってきましたね。クリスマス。
皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか??
ボンボスはもちろん、お仕事に励むクリスマスを過ごします(笑)

さて今年のクリスマスですが、当ブログでは毎年やってるクリスマスイベントとは趣向を変えまして、『大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!』2話分を2日連続でお送りしたいと思います!
まぁ何でかとその理由を言っちゃうと、単にクリスマスの小道具がないだけという…(爆)
というコトで、今日のはその1話目でした~。

明日25日のお話は、あのキャラとあのキャラが登場します^^(わかんねwww)
  1. 2008/12/24(水) 03:24:19|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

クリスマス…前線

PC190028.jpg
皆さんどうも、ボンボス稲葉です。

えー、PS2のソフト、「Fate/unlimited codes(フェイト/アンリミテッドコード)」を買ってしまいました。
CAPCOM|Fate/unlimited codes フェイト/アンリミテッドコード 公式サイト

目標はもちろん、SP版ボックスに同梱のセイバー・リリィのfigma!
それと合わせて、実は先週にもfigmaのセイバーを買っていたり(笑)
本当はセイバーまだ買う気なかったんですけど、このセイバー・リリィ見たら欲しくなって、そしたら通常版も欲しくなってという悪循環で…(爆)
いつかは欲しいとは思ってましたので。
ということで本日紹介いたしますのは、figmaのセイバーとセイバー・リリィです。

PC110007.jpg
セイバー「問おう。貴方が私のマスターか」

まずは、通常版のセイバーです。
前っから、カッコいいと思ってましたfigmaのセイバー^^。
今まで関節可動のセイバーのフィギュアって、妙にリアルな顔だったりとか、リボルテックのは若干デフォルメすぎたりしたので何とも納得いくのがなかったんですよね。
でも今回のfigmaは、さすがfigmaクオリティというべき出来!
今までの中では、一番アニメの雰囲気が出てると思います。
リアルすぎず、デフォルメすぎずって感じ。
それでいて関節はフレシキブルに動くので、おもいきって遊べます。

PC110008.jpg
付属パーツ的にはまず、通常のすまし顔。
そして、先ほどの写真のストレートな前髪と、このなびいた前髪パーツ。
それとカリバーンです。
今回のfigmaですごいのが、エクスカリバーとカリバーンの2丁の剣には鞘がついているということ!
以前紹介したリボルテック版には、鞘がありませんでしたからね。
あと、持たせる時も前のリボルテックでは、手首パーツの穴にひっかかりやすかったんですが、figmaではすんなりと持たせられます。
これでより、遊べます!

PC110011.jpg
ちょっと剣が曲がっちゃってるのは、最初からorz
このセイバーにも、いつもどおりの表情変えパーツがあります。
まずはこの、横を睨んで悔しそうに歯を食いしばっている表情。
相手の攻撃を受けて、「クッ」となってる表情でしょうか。
この表情、ボンボスすごく気にいってます^^
カッコいい!
どんな苦境にも負けない、セイバーの芯の強さが現れている表情です。

PC190038.jpg
もうひとつのパーツは、反対を睨んで大きく叫んでいる顔。
これもカッコいいです!
こっちは、まさに相手に切りかかろうとしている瞬間の顔ですね^^
しかし、今日は中々カッコよく切りかかるポーズが思いつかないなぁ…。
可動に関しては、まず肩の膨らんだ軟質パーツが正直邪魔(笑)
あと腕の甲のパーツも、意外と動きに干渉します。
しかし下半身は、軟質パーツとの併用でよく動きます!
スカートの下側の白いパーツも別パーツで、動くので空いてしまった隙間を防げます^^


PC190025.jpg
で、こっちが昨日買ったゲームに付属の、セイバー・リリィです。
どうやら新しいゲームに登場する新キャラらしいです。
どういう経緯で登場するのか、どんなキャラなのかはわからないですけど(爆)
いやー、こっちはカッコよく可憐でキレイです!
なんつーか…惚れましたよ(*^^*)
白い色がキレイなのと合わせて、銀色部分が通常版よりもメタリックになってます。
さらに高貴なイメージです。

PC190035.jpg
これは、ゲームのパッケージにもなってたポーズの再現です。
なんつーか、ふわっとなるイメージですね。こっちは。
動きにも、ムダのなさそうな感じです^^
可動に関しては、腕についてる大きくふくらんでる袖パーツが干渉して、あまり腕を内側に寄せることができません。
足の可動は、通常版同様よく動きますけど。
スカートも軟質パーツとの併用で、干渉しませんし。

PC190030.jpg
顔パーツは、左を睨んだのと、右をなやましく見つめるちょいエロな顔パーツとがあります。
そして、これが店の告知でやたらと見かけた、「背中がエロい」の背中!!
アレですね。よく舞踏会とかに出てきそうな背中露出のドレス。
こんなの実際にいたら、こりゃドキドキもんですよ(爆)
そして、この背中のキレイさを保つべく、台座の差込穴は腰に変更されてました。
それと、台座も差込式の他に、ジョイント部分を変更して胴体を挟み込む形式のもあります。
固定できず、使えませんが。

PC190031.jpg
しかし!背中よりもエロいのが、足!太ももです。
なんと!!ガーター式になってるのです!!それも、ベージュ色・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・正直、見た時は頭ん中が○×△□となりましたね(爆)
ヤバイです…。グッスマは、ボンボスを殺す気だとわかりました(爆)

しかしとにもかくにも、やはりfigmaは出来がいいなぁ。
今回のセイバー・リリィは、特に塗装の乱れとかもなく、とてもいい印象でした^^
あ~、この流れであと、セイバーオルタも出ないかなぁ…。
リボルテック、関節はヘタれるし今見たら造形もまるっこいし、微妙なんですよね。
もし出たら、即買いなのに…。

ちなみに、購入後、フィギュア開封の後にゲームソフト本体は即刻売却したというボンボス。
だってボンボス、プレステ…っつーかゲーム機全般持ってませんから

ゲーマーの皆さんゴメンなさいです(汗)


ということで、本日はfigmaのセイバーとリリィでした~。


PC190039.jpg
と、これを紹介し忘れました^^
今、figmaでクリスマスフェアやってるのを知ってます?
対象のfigmaを買うと、figma専用のサンタ帽子とケープが付いてくるんですよ!
ボンボスはセイバーを買った先週にもらいました。
開けてみると、帽子はハルヒやらき☆すた専用の大きいバージョン。
セイバーやなのは用の小さいのは、当たりませんでした。

そこで…、このサンタ帽子がどれだけ似合うものなのかを、ウチのSOS団たちに試してもらいました!これはでは、追記でどうぞ~♪ [クリスマス…前線]の続きを読む
  1. 2008/12/19(金) 22:44:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第15話「戦慄の怪獣食堂」

ここは、怪獣食堂。
人間たちにより食生活の乱された怪獣たちが集まる、憩いの場所である。
レイモンの妹である上原瑞希はここでアルバイトをして、その美味しい料理は怪獣たちの評判を受けて、今では人気の看板娘となっていた。
しかし、なにぶん客層もオーナーも怪獣なので上原瑞希は毎日苦労していた…。

PC170024.jpg
グランゴン「いや~、今日も頑張ってるねぇ瑞希ちゃん!関心かんしん!今日も溶岩ソースのムニエル頼むよ!」
ネロンガ「若いのに頑張ってるなぁ。あ、俺もいつもの。電気カレー、特盛で!」
ゴメス「俺テレビに42年11ヶ月ぶりに復活だかんね!地底産モグラの厚焼きステーキ、お願いな!」
リトラ「何だいなんだい。どいつもこいつも瑞希ちゃん瑞希ちゃんって。」
上原瑞希「あわわわっ、今作りますからもうちょっと待ってください~(汗)。」

PC170025.jpg
ネロンガ「バリバリ、ウマー!!たまんないねぇ!歯茎の間のこの刺激!」
グランゴン「瑞希ちゃん、将来イイお嫁さんになれるよ!俺が保証するぜ!」
ゴメス「こんなにウマけりゃ、お店開けるんじゃないか?独立してさ。毎日来るよ!」
リトラ「チクショウ。ガスがないから、火を起こしてるのはいつも俺なんだぞ。それも知らないで、どいつもこいつも…。」
上原瑞希「わぁ、ありがとうございます。私も、褒めてもらって嬉しいですっ。」

PC170026.jpg
グドン「うぉい、帰ったぞ!サボってねぇだろうな!」
上原瑞希「はわわっ、お帰りなさい、オーナー(汗)。」
グランゴン「クソッ、いい所で帰ってきやがった。怪獣食堂のくそオーナーめ…。」
グドン「ぁあ?!何だァ?てめぇらろくな客でもないくせに。」
上原瑞希「お、オーナー、お客さまにそんなこと言っちゃ…。」
ゴメス「ったく、帰ってきた途端コレだよ。店の雰囲気ぶち壊す経営者って、どうなんよ…。」

PC170027.jpg
グドン「おい瑞希!何だこりゃ!テメェ何勝手にメニューにないもん出してんだ
よ!ウチは食材はツインテール、無けりゃエビ使えってんだろ!」
ネロンガ「あっ、俺の電気カレー…(涙)」
上原瑞希「きゃっ、こ゛めんなさい…。でも、同じメニューばかりだったら皆さん、その、栄養も偏るかもしれないと…。」
グドン「ァア?テメェ、バイトのくせに経営方針に口出す気か?!ウチの売りは、常に新鮮なとれたてツインテールだってのを忘れたのか!」

PC170028.jpg
グドン「てことで、今日のメニュー作り直しだ!さあ、今すぐこのツインテールをさばけ!」
上原瑞希「でっ、できません~(涙目)。こ、こんな大きいの…。」
グドン「ハア?テメェ、この最高級の食材にケチつけんのか!!テメェ、レイモンの妹だからって、調子乗ってんじゃねえぞ!早ぅ切れ!できねぇんなら、今すぐやめちまえ!」
上原瑞希「う…、グスッ、えぐっ…ウアーン(泣)」

PC170029.jpg
ドゴォ!
ゴメス「おいグドン!てめぇさっきから黙って聞いてりゃ勝手なことばかり言いやがって!」
ネロンガ「そうだぞ!瑞希ちゃんは真面目に働いてるんだ!メニューだっていっぱい考えてくれて、ツインテールツインテール言ってるお前なんかとは違うんだよ!」
グランゴン「そうだ!謝れ!てかお前こそやめちまえ!」

PC170030.jpg
グドン「ふざけんなテメェら!テメェらが飯食えてんのは、誰のおかげだと思ってんだ!こちとら忙しい中飯喰わせてやってんだ!ありがたく思いやがれ!」
ネロンガ「アッ!!この野郎!テメェそれでも経営者かよ!」
グドン「やかましい!今の世の中、消費者が調子乗ってんだよ!こっちが下手(したで)に出てりゃいい気になりやがって!」
ゴメス「何言ってんだお前!全然下手(したで)じゃねぇじゃねえか!」

PC170032.jpg
グランゴン「消費者を敵に回したらどうなるか、思い知らせてやる!」
ツインテール「くそ!食われてなるものか!資本経済界で食いつぶされる者の怒り、見せてやるぞ!」
上原瑞希「グスッ、ぐすっ…。お兄ちゃあん(泣)」
レイモン「まったく、困った奴らだなぁ。リトラ、お前が行ってやれ。」
リトラ「俺?嫌だね。あんな訳わからん言い争いに首突っ込んでケガしたら、アホらしいだろ。なぁ、ゴモラよ。」
ギャラクシーゴモラ「あっ、ウン、そうだね・・・(リトラ、正義の怪獣なのに実は口悪いんだな…)。」

PC170033.jpg
グドン「食材は食材らしく黙ってろォー!」
ぐわーん!
ツインテール「あ~れ~!」
ギャラクシーゴモラ「アッ!すごい!グドンとツインテールが新技を編み出した!!」

これが、『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』における、グドンとツインテールのタッグ技「スリングスマッシュ」の生まれた経緯であると言われている…。

次回予告:第16話「怪獣恋物語」


本当であれば、食事のシーンはミニチュアを使いたかったところです(><)全て実家に置いて来たもので…。
しかし、ウチにいる怪獣たちは皆口が悪いですなぁ(笑)
カンベンしたってください。

さぁ次回も、怪獣主役のお話ですぞ!

しかし久々に、上原瑞希ちゃんをいじりました。
相変わらず、可愛い娘です(惚)

さて、以下の文章には『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第1話のネタバレありです!ご注意!! [大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!]の続きを読む
  1. 2008/12/17(水) 19:35:36|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:70

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第14話「暗黒宇宙皇帝復活計画」

衛星ジュランを襲ったアーマードダークネスは、香港帰りのウルトラマンに敗れた後命からがら暗黒四天王の元に逃げた。
香港ウルトラマンがそれを追って迷子になっている中、ウルトラマンコスモスとメビウスは、ウルトラセブンから聞いた、アーマードダークネスの秘密を握るという人物の基に急いでいた。

画像 001
メビウス「どういうことなんですか?」
コスモス「何がだい?」
メビウス「何って…アーマードダークネスを倒さなくてすむ方法って、さっき言ったじゃないですか。あれは、どういう…。」
コスモス「うん。メビウス、君は意識と心の境目を決めることは出来るかい?」
メビウス「えっ?そ、そんなこと急に言われても…。」
コスモス「あの鎧は、自我、つまり意識を持っている。本来なら、無機物なのに、だ。それは、例の暗黒宇宙皇帝の残留意思、それと、あの鎧自身が持つ装着者を求める意思だ。でもそれを、単なる意思として片付けてしまって、いいと思うかい?」
メビウス「そ、それはどういう…。」
コスモス「私はね、あの鎧の持っている意思は心、もしくは心になろうとしていると思うんだ。そして心があるということは、その下に命がないとも限らなくなる。もし彼が心を持つかその可能性があるのならば、その心に呼びかけることもできるんじゃないか。私はそう思うんだよ。」
メビウス「でも奴は…暗黒の鎧です。邪悪の思念しか持たない存在なんです。そんなこと…。」
コスモス「メビウス、心を否定してはいけない。心、命とは、我々が思っている以上に、目に見えないものなんだよ。」
メビウス「・・・・・・・・・・・・」

画像 002
メビウス「着きました!セブン兄さんの教えてくれた人…って!?め、メトロン星人?!」
メトロン星人「やぁ、どうもどうも、M78星雲の若者。それと…コスモスだね。」
コスモス「やぁ、メトロン星人。どうしたんだい?その傷は。古傷でも痛むのかい?」
メトロン星人「いや、まぁね。前エステにも行って肌なおしてもう大丈夫だと思ってたんだけど、この前マラソンしてたら傷口がパックリ開いちゃって(笑)。それでまた手術したんだ。もうね、一気に中身出てきちゃったよ(笑)」
メビウス「い、いきなりリアルな話をしないでください!!」

画像 003
メトロン星人「なるほど。アーマードダークネスについて…か。まぁ、遠くからわざわざやってきてくれたんだ。話してやろう。まぁ、お茶でも…。」
コスモス「いただくよ。」
メビウス「…(汗)。そ、それで…アーマードダークネスはどうして復活したんだ?!」
メトロン星人「せっかちだなぁもぅ…。そんなの、蘇生させられたからに決まってるだろう。グローザムとデスレムたち、四天王だよ。」
メビウス「し、四天王が?!まさか、奴らが?!」
メトロン星人「いちいちうるさいなぁ…。ほら、今レイブラッド星人が復活しようと、レイオニクス・バトルが起きてるだろう?そのエネルギーを得て、彼らも復活したんだよ。それだけさ。」
コスモス「しかし、よく鎧も蘇生させたな。」
メトロン星人「いやぁ、簡単だよ。あの鎧の元になるレゾリウムなんて、暗黒宇宙にゃゴロゴロしてるからな。」
メビウス「れ、レゾリウム?!アーマードダークネスがレゾリューム光線を放てるのは、そういうわけだったのか…!」
メトロン星人「そゆこと。ちなみにエンペラ星人の体につけてる物質もソレだよ。」

画像 004
コスモス「聞きたかったんだが、何故アーマードダークネスは、装着者を求めるんだ?」
メトロン星人「そりゃね、アンタらも内臓がないと嫌だろ?そもそも“エンペラ星人のために”って四天王が作って、その意識も盛り込んだんだから、思念があるのは当然だよ。まぁ、アーマードダークネスは意思はあっても正直、知能までは高くない。だから、中身を埋めるのは誰でもいいんだ。」
メビウス「今、エンペラ星人が復活するかもしれないって言われているんだ。もし、復活でもして鎧を着たりしたら…!」
メトロン星人「あ、それは大丈夫。エンペラ星人はアーマードダークネスを着ないよ。」
メビウス「え?どうしてそう言いきれるんだ?」
メトロン星人「じゃぁエンペラ星人は、何で地球を襲った時にあの鎧を着なかったんだ?」
メビウス「え、そ、それは…。」
メトロン星人「エンペラ星人はね、もう自分が十分強いって思ってた。だから鎧なんてのは奴にとっては蛇足なものだったんだ。だからもし、エンペラ星人が復活したとしてもアーマードダークネスをまとうことはまず無いから、安心したまえ。」

画像 005
メビウス「ということは、四天王はエンペラ星人の復活をも計画しているのか?!」
メトロン星人「まぁ、そうだろうね。でも果たして彼らだけで、復活させられるかどうかね。」
コスモス「出来ないというのか?彼らには。」
メトロン星人「…ここだけの話、エンペラ星人復活にはある連中が必要だ。それは、11使途という奴らだ。」
メビウス「じゅ、11使途…?初めて聞いたけど…。」
メトロン星人「11使途とは、宇宙に散在するかい…、いや、これ以上は言えないねさすがに。その11使途が一堂に会する時、世界の暗黒空間の釜が開くといわれているのだ。でもその11使途も今じゃ、宇宙とか異次元とかに散らばりきっているから、まず集まることもないよ。それに誰も、その11使途が誰なのかも知らんし。」

画像 006
コスモス「ところでメトロン星人、アーマードダークネスは心を持っているかを、もしかしてわかるか?」
メトロン星人「ところでコスモス、君はもしかして、アーマードダークネスとの心を通わせようとと思ってたりするのかい?」
メビウス「コスモスさん…。」
メトロン星人「こういっちゃアレだけど…もしそうなのなら諦めな。悪いが奴は、君が相手したイゴマスやカオスヘッダーとは違う。キミは奴が、装着者を求めている所から心があると思っているようだが、“求める”なんてのは生物全般が普遍的に持つもんだ。だからそれイコール、心とはならんのだよ。」
コスモス「そうかもしれない。でも、ならば彼も“生きている”可能性だってあるわけじゃないか。生きている以上、どんな形であれ心はあるはず、もしくは心を持つことだってできるかもしれないんだ。その心に呼びかければ…。」
メトロン星人「そうか…。まぁ、そこまで言うなら止めはしないけどね。頑張るがいいさ。でもこれだけは言っておく。その道を選んだということは、君はこれから暗黒の茨を歩かなければならないのだ。そして、レイオニクス・バトルも絡んでくるから、君に降りかかる苦難はこれまでにならんものになる。その辺、覚悟しておけよ。」
コスモス「もちろん、私はそれも身を持って受け止めるつもりだ。」

その頃…

画像 008
グローザム「何でお前、手ぶらなんだよ!涼宮ハルヒを捕まえて来いって言ったろ!」
インペライザー「いや~、それが上手くいかんでなぁ。オラいろいろ探しただども、コスプレだっけか?似たような格好したんがいっぱいで、わからななんだよ。オラさすがに、それ全部連れてくる自信なくてだなぁ。」
デスレム「お前は…、コミケのコスプレ会場にでも行ったのかぃ。」
アーマードメフィラス「まぁ、よろしいではないですか。インペライザーは完璧なメカです。嘘は言わないでしょう。」
グローザム「まったく…、涼宮ハルヒを捕まえて、その力を利用して皇帝陛下を復活させようと思ってたのに…!奴ほど、利用価値の高い地球人もいないのだぞ!もし、他のレイオニクスどもにでも捕まえられたら…!」
巨大ヤプール「ウハハハハ!まぁ安心しろ!我らがヤプールも、あの涼宮ハルヒの連中を襲うつもりだ。捕まえた暁には、お前たちを超獣に改造して、我が支配下に加えてやる!」
デスレム「こいつ、前と同じこと言ってるな…。飽きない奴め。」
インペライザー「(フゥ、何とかキングジョーブラックのことはバレなかっただ。キングジョーブラックの方は、上手くいってるだかなァ?)」

画像 009
ドシュッ!
巨大ヤプール「グハッ!!」
グローザム「なっ?!何だ?!いきなり前ぶりも無くヤプールが刺された?!」

画像 010
アークボガール「よぉ、てめぇら。久しぶりだぎゃ。」
グローザム「アークボガール!!」
アーマードダークネス「ダ、誰デシタッケコノ人…。」
アーマードメフィラス「人じゃありませんよ。かつて我ら四天王の邪将だった、四天王唯一の怪獣、アークボガールですよ。あまりにも横暴で皇帝陛下にも従わないもんだから、除名されていたんですがね。」
デスレム「あと、やたらと皇帝陛下にもなれなれしくベタベタしてたからなのもあったな。」
アークボガール「ギャハハハハハ!何が除名だぎゃ!邪将は俺のもんだぎゃ!前っから、ヤプールがいんのは気にいらなかったんだぎゃ!ちょうどレイオニクス・バトルのエネルギー食って復活したんだぎゃ。今こそ、邪将の座を取り戻すチャンスだと思って、戻ったんだぎゃ!」

画像 011
アークボガール「おぅ!お前がアーマードダークネスだぎゃな?まぁ、仲良くしようだぎゃ!ギャハハハハハハ!」
アーマードダークネス「ウッ…!臭イ……!コノ人臭イ…(涙目)」
グローザム「そういやこいつ、ナマで怪獣食ってばかりで歯も磨かない奴なんだよなぁ。体全体で食ってるし。」
デスレム「だから、体中臭いんだ。昔っから、皇帝陛下に「お前は全身をモンダミンしろ!」って怒られてたのを思い出すな。」

画像 012
アークボガール「それにしても、お前らバカだぎゃ。地球人なんか使ったって、皇帝陛下を復活させられるわけないだぎゃ!」
グローザム「何?!どういうことだ!」
アークボガール「俺ぁ、宇宙旅していろんな怪獣食ってきて、情報集めたんだぎゃ!そしてわかったんだぎゃ。皇帝陛下復活させるためには、11使途ってモンが必要だってことをぎゃ!」
デスレム「じゅ、11使途だと?」
巨大ヤプール「だ、誰もいたわってくれないのはわかってたけど、いざ経験するとものすごく寂しいぜ…orz」

何故かレイオニクス・バトルにもエンペラ星人にもやたら詳しいメトロン星人から、アーマードダークネスの秘密を聞き出せたコスモスとメビウス。
だが、彼に言わせてもコスモスの願いは難しそうだ。
コスモスは本当に、アーマードダークネスと心を通わせることができるのだろうか?
そして、暗黒四天王の巨大ヤプールを倒して、アークボガールが再び邪将となった!
メトロン星人と、アークボガールが言っていた11使途とは、いったい何なのだろうか?

次回予告:第15話「戦慄の怪獣食堂」


また見事に説明話になったなァ~。
どうもメトロンを出すと、こうなる方向性があるもようです。このブログ。
ちなみに次回、タイトルからして当然ハズレ路線ではありますけど(いきなりネタバレ)www
その次回エピソードに必要な小道具、足りるかなぁ…。
最近時間と金もないから、あまり買えないんですよね。
実家にはいっぱいまだあるんですけど。
  1. 2008/12/11(木) 02:19:12|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!

第13話「EXレッドキング誕生秘話」

ゴルザの強襲を受けた地球怪獣軍団は、ジェロニモンの怪獣蘇生能力により、何とか急死に一生を得た。それからしばらくは、特に何も起きず、皆安泰な日々を送っていた。

奴が現れるまでは…。

PC020002.jpg
キングゲスラ「本当ですか!本当にボクも地球怪獣軍団に入れてくれるんですか?!」
テレスドン「いいんですか?仮にもコイツは、ヒッポリトの野郎に操られた怪獣なんですぜ?」
ジェロニモン「もうそれは忘れぬか。こやつは、れっきとした地球怪獣じゃ。ヒッポリトの奴に強化されたとはいえ、心が立派な地球怪獣なのなら、わしらはこやつを受け入れる義務がある。」
ゲスラ「ほら!ボクの言った通りだろ?ジェロニモン様は、怪獣に対しては誰よりも心が広いんだ!」
キングゲスラ「あ、ありがとうございます!ボク、一生ジェロニモン様についていきます…!」

PC020003.jpg
ゾンネル「大変だぁ~!またまたサドラがやられた~!ジェロニモン様!おねげーします!」
ジェロニモン「なんじゃと?!」
サドラ「な、何で俺こんな役ばかりかな…。」

PC020007.jpg
ジェロニモン「何?!赤いレッドキングじゃと?!」
ジラース「そりゃぁ、最近噂の改造レッドキングって奴だ!」
サドラ「ヤバかったす…。近付いたらいきなり、顔殴られましたから…。」
テレスドン「でもおかしいよなぁ。以前バルタンに改造怪獣が生み出されてから、俺ら怪獣が改造されないように管理を徹底してたのに…。」
レッドキング「もしかして…。」
ジラース「何だ!心当たりでもあるのか?!」
レッドキング「うん、実は…。」

PC020009.jpg
レッドキング「本当か?!本当に俺の女の子に弱いのを直してくれるのか?!」
スーパーヒッポリト星人「もちろんだ。君の生体データを取らせてくれればな。もちろん、データ採集は何の痛みもないし一切の料金も時間もかからない。データ採集中はジュースも飲み放題で、お得なサービスだよ。」
レッドキング「よし乗った!俺のでよかったら、いくらでも採集してくれぃ!」

レッドキング「きっと、あの時に俺の複製が生まれて、改造されたんだな。結局あれから約束の弱点を直すのもしてくれないし、電話しても繋がらないし、どうよって思ってたんだけど…。」

PC020008.jpg
げしっ!
レッドキング「痛゛ぇ!」
ジラース「バカかてめぇ!!何でそんなことするんだよ!!」
サドラ「そんなんで俺が怪我するなんて!許せん!」
ゾンネル「ジェロニモン様、どうしましょ…。」
ジェロニモン「全く、困ったもんじゃわい…!とりあえずレッドキングはそのまま罰を与えておくとして、スーパーヒッポリト星人め…!わしら地球怪獣を複製し利用するなどとは、何様のつもりじゃ!」

PC020011.jpg
キングゲスラ「スーパーヒッポリト星人、相変わらずな方法だなぁ…。ボクも、「チョコ3万年分あげるから」って言われて何ももらえなかったんだもん。」
ジェロニモン「何、そうなのか?何という詐欺師じゃ!我ら怪獣の純粋さを利用した、悪質な手段じゃ!許せん!」
ゲスラ「アレだよ。本当はアイツ貧乏なんだよ、きっと。」

その頃…

PC020012.jpg
スーパーヒッポリト星人「フフフ、実験は成功だ。かつてバルタンが行った生体改造の方法を盗み取って、よもやこうもすぐに成功するとはな。私のキング怪獣が皆逃げてしまったから、どうしようかと思ってたが。これからはEX怪獣を操り、レイオニクスどもを叩き潰しに…!」

PC020014.jpg
スーパーヒッポリト星人「…ど、どうした?な、何だその目は…!」
改造レッドキング「あのな、誰がEXレッドキングだよ。俺の名は改造レッドキングってんだろが!」
改造ゴモラ「同じくそれがしも、改造ゴモラでござる!EXというのは、レイモンと共に覚醒した奴につかまつりそうろう!」
スーパーヒッポリト星人「わ、わかったわかった…(チクショウ、頭の硬い連中め…)。とにかくだ、君らは元の地球怪獣とは比べものにならんくらいの力を持っている。その力で、この私を勝利に導くのだ…!」

