コスモGの★おもちゃ★パラダイス(跡地)

怪獣、ヒーロー好きのコスモGのおもちゃ紹介ブログの跡地です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年の主役

P6250101.jpg

さてさて、前々回に「ウルトラセブン紹介」だなんて言っておきながら、前回は大々的にスペクトルマンDVD-BOXの紹介をしちゃいましたね(笑)。
すんません~。
当ブログはこのように、順番がバラバラにもなりますので、どうぞご了承くださいデス。
その日手に入れたモノを、優先的に紹介していくタチですので。

てなワケで、本日紹介いたしますのは、お待たせしました!
ウルトラセブンのソフビです!

20070625024640.jpg

えー、ウルトラセブンは、ウルトラマン放送終了に若干間を空けまして(=「キャプテンウルトラ」なる別番組を間に挟みまして)1967年に放送されました、円谷プロのウルトラシリーズ第3弾です。
1967年というコトは…、そう!
今年はウルトラセブン生誕40周年なんです!!
このため、あらゆる方面で現在セブンは盛り上がっております!
…っても、セブンは以前から特撮界ではかなりの人気作品でございまして、今まででも十分盛り上がってきましたが(笑)。
実際ボンボスもDVDで全話見て、こりゃ確かに名作であると思いました。
初代のウルトラマンのイメージとは、全く違うモノを感じましたが。
で、その姿もこの通り、初代ウルトラマンとはだいぶ打って変わってますでしょ?
初代ウルトラマンの完全なまでの単純化とは逆に、セブンは装飾も増やされ、戦士タイプヒーローとなりました。
目も初代のようなかわいい丸タイプではなく、眼光鋭い角ばった目になってます(どことなく機械的)。
んで、この目なんですが、これもボンボス塗装してます。
のぞき穴(目の中の黒いチョボ)の後ろの上下あたりが白っぽくなって、そのさらに上下が黄色く、それ以外は銀と金になってるのが、おわかりでしょうか?

20070625025501.jpg

ってもアレじゃ暗くてわかりにくいので、フラッシュをたいて撮影。
これならわかりやすいでしょ?
この塗装、実際の着ぐるみの目の光り方を再現したモノなんです!
セブンの目って、目の上下に電飾が合計2つあって光ってるんです。
しかも、全体が黄色っぽいのではなく、黄色なのは目のフチのみで、中は透明素材なんです。
それを再現するためには、目の中は銀色に塗り、電飾の発光部分は白で塗り、コントラストをつけていく。
で、銀の上にさらに白を薄く塗って、目の透明さを表現してみました。
フチの金色部分も、電飾部分は黄色を塗り、光ってるようにしました。
こうしてフラッシュたくと、雰囲気でるでしょ?

20070625030006.jpg

限定版のクリアソフビと比べて。
左が、製品状態の目です。
目のフチは金色で、中はクリーム色になってます。
最初はこれで満足してたボンボスですが、年食うにつれて「もっとリアルな目を!!」と、研究に研究を重ね、今のような目の塗装を開発してしまいました。
ただ、本来のセブンでは目の構造上、発光すると真正面から見た時に、その発光はのぞき穴より顔の外側ではなく内側に集中するんです。
しかし、ボンボスはのぞき穴の外側で塗ってしまいました。
だから、真正面から見るとちょいと雰囲気違ったりもするんですが、斜めからだと目の発光は外側に来るんです。
だから、この塗装は斜め顔用ってコトなんですね(笑)。
角度美人みたい(笑)。

20070625030556.jpg

横から(ピンボケすいません)。
セブンといえばアイスラッガーですが、ソフビではアイスラッガーの後端部分は背びれとつながっているんです、本来。
しかしリアル志向のボンボスはそれも気に食わず、つながってる部分をカッターで切り落としました。
首筋の後ろにご注目。
アイスラッガーの後端が、ちゃんと離れているデショ?
とは言っても、このカットを施したのは、高校生時代。
今見たら、切り口汚いデス…orz

ちなみに、セブンの首筋の後ろから前にかけて、横に走る1本のディテールがあります。
テレビや雑誌などでよく見る着ぐるみでは、ここが2本対になっているのが圧倒的に多いのですが、このソフビではそれが1本。
この1本の仕様のは、初期スーツ特有のものなんですね。
つまりこのソフビは、初期スーツを模したものであるとわかるワケです。

20070625031207.jpg

「デュワッ!」エメリウム光線発射!
こちらは、「ウルころ」という番組のDVDに付属していた、ポーズ付きのウルトラセブン(エメリウム光線バージョン)です。
上半身は全て新造形になっています。
上の普通のセブンソフビと限定版のソフビとの比較写真を見てもそうなのですが、普通のセブンソフビ、顔の表面がザラザラです。
ウルトラマンの顔はツルっとしてるのがウリなのに…。
確実に造形ミスですよ。
このポーズ付きとかの顔は新造形で、顔の表面はちゃんとツルっとしてます。
切り取って貼っつけたろかな…(ボソ)。

20070625031636.jpg

さぁ、この人は誰でしょう?
「何言うてんねん、セブンやん」と思うアナタ。
違います。
この人はセブンをリペイントして再現した、セブン上司です!
セブン上司ってのは、ウルトラセブンの最終2部作に登場し、セブンにM78星雲への帰還命令を下した人です。
…っても、セブンとほとんど変わりないじゃんよ…。
そう思うのは当たり前です。
実際の映像でも、セブン上司は単にセブンの着ぐるみをそのまま使ってるダケで、なーんの変化もないんですから(爆)。
最終話でのセブン上司(後期のセブンの着ぐるみ)は額のビームランプが青っぽく発光し、首元が銀一色だったので、そこを塗って再現してみたんです。
たったそれダケです…。
多分どの人が見ても、セブンが2体いるようにしか見えません。
ボンボスでもそうなんですから(オイ)。

20070625032226.jpg

最後は、セブン、エメリウム光線バージョン、セブン上司の3体で。
てなワケで、本日はウルトラセブンのご紹介でした~。
ちなみに、今年のウルトラマンフェスティバル(略してウルフェス)では、セブンのラメ入りクリアレッドソフビが、限定アイテムとして販売される模様。
買うぞ~!!!
スポンサーサイト
  1. 2007/06/25(月) 03:27:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「タダチニ、鑑賞セヨ」

20070623015413.jpg

ついに来ましたー!!
「スペクトルマン カスタム・コンポジットBOX」!!

先日の22日に発売だったこのDVD-BOX、予約しててその日にGETしましたよ~!!

てなワケで、本日紹介いたしますのは、DVD-BOX「スペクトルマン カスタム・コンポジットBOX」でございます!

20070623015946.jpg

と、その前にスペクトルマンについて説明せねば…。
コイツが、スペクトルマンです。
写真のフィギュアは、インスパイアさんからリリースされている「レジェンドヒーローリターンズ」シリーズのソフビです。

このスペクトルマンとは、1971年に放送された特撮ヒーロー番組の主役ヒーローで、ネビュラ遊星からきた宇宙サイボーグでございます。
1971年といえば、「帰ってきたウルトラマン」や「ミラーマン」などの特撮作品が登場し始めた、いわゆる第2次怪獣ブームの時期です。
実は、その第2次怪獣ブームのさきがけとなったのが何を隠そう、このスペクトルマンだったのです!!

20070623020939.jpg

顔アップ。
ウルトラマンに比べ、鼻もアリで顔は角ばっていて、金色で…。
ウルトラマンとは全い、こちらは時代性あふれたデザインですな。
ちなみに、スペクトルマンの鼻の穴は1つであるというコトが、判明いたしました(爆)!!

で、実はスペクトルマンのDVD-BOXは2002年に一度、期間限定でリリースされておりました。
その時のBOXは、なんと1/1サイズ(着ぐるみの)スペクトルマンの頭型のケースが付いたものだったんです!!
そしてスペクトルマン自体、ソフト化にあまり恵まれてない作品なんです。
この2点のため、当時のそのお値段は5万円を優に超…。
当時高校生だったボンボスに、当然そんなモノが買えるワケもなく、この作品が手元における日は永遠に無いのかと思われていました。
しかし!今回頭ケースなしで29,400円というお手ごろ価格で遂に再販!
これを逃す機会はないと、購入したワケです。
ちなみに、ボンボスの友人で、例の頭付きのBOXを持ってる人がおりまして、ボンボスは一度その友人にお借りして全話見れました(ありがとう!友人さま!)

20070623021503.jpg

中のケース全部引っ張り出すと、こんな感じです。
全体的にブラックな色彩で、文字は英語、真ん中にベルトのバックルを模したデザインの中に写真…。
こりゃいいデザインです!
気に入りましたよ!
驚いたのは、これ全部紙製のデジパックではなく、薄型のトールケースが使われているというコト!!!
BOXがやや薄手だなと思ったら、こっちにコストかけてたんですね!
これは素晴らしいです。

20070623023207.jpg

んで、全巻収納すると、このようになります!!
真ん中に赤くプリントされてるのが、スペクトルマンの宿敵、地球を狙う宇宙猿人ゴリ博士です。

何で敵役がここにこんなに大きく載ってるのかというとですね、実はこのスペクトルマン、番組名は初め「スペクトルマン」では無く「宇宙猿人ゴリ」だったんです!
この番組、放送中に「宇宙猿人ゴリ」「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」「スペクトルマン」と、タイトルが変わっていった作品としても有名なんです。
で、このゴリ博士が物語中でよくクローズアップされてまして。
もう一人の主役、みたいな形になってるワケです。

20070623024104.jpg

このため、BOXの裏側にはこのように、ゴリ博士の顔がドアップになってます(笑)。

20070623024409.jpg

てなワケで、本日は買ったばかりのスペクトルマンDVD-BOXの紹介でした~。
いや~、これでスペクトルマンも自分の活躍が毎日見れて、うれしい限りですよ(笑)。

ちなみに、スペクトルマンはどことな~く低予算の香りプンプンですが、久々に見てみたら特撮じつはちゃんとできてます!
そして、スペクトルマンは「問題作」であり「名作」であります!
もし目にする機会がございましたら、是非ご鑑賞することをオススメします!(っても、レンタルないからなー…)
  1. 2007/06/23(土) 02:50:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廊下歩いてたら・・・

20070622024345.jpg

顔にクモの巣引っかかりました(爆)。
いや、部屋に行こうと暗い廊下に出たらですね、いきなり顔に何かが「ぶわっ」って絡み付いてきまして…。
細いようなものがいくつも顔にべたついて、電灯つけてみても見えにくいこの糸は…。

「ま~たやっちゃったよ…」な感じでしたね(苦笑)。
ボンボス今まで、何度もクモの巣顔にぶつけてきているので、そんなに慌てはしