コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウルトラの母、格闘宣言?!

20071031013554.jpg


はいこんばんは。ボンボス稲葉です。
大怪獣バトル第4弾、遂に稼働しました!
今回は全部がキラカード仕様で、これまで応援カードにしかなかった技が、やっとノーマルの出せるようになったりと、嬉しい限りですな^^。
早速今日、やってみましたところ、キングジョーの怪光線のカードが!
マウントチョップ連打のカードしかなかったんで、これでやっと変化がつく!
さぁ次狙うは、キングジョーブラックとゼットンのカードです。

しかし、遂にボンボスは第3弾のゼットンのウルトラレアを手に入れることなく、終ったのでした…(号泣)
ちくしょう、相場で3000円も値つけんじゃねぇよ、まったく…。

てなワケで、本日のおもちゃ紹介と参りましょう。
本日紹介いたしますのは、食玩「プレイヒーロー VSウルトラマン対決セット 宇宙からの強豪編」です。
今回のシリーズ、ヒーロー側は全て過去商品の使いまわしです。
プレイヒーローシリーズの難点は、新番組がないとヒーローの新商品が出なくて、使いまわしのヒーローソフビがダブってたまっていくんですよね…。
怪獣が増えるから嬉しいけど、余ったヒーローソフビ、どうにかならんかなァ…。
てなワケで、今回は怪獣ソフビを中心に紹介します。

20071031014639.jpg

まずは、初代ウルトラマンAタイプと、宇宙怪獣ベムラー。
『ウルトラマン』第1話を再現したセット内容です。
ベムラーは大怪獣バトルでも活躍しまくってるので、商品化は妥当なところ。
しかし、分割部が首と尻尾だけってのが、なんとも…^^;
確かに腕はちっちゃいから、それ以外ではそこしかないだろうけどさ…(笑)
軽くジレンマなソフビですね。
でも、棒みたいな立ち姿&さわり心地なのが、気に入ってしまったボンボスでした。


20071031015239.jpg

お次は、ウルトラマンAとエースキラーです。
こちらも、大怪獣バトルにあやかっての商品化ですね。
エースキラーの商品化は告知では嬉しかったんですが、実際のソフビ造形は…。
首がねぇ!!
下あごがボディとつながってるから、そう見えるんでしょうけど…。
なんかバンダイのエースキラーのソフビでは、「これっ!」て感じのヤツに出くわせないですな、エースキラー…orz
あとせめて、右手に武器持たせてほしかったァ。
でも目にスジが入ってたりと、それなりの工夫はしてます。
このスジみた時は、嬉しかったァ♪

20071031015550.jpg

お次は、ウルトラマンダイナとネオダランビア。
ネオダランビアのリアルソフビ化は、コレが初では?!
ダイナの最初の怪獣はソフビ化されてないので、嬉しい立体化です♪
腕を横に広げず、前に突き出してれば、もっとよかったんですが。
このネオダランビアのセット、どうやら生産個数が少ないようで、巷ではレア化しているようですねぇ。
ボンボスも探すのに、苦労しましタ…。

20071031015818.jpg

で、ウルトラマンメビウスと宇宙剣豪ザムシャーです。
ザムシャーリリースってことは…、ミニソフビでも最終章のエンペラ星人との対決シーンが再現できる?!
実際よりもスマートさに欠いてますが、逆に威厳が出てるかも?
ウルトラ怪獣シリーズでは省かれた背中の鞘が、再現されているのもポント。
ただ、胴体と一括造形で、しかも胴体の分割と一緒に割れてますorz
コイツも、星斬丸があったら…(自作しろって?)。

20071031020201.jpg

今回の中で、唯一の対決セット内容でないのが、ウルトラマンタロウ&ウルトラの母のセットです。
前にウルトラの父がリリースされて、次は母出るか?と思ってたら…、本当に出ましたよ母!
しかも、タレ目で小口な昭和テイストの母です!
昔のウルトラの母が好きな人には、イイかもしれません。
でも、ウルトラヒーローシリーズの旧金型と同じく、手は握りこぶしなんだなァ…(何故そこを改善しない?バンダイ)
そして例によって、また背面無塗装!どんだけコスト削減やねん…!
でも、手足の銀はちゃんと塗られており、このため後ろから見るとスク水orレオタード状態(爆)!!!
ウルトラの母、エクササイズの真っ最中ですか(笑)?
でも握りこぶしなので女子プロレスラーにも見えなくもないんだよなァ(爆)。

20071031020812.jpg

ミニソフビで、家族が揃いました。
しかもどれも、初期の着ぐるみイメージのソフビなのがおもしろいです^^。

20071031021015.jpg

最後は、怪獣のラインナップのみで。
ラインナップとしては、ベムラーとネオダランビアがGoodでした今回。
とにかく、エースキラーにはもっとシャープさをかけてほしかったなァ…。つくづく思います。

てなワケで、本日は対決セットの最新作でした~。

ところで、前回言いました「ねんどろいどぷち」の涼宮ハルヒシリーズ、発売が延期になった模様。
サークルK・サンクスは11月下旬に、一般販売は12月らしいです。
うおぉ、長門大軍団との出会いが遠ざかる…orz
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 02:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さぁあと1週間で…

20071029010536.jpg

我が校の文化祭でございます。
大学生活、最後の文化祭です。
既に脱会した創作系サークルの後輩たちの展示を、楽しみにしております。
果たして彼らが、どのような作品を作っているのか、そしてどんなサービスをしているのか、誠に楽しみなのです。
え?それ以外?…ココだけの話、意識してませんでした(爆)。
いやだって、ボンボスがおそらく、中高含んでこれまで活動してきた中で最も楽しく、仲間も多くできたサークル活動でしたもん。
そして、去年の文化祭での展示が、サークルとしては最初の展示で、ボンボスにとっては最後の展示でした。

あぁ、あれからもう1年か…。
ってか、気づいたらもう最後の文化祭ですよ。
今回の文化祭が終れば、二度とそこには戻れない…。
後輩たちの展示が楽しみであると同時に、もっと文化祭ではしゃぎたかったボンボスでした…。

ぇえい!しみじみするじゃねぇか(汗)!
とりあえず、文化祭楽しみにしているぞ後輩たちよ!!

てなワケで、今日もそんなしみじみした気分をおいはらうためにも、おもちゃ紹介と参りましょう!
さぁ、今日もハルヒネタですよ!
TOP写真を見ると、なにやらハルヒがまた映画制作でもしているようですよ?
しかし、戦うウェイトレスのミクルが戦う相手は…??!!

本日紹介いたしますのは、HGIFシリーズの朝比奈みくると、キョンの妹です。

20071029011430.jpg

まずは、朝比奈みくる。
今月発売されたHGIFシリーズの第3弾のラインナップのものです。
HGIFシリーズの中では、やっとの制服です。
第1弾ではウェイトレスのコス、第2弾ではチアガールのものしかなかったので、ようやく!な感じのリリースですね。
ボンボス、実はみくるはどうにも好きじゃないんですが、制服バージョンで全キャラは揃えると決めていたので、買いました。
んで、これの別Ver.で、スカート脱いでるお着替えVer.というものもあるんです。
今回は、それは買ってませんが。
もともと、着替えVer.を意識しているポーズなので、このノーマルVer.だと何のポーズかわかんねぇな(笑)。

20071029011844.jpg

しかし、やはりみくるはSOS団の中のコスプレキャラ。
何かコスしたバージョンがいないと、ハルヒにどつかれそうだったので、第1弾のウェイトレスVer.も購入しました。
ちょうどショーウィンドウで、安くありましたので。
アレですね。
劇中のSOS団制作映画「朝比奈ミクルの冒険」での、戦うウェイトレスVer.です。
ポーズは、「ミクルビーム」を発射してるポーズ。
顔はノーマルVer.と困惑Ver.がありまして、今回は困惑顔をチョイス。
本当は、片目が青いとよかったんですが…。

にしても、このみくるのフィギュア、後ろから見ると大変エロい(爆)。
ミニスカが災いして、お尻丸見えやんか。
下着(パ○ツと呼ぶのに抵抗がある)の部分だけスカートでちょうど隠してるような形にはなってますが…、無理やりじゃね?
そういえば劇中でも、1シーン見えてましたね…。

20071029012349.jpg

さて今回の第3弾でのラインナップでの新キャラが、こちら!
キョンの妹です。
いやー、商品化されましたか妹!
登場話数は少なくても、立派なハルヒのヒロインとなってるんですね。
ちょうど、ランドセルしょって登校するシーンでも再現してるのでしょう。
キョンに、「いってきまぁ~す」とか言ってるんでしょうねぇ。

20071029012553.jpg

今回のこのフィギュアで感心したのが、このランドセルです。
見てみると、妹走ってるせいでなんと、ランドセル開きかかってるんですよ!
これはすごいぞ!このこだわりよう!!
いまさらながら、最近の美少女フィギュアに感動した瞬間でした(笑)。
あと、リコーダーケースまであります。
懐かしいなァ…。

にしても、キョンはこんな可愛らしい妹を高校生でありながら持っているなんて…。
なんだかキョンが羨ましくなってきたぞ(爆)?


20071029013022.jpg

さて、ウチに来たキョンの妹は、もうウチの部屋の連中と仲良くなったみたいですよ?
早速、チビWoOたちを連れ出して、はしゃぎまわってます(笑)。
もしかして、すりこみ成功したのか?

20071029013211.jpg

で、気づいたらハルヒのフィギュアがここまで溜まりました。
いやー、集めたなァ。
美少女フィギュアでここまで買い集めるのは、バンプレストの「メイドカフェコレクション」以来だぞボンボス。
でも12月には、待望の第4弾!
あのキョンが制服姿で発売されるというもんだから、これは待ち遠しいぞ!
とにかく、妹とハルヒのためにも、キョンは絶対買わなくてはいけません!

あでも、その前にもうすぐグッドスマイルカンパニーの「ねんどろいどぷち」のハルヒが出る。
「ねんどろいどぷち」は、とりあえず長門だけは買い集めます。
10体くらい集めて長門軍団結成を目指せボンボス!…。(←相変わらず長門狂だなボンボス)

20071029013712.jpg

スペクトルマン「ううむ、なんだか女の子が増えてしまって、俺たちの肩身が狭くなってきたな。WoOよ…。」
WoO「ウーッ」
スペクトルマン「何?にぎやかで楽しいだって?冗談じゃない。ただでさえ、ややこしい性格なのが集まってるんだ。特にあのハルヒ団長ときたら…。」
ハルヒ「こらそこの2人!ボサっとしてるんだったら、この世の不思議でも探しに行きなさい!!」
スペクトルマン「はぁ、早くキョン君が来ないだろうか…。」

キョン(俺も知らない間に、既によそでもキョン呼ばわりか…orz 妹よ、せめてハルヒの真似なんかして、変な怪獣とかにちょっかい出したりとかはしないでくれ…)

ハルヒのせいで男同士、お互い憂鬱になるキョンとスペクトルマンであった…。

てなワケで、本日はHGIFの朝比奈みくると、キョンの妹でした~。
  1. 2007/10/29(月) 01:45:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

再び改造ソフビ!今回は禁断の…!

346.jpg

こんばんは。ボンボス稲葉です。
先日は激しい怒りをぶちまけまくり、どうもすみませんでした。
というわけで、今回はそのお詫びみたいな感じで、ボンボスのフィギュア紹介をさせていただきます。

さて今回のフィギュアはまたまた改造ソフビ。
今回のネタは、すごいですよ?
上のTOP写真で、ウルトラファンの方々(特に第2期に詳しい方)はもう、「こいつ遂にやりやがった!!」とお思いだと思います。
それが、これだ!

347.jpg

ええそうですよ。
やってしまいましたよ。
ボンボスは遂にやってしまいました(笑)
てなワケで、本日紹介いたしますのは、『ウルトラマンタロウ』第52話に登場した赤手袋ジャックのソフビです!!

350.jpg

右が、通常のジャックで、左が改造ソフビの赤手袋ジャックです。
えーこの赤手袋ジャックとは、先ほども申しましたとおり、「カラータイマーを獲られたウルトラマンはしぼむ」ということで『トリビアの泉』でも紹介されました、タロウ第52話「ウルトラの命を盗め!」に客演した時のウルトラマンジャックのことです。
画像右の通り、本来ジャックは手袋とブーツは銀色なのですが、タロウ第52話に登場した際には、何故かこのように赤手袋、赤ブーツになってしまっていたのです。
しかも、胸と腕の模様が何故か初代マン調になるというメタモルフォーゼを遂げてしまっての客演でした。
第2期ウルトラの時期は、どうやらスーツに関する資料の保存などが徹底されてなかったらしく、スーツ再制作の時はオリジナルとは違うようになってしまうことがよくありました。
でもだからといって、『帰ってきたウルトラマン』放送から2年経ったダケで、ここまでデザイン変わるか?普通(笑)
この赤手袋、噂では「仮面ライダー2号の赤手袋を意識して赤くした」とよく聞くんですが、これホントなんですかね(汗)?

ともかく、そんなイロイロある伝説の赤手袋ジャックが、ボンボスの手により遂に立体化!
おそらくは、どのメーカーもフィギュア化していない所を見計らって、遂に作ってしまったのが、コレ。
初立体化です赤手袋ジャック!

349.jpg

アップ。
どうです?胸の模様はカオスロイド動揺、塗装で再現しました。
なので、またまたジャックの元の模様の跡は、やはりそのまま残ってます。
あと目も、ちゃんと当時っぽく黄色の目にしました。

353.jpg

横から。
ご覧の通り、後頭部が銀色一色にされてしまってるところも、再現しました!
腕はどうしたのかというと、塗装ではなくて、ゾフィーの腕を切り取って貼り付けて再現しました。
あの赤手袋は、ちょうど長さが短い手袋だったので、ジャックの腕をそのまま流用するのは厳しいと思ったんです(しかも、ブレスレットもあるし)。
そこで、ゾフィーを別買いしてその腕をスパっ!
貼り付けて塗装しました。
なので肘辺りに、そのくっつけた痕跡が生々しく残ってます。
ここがもう少し、キレイにできたらなァ…。
※ちなみに改造に使用したゾフィーは、上半身を使って胸像仕立てにすることにしましたので、ご安心ください。

354.jpg

タロウ「あれ?ジャック兄さん、今日もまたその格好なのかい?」
ジャック「おーいタロウ、だまされるな!ホンモノはここだ~!」
ジャックファンの間では、この赤手袋ジャックに対する意見はやはり二分しているようです。
あの赤手袋ジャックはニセモノだといって、認めない方もいるようですね(ボンボスの友人の、ジャックファンの方がそう)。
確かにボンボスも、「ここまでデザイン違ってたらさすがに別人でしょ」と思ってました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が!エピソード内ではちゃぁんと郷秀樹=団次郎さんがご登場&変身orz
これは、どう考えたらイイものか…^^;
一応ボンボスは、コイツは「ジャックに似た宇宙警備隊緊急要員」として考えるコトにしてはいますが…。
でも、何でこんなヤツ作っちゃったんでしょうねボンボス(笑)。
てなワケで、本日は伝説の赤手袋ジャックの、初立体化改造ソフビでした~。

それはそうと、『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』のHPが出来てますね!

『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』番組HP
http://www.daikaijyu.com/galaxy/#

着ぐるみは使いまわしだけど、でも過去作品からの流用でなく新撮のようなので感激!
しかも、テレスドンが新造形!!!!!カッコいいぞ!!!
我が相棒ゴルザの造形は、ちょっとイマイチですが…^^。
しかも、レイブラッド星人(だよね?)も着ぐるみ?!
マジ期待大ですボンボス!
さて問題は、ウチでも無事映るかどうかです…(BSあるから大丈夫だと思うんだが)。
  1. 2007/10/22(月) 01:55:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愚痴、暴言ばかりなので、読まれる方はご注意を

皆さんこんばんは。ボンボス稲葉です。

さて、我等特撮ファンにとって、史上とんでもない事態までもが…!
てなワケで、本日はグッズ紹介ではないのですが、すいません。書かせてください。
ここらで思いをぶちまけさせてください。
※以下、不愉快な発言などが長々と続きます。そういうのが嫌いな方は、この先を読まない方をオススメします。

それでは参ります。
まずは、以下の記事と動画をご覧下さい。

東京中日スポーツHP
http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/entertainment/news/CK2007101802057267.html

ニコニコ動画HP
「Nリアルタイム(NTV)07_1017円谷プロ買収・ウルトラマンの運命は?」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1308502

皆様も、このニュースをご存知の方は多いと思います。
円谷プロ買収されちゃったよ!
買収先は、TYOという大手映像会社。
どうやら円谷プロの経営状態がかなり危なく、それを立て直すとかなんとかで買収した模様。
実はこのことはちょっと前から報じられてまして、ボンボスはその頃から知っていました。
その時は、「あぁ買収されるんかぁ…。でも、円谷プロの経営をバックアップしてくれるのなら、大丈夫か」と、思ってました。
しかし、今月17~18日にかけてのニュースを見て、ボンボスの考えは180度転換!
というのは、記事でのTYO社長の発言について、以下のようにあるためです。

 また、「ウルトラマン」シリーズの映像については「CGを増やす」 と明言。円谷プロはスタジオにミニチュア都市などを組み立てて怪獣 との戦闘場面を撮影する手法が人気だったが「CG合成でもっとリア ルな映像がより安価にできる」と合理的な経営に転換することを主  張。(東京中日スポーツHP 18日の記事より抜粋)

…何コレ?
どうも、「ウルトラマン」シリーズに大々的にCGを増やしまくって、実写特撮をおもっきし減らすかのような内容ですね。
しかもその理由は、合理的な経営のためとはいってますが、予算軽減=ムダな出費なくして儲けましょうってコトだと思うんですが。
しかも、同記事内にはこのような発言も…!!

 「(実写の)チャチさが良いというのはオタク。あまりにも少数 の 異常な愛着にこだわってはいけない」と一部ファンが怒りそうな発  言も飛び出した。(東京中日スポーツHP 18日の記事より抜粋)

んーこれね、どう考えても明らかに全国の特撮ファンとウルトラマン見ている子供たちに対する独断と偏見による愚弄にしか聞こえないんですよね。
このTYO社長、どうやら
「ミニチュア好きなのはオタクだけさ」
「これからの時代は全部CGさ。ミニチュアなんて古くてダサいからダメ」
「オタクの言うコトなんか知らないよ。そんなの聞いても儲からないもん」
って考えのようですね。
このTYO社長の発言について、ボンボスは今激怒しておるわけです

そもそもTYO社長、ニュース映像の中でも「新しいものを取り入れるためには、古いものを捨てなくてはいけない」とか言ってます。
でも新しいものって、古いものがあるから作られるものだと思います。
人間だってそう。
子供たちが生きるうえで、やっぱりおじいちゃん、おばあちゃんの存在って大きいと思うんですよ。
そういった人がいるいないでは、子供の成長の仕方も違うと思うし、そういったのを切り離して核家族化しまくった結果が、子供たちの心を寂しくしていくんだと思うんです。
わかりにくすぎる例ですみませんが…。

大体TYO社長がさっきの発言を円谷プロの社員に話す模様も、どう見ても脅迫にしか見えませんでした。
渋谷プロデューサーが、すごく辛そうな表情してたのが、頭から離れません…。
円谷プロ社員が「はい、新しいことをやるのみです」とか言ってるのも、どっちかというと言わされているような感じ。
だまされてはいけない!円谷プロ!!

特撮をとにかくCG化していくコトも、大問題です。
多分TYO社長が言ってる「無駄な出費が多すぎる」ってコトには、従来の特撮技法のことも入っているのでしょう。
大間違いでっせTYO社長!

日本が培ってきた特撮文化を、単なる経費のムダ使いと勘違いしてます。
そりゃ確かに、CGは使い方によっちゃぁスゴイですよ。
でもミニチュア特撮は、もっとスゴイんですよ!
この人、CG万能派のようですが、正直CGとミニチュア特撮とでは、空気感が違います。
実景の持つ空気感、空間は、ミニチュアでしか体感できないと思います。
CGはそりゃ細かく描けるし、やり直しは効くし便利といや便利。
でも、実写の持つ生の空気感は、未だに出せてはいないです。
正直ハリウッドのお金と時間かけまくったCGだって、見てりゃ一発でCGとわかりますから。
見てバレバレなのは、実写特撮だろうとCGだろうと同じ。
そこを実写で頑張るからこそ、スゴイのです。
あるスゴイ映像があって、それがCGだったら「あぁ、CGならできるよね~」となるハズ。
そりゃ万能なコンピューターだったら、何できても当たり前、な感じです。
何ができようとも、感動も何もありません。
実写特撮だったら、「ぇえ?!ウソ?!こんなのどうやって撮ったの??!!」となるハズ。
限界ある人間の腕、職人技でどこまでもやりきろうとする。
そしてやりきった時、そこにこそロマンがある!夢がある!驚きと感動がある!
実写特撮の方が、はるかに感動が大きい。

TYO社長は、これからの子供たちに、そんな「できて当たり前」な作品を見せるつもりでしょうか?
そんなんで、夢が育つかい!!
考えてみれば、ウルトラマン見ている子供たちが一番かわいそうです。大体

そもそも実写特撮とCGを、同じ次元で語ろうとしていること事態間違ってますこのTYO社長。

文化人類学的に考えりゃ、あくまで方法の違いだけであって、どっちがイイとかダメなんてことも、ないのですから。
「CGとかでもっとかっこいいのを作りたい」とインタビューでは言ってましたが、ウルトラマンのカッコよさはCGでは出せないってば。
ウルトラマンのカッコよさ自体、多分わかってないとおもいますTYO社長。
今の人々が「CGによるカッコいい映像を求めている」とか決め付けてる時点でアウトですね。

有名な芸術家、岡本太郎はこういっていました。
「意味もないものを、お金をうんとかけて作る」と。
岡本太郎にしてみれば、それこそ芸術であるというコト。
ウルトラマンも、それと同じコトだと思います。
一見ムダの多そうな実写特撮でも、それだからこそインパクトある作品が作れるのです。
感動できる作品が作れるのです。
儲け主義の人には、その辺のコトがよくわからないのですね。なんだか寂しい気がするのは、ボンボスの勝手な思い込みでしょうか。

そして、明らかに我等特撮ファンを愚弄したかのようなあの発言!
「実写のチャチさ好きなのは一部のオタクだけっすよ」
「そんな連中にこびうることないよん」
と言いたいかのようなTYO社長。
わかってないなァ。
円谷プロは何も、こびうってるワケじゃないんですよね。
円谷プロがそうやって制作していこうとしていたから、今まで実写メインでやってこれたんだと思います。
それを、あんな発言で切り捨てたTYO社長。
自分は円谷プロを助けるとかなんとかな気でいるんでしょうけど(いやその本心は、単にウルトラで儲けたいだけに決まってる)、やってることはその逆でしかないですね。
今まで円谷プロってのは、作り手とファンとの連携、信頼、コレがあったからこそ、ここまで素晴らしい作品群を作り上げてこられたのです。

しかしTYO社長は今、その信頼を自ら断ち切ろうとしている!!
ウルトラマンが語った、仲間の大切さ、絆ってのを知らないなこの人は…。

来年秋に公開予定の、ウルトラマンの新作映画。
ボンボスがリアルタイムで見ていて激ハマリだったティガが登場!
しかもV6の長野博さんが再びダイゴ隊員として変身!ときたもんだから、ボンボスは当初狂喜しかかりました。
でも今回の件で、見る気が90%失せた。
全てはTYO社長のせいだ…。
多分TYO社長は、その辺のことなんて知ったことじゃないんでしょうけど……だったら意味なくね?
TYO社長、ミニチュア特撮が古くてダメなんなら、ウルトラマン自体ダメってことだと思います。

ホント、いろんな意味で寂しく辛いニュースでした…。
とにかく今は、ライブドア堀江前社長とGFWの北村龍平を足して2で割ったかのようなTYO社長のでしゃばりが、どのようになっていくかを見ていくだけです。

…不愉快な発言ばかり並び立ててしまい、読んでくださっている方々には大変ご迷惑おかけしました。
心から謝申し上げます。
もし今回の記事を読まれた方で、不快な想いをしたという方がおられましたら、コメントにてお知らせください。
ただちに削除いたします。
※でもTYOの人だったら消しませんが。

で、最後になりましたが、チャイヨープロの特撮作品VCDを、4作品GETしちゃいました!通販で。

「アジア雑貨店 ルナルナ」様HP
http://lunaluna.net/

アジア雑貨の通販のサイトなのですが、何故かチャイヨー作品を取り扱ってます(笑)
店長の方の対応も大変親切で、とても良いお店なので、皆さん一度足を運んでみてください。
  1. 2007/10/21(日) 02:13:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

見よ!カオス●イド3人集がここに!

20071009023403.jpg

約1週間ぶりの更新になってしまいました…。
スンマセンです^^;
先週1週間は面接が2社もあり、しかも片方ははるか彼方、神奈川県まで…。
とまぁ、イロイロ忙しかったのです。

しかしそれが終われば、さぁ始まりましたね~♪
新作「ULTRASEVENX」!!!(感想書くの遅くなりましたが)
いや~、なんていうか…。
確かに、今までの「ウルトラ」シリーズ、ひいては円谷作品とはだいぶ違うのは確かです。
ネクサスとはまた違うようなハードさで、ネクサスよりも画面は暗かった気がしますね。
それと、円谷では初(?)のワイヤーアクションも多彩で、また「牙狼」にも近いものがありました。(友人はマトリックスっぽいと言ってましたが、それもかなり当たってると思います)
これからの特撮ヒーローは、ああいうのがトレンドになるのでしょうか^^?
合成特撮、バトルに関しては、「ミラーマンREFLEX」のようになるのかと思っていたのですが、これがミラーマン以上!
町との合成はかなり上手く(ってかミラーマン時はビルほとんどなかったし)、迫力は十分でした!
ただ、音楽がロックなのはいいのですが、明確なテーマ曲ってのがない…。
今までのヒーロー番組では、何かしらヒーローの明確なテーマ曲ってのがあったんですが、今回はそれが…。
だから、なーんかパッとしないところもあったのも事実。

でも、全体では悪くはないと思いますし、コレからが楽しみになります♪
さぁ、これでセブンXのソフビさえ出れば、文句ないんですが(出してくれるよね?バンダイさん)

さてでは、本日のおもちゃ紹介にいきましょう。
多分、TOP写真を見て「アッ!!!」となった方もいるかと思うのですが…。
本日紹介いたしますのは、こちらです!

20071009025507.jpg

PS2のゲーム、「ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth」に登場した、オリジナルキャラのソフビ、カオスロイドU、S、Tのソフビです!!!!

20071009025925.jpg

まずは、カオスロイドUのソフビ。
こちらは、「ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth」のソフトを予約すると予約特典でもらえた、限定版のソフビです。
今では、かなりのレア度があるみたいですが。
初代ウルトラマンをコピーしたキャラクターで、ニセウルトラマンから数えて、2人目の偽者ですねっ。
初代マンからは、かなり模様が禍々しく変わってます。
顔にも、黒い線が入っているからかな?
しかも、目も赤くなって。
ウルトラマンの顔って、シンプルで原初的であるだけに、ちょっといじるダケで不気味になります。

で、この予約特典ソフビですが、ゲーム中では3人いたのにソフビ化されたのはこの1体ダケ。
でもやはりここは、カオスロイドSとTの2体もあわせて3体揃えたくなるのが、やはり性ってもんでしょう。
そこで…作りましたよその2体!!
「ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth」の公式サイトでの、キャラクター紹介ページやムービーを見まくって、模様を研究しまくり、リペイントにより再現してみました!

20071009030611.jpg

で、まずはこちらがリペイントの1体、セブンの偽者のカオスロイドSです。
セブンのソフビをリペイントして作ってみました。
いかがでしょう?
カオスロイドSは、模様はセブンの銀ラインをほとんどトレースした形になってるのが特徴。
でもぐにゃぐにゃ曲がってて、やはりカオスな感じ。
で、顔はへこんでいる部分に黒色が入って、しかも目の上から下にかけて黒ライン。
かるくヘヴィメタ系ですね(笑)。
あと、本当は手首の三角模様は立体になっているんですが、今回は塗装のみで再現しました。
あぁ、ウルトラキーを片手に持たせたいゼ…^^。

20071009031628.jpg

で、こちらがリペイント2体目、カオスロイドT!!!!
ウルトラマンタロウの偽者です。
実はウルトラマンタロウの偽キャラって、このカオスロイドT以前は全く無かったんですよね(いや厳密には、漫画とかではいたんですがね)。
そういう意味でも、貴重なキャラです。
もちろん、タロウのソフビをリペイントです。
このタロウは、背面の模様の資料がかなり少なく、苦労しました。
だから、背面の背びれあたりの銀塗装は、ボンボスのオリジナルイメージです。
このカオスロイドTは、タロウに比べて銀模様が若干増えています。
特に腕の銀模様は、タロウにはなかったもので、また違った味がでますね。
個人的には、角の塗装が一番苦労したとかしなかったとか…。
もちろん、キングブレスレット部分も塗っています(カオスブレスレットと命名)。

もうとにかく、左右対称にすることに全神経を注いだ感じでしたわ(笑)。
画面から割り出して描いた模様の設計図から、「この部分はこの位置」とか「この模様のこの部分は膝のココまで」とか、か~なり綿密にやってましたから。
もちろんハミ出しやその修正も、同じ箇所で何回も…orz
特にTの腕模様は、てこずりました!!

20071009032201.jpg

そして今回のソフビで一番苦労したのが、やはり目の塗装です。
これはカオスロイドUも塗装しているのですが。
カオスロイド3体の目は基本は暗い赤色で、目の外側が暗く、中心部にいくにつれて白くなっているんです。
この塗装が、また難しいんですわ!
しかも、SとTの目は実は中心の白色部分の形が、違ったりしています。
Sは丸っぽく、Tは横長になっているんです。

20071009032529.jpg

フラッシュ撮影をすれば、ご覧の通りよくわかるでしょう?
ちゃぁんとその辺も、再現しています!!

20071009033011.jpg

ただ今回のソフビは、もとのウルトラヒーローシリーズの塗装用のラインを消さずに塗っているので、このようにクッキリと跡が残っています(画像の矢印参照)。
今だったら多分、全部ライン消してやるのでしょうが、この時はその方法も思いつかずでした…。
しかし、塗装だけでここまでやったのだから、自分でもちょっとよくやったんじゃないかと思ったりしています(爆)。
いやむしろ、塗装だけでもここまでできるのですよ!

てなワケで、本日は夢のカオスロイド3体そろい踏みでした~。
しかしここまでくると、他のジャック、A、ゾフィーのカオスロイドも欲しくなってきたり…^^。
カオスロイドJ、A、Zとあわせて、カオスロイド6兄弟!とか(笑)

さてさて最後になりましたが…、冒頭でも出てました就活についてですが…………、もしかすると、今月中に決まりそうです。
先週の面接で、実はよい知らせがありましたので。
まだ会社には返事してないけど、おそらく今週か来週中には返事をするので、もうすぐボンボスの就活にも終止符が打たれる時は近い?!


ps.この後に知ったことですが…、手取フィッシュランドの「ウルトラマンスタジアム」で開催されたショーで、なんとなんと!カオスロイドU、S、Tがスーツで制作され登場していました!!!!
めちゃ、サプライズや~~!!
証拠の動画↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1146126「ウルトラパワーステージ闇のスタジアム伝説2007」※3分割された映像の1クリップです。


さすが円谷プロ!!気合が入ってます(感涙)!!

そしたら、Sの模様が若干違ってたり…orz
…いや、ゲ-ムの方では確かウチのソフビの模様通りだったハズ…!
  1. 2007/10/09(火) 03:37:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

大失態!!

20071003015707.jpg

してしまいました!
今年は我等がウルトラセブン生誕40周年という記念すべき年。
そして、一昨日10月1日こそ、セブン生誕40周年記念日だったのです!
おもっきし、ブログUP&個人的なお祝い忘れてた!!!!!!!!
これは、ガーンですよ…、マジでorz
いやでも一昨日は、それ以上に履歴書を書くのに精一杯だったので…(言い訳)。
しゃあないといえばしゃあなかったんです(涙)。
しかも今週末には2社連続で面接待ち。
忘れても、まぁしゃあない状況ということで、どうかご理解を…。
その代わり、今日その遅れた分を祝わせていただきます。
2007年10月1日、ウルトラセブン生誕40周年オメデトウ!!!

というコトで、本日は食玩HDシリーズのセブンだけをセレクトして、紹介していきたいと思います。
尚、シリーズの詳しい弾とか発売年月などは、今回都合上により割愛させていただきますので、ご了承ください…。

20071003020315.jpg

まずは、HDシリーズが始まって以来の、最初にラインナップされたセブン。
エメリウム光線Ver.のセブンです。
左が初販、右が映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」公開後に発売された、リニューアルVer.です。
2種の違いは、形成色の違いと、目の塗装。
初販は、目の裏側にメタリックシールがあり、それが反射する仕組みでしたが、リニューアルVer.はクリアの目に、クリアオレンジを塗っています。
なので、パっと見た目には目が完全にオレンジすぎて、暗い印象が出ちゃいますね~。
でも、初販はシールの色が若干薄いせいもあってか、こちらも印象はちょっと弱めな気が…。

20071003020848.jpg

お次は、2回目に造形されたセブン。
握り手での、セブンのファイティングポーズが再現された一品。
セブンとしては、最もポピュラーなポーズではないでしょうか?
ボンボスも、HDのセブンの中では一番気に入っています。
目の処理は、先ほどのエメリウム光線Ver.初販と同じ。
ですがこちらは、ボディカラーがより明るくなって、より劇中のイメージに近くなってます。
いや実際は、こちらも再販されているんですよ。
ただその時は、ボディが確か濃い赤色だったので、ボンボスは買わなかったというワケです。

20071003021117.jpg

で、HDシリーズのセブンは全部、アイスラッガーは取り外しが可能なのですが、このセブンではそれを上手く活かしております。
なんとこのように、アイスラッガーを右手に持たせることができる!!
ここに一番惹かれましたね^^。
単に取れるだけじゃ、なんかもったいないですしね~。
そのまま飾ってもよし、アイスラッガー持たせても良し!

20071003021356.jpg

で、前回紹介した「HD-S ウルトラマン 歴戦の勇者と迫り来る侵略者たち」の前の弾で、セブン40周年記念としてリリースされた、新造形のセブン2種!
左がストップ光線Ver.、右がワイドショットVer.です。
ストップ光線Ver.は、セブンのよく使われるスチール写真をもとにしたものです。
ストップ光線自体は、使用例はそこまで多くはなかった気もするんですが…^^;
で、ワイドショットVer.は、やっとキタ!って感じでした。
セブンのワイドショットのフィギュアが、ちょうど欲しかったんですよ。
しかもこの2体、一見すると腕の組み換えだけでボディは共通では?と思っていたんですが、よく見るとちゃんと別造形になってます!
ここにちょっと、感動を覚えました(笑)

20071003022006.jpg

全員集合、フラッシュを炊いて。
フラッシュを炊くと、やはり目の光り具合がよく映えてきますね~。
実際のセブンの目の光り方、とまではいきませんが、でもカッコイイ!
これで、目の淵だけオレンジで、中の方は透明だったらなァ…(得意のリペイントするか?)
…でこうして並べて気づいたコトなんですが…
40周年記念Ver.のセブン2体(右の2体)がサイズが小さい!!!!!
めちゃガガ~ン…です(涙)。
せっかく、ハイクオリティで息の長いシリーズなのにぃ…。

20071003023002.jpg

で、HDシリーズでのセブン関連では、かつてなんとこんなナインナップまでありました。
モロボシ・ダンと、友里アンヌ隊員のフィギュア!!!
確か最初にダン隊員が出て、その後にアンヌ隊員が出たような…。
双方とも、造形は相変わらずしっかりしてます。
特にアンヌ隊員の、隊員服着てちょっとポッチャリしかかったところなんかも(アンヌ隊員ゴメンなさい)、よく再現されてます。
で、気になる顔ほ方は…、それなりにはよく似ているという感じです。
悔やむべきは、顔までつやアリ塗装なところでしょうか…。
今やったら、確実につや消しでしょうに。
あと、ベルトとホルダーはシールで簡易再現。
ダンは手にウルトラアイを持たせられ、アンヌ隊員はウルトラガンを持たせられます。
腕の接合部は丸型なので、ウルトラガンを前に構えることもできますょ♪

20071003023715.jpg

ラスト画像は、前回分のパンドン、メトロン含め、セブン関連のHDシリーズ勢ぞろいで!
や~、まさかHDシリーズでセブン関連がここまで増えるとは^^。
セブン生誕40周年で、また何かしらラインナップが増えそうな気もしますね(笑)
てなワケで、本日は2日遅れのセブン誕生パーティー、HDシリーズセブンのレビューでした!
いやセブン、マジごめんって。HDシリーズだけしかやんなくて…orz←本音。
ホントはもっと、セブングッズ総動員させたかったなァ…。

でも、今週末についに「ULTRASEVEN X」が放送開始されますょ!!!!
さぁ~、面接が終われば、セブンXが待っているぞ!
頑張れボンボス!!
  1. 2007/10/03(水) 02:42:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。