PC020017.jpg
改造レッドキング「うるせぇ!俺たちゃ俺達のやりたいようにやるんだい!」
ドゴン!!
改造ゴモラ「その通り!それがしたちは、改造前の自分を倒し、真のレッドキングとゴモラになるのじゃぃ!」
ガブガブ!!
スーパーヒッポリト星人「あぎゃあぁぁぁぁぁぁ~~~!!!」

PC020018.jpg
バルタン星人「おやおや。ぶざまなもんだな。スーパーヒッポリト星人。我らバルタンの改造怪獣データを、盗んだりするからだよ。」
スーパーヒッポリト星人「くっ…、バルタン…。」
バルタン星人「だいたいキミは、怪獣への愛が足りないんだよ。自分を自分の道具だと割り切っているからな。キミのキング怪獣たちが映画公開後にキミから逃げたのも、ギャラのひとつもあげなかったからだよ。聞くところによると、“あげる”といったくせにあげなかったみたいじゃないか。それはダメだよ上司として。もっと、怪獣も大切にしてあげないと。」
スーパーヒッポリト星人「お前…、わかっててデータを盗ませたな…!」
バルタン星人「フォッフォッフォ。ご苦労だったな。教えてやろう。我らバルタンは、レイオニクスや他の者にEX改造怪獣を与え、ソイツにレイオニクス自身を倒させているのだ。何、我らバルタンはEX改造怪獣を操ってはいない。既にEX改造怪獣には、根本的に全てレイオニクスを倒させるようにしているのだ。我らは、宇宙からレイオニクスを守るのだよ。フォッフォッフォ。」
スーパーヒッポリト星人「れ、レイオニクスから、宇宙を守るだと…、おのれ…。」

PC020019.jpg
バルタン星人(ベーシカル)「なぁ、本当にこんなこと続けるのかい?私はどうも、気が乗らないんだが…。」
バルタン星人「まったく、何をいうかと思ったら…。これは、レイオニクスから宇宙を救う方法なんだ。レイオニクス同士が戦って誰かが生き残ったら、それこそレイブラッドの思うがままだ。だが、レイオニクスを単に倒そうとしても負けたら意味が無い。だったら、一番身近な奴に倒させるのが一番じゃないか。」
バルタン星人(ベーシカル)「でもそれじゃぁ、戦いの連鎖を止めることはできないじゃないか。もっとこう、別な方法を…。」
バルタン星人「キミね、まだそんなこと言ってるのかい。いくら、ウルトラマンコスモスに感化されたからって…。レイオニクスはレイブラッドの再生の器だ。レイオニクスを仲直りさせたって、レイブラッドが消えなきゃ意味が無いんだ。そんなこと言うくらいなら、レイブラッドにでも頼むんだな。」
バルタン星人(ベーシカル)「・・・・・・・・・(コスモス、キミはどうしているんだい…。この宇宙の危機に対して…)。」

大怪獣バトルで活躍しているEX改造怪獣の誕生は、バルタン星人がレイオニクス撲滅のために計画したものだった。
EX改造怪獣は、レイオニクスに完全に従わないようにプログラミングされている。
EX改造怪獣を用いた、バルタンのもくろみは成功するのか?
だが、かつてコスモスに父の亡骸を救われたバルタン星人(ベーシカル)は、バルタン星の作戦に疑問を消せずにいたのだった…。

次回予告:第14話「暗黒宇宙皇帝復活計画」


EXタイラント2体と、EXエレキング、発売されないかなぁ…www(唐突に)。
はてさて、もう12月なんですね。気づいたら。
あと4ヶ月で東京に来て1年になるのか~。早いのかなんなのか…(笑)
さて、次回のお話、また宇宙人サイドのお話になります。
本当は、もっともっと怪獣をいっぱいガツンガツン暴れさせたいんですけどねぇ…^^;
次回のその次は、もっと怪獣な話にしようっと。 [大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!]の続きを読む
  1. 2008/12/03(水) 01:14:12|
  2. 大怪獣バトル ANOTHER EPISODE NEO!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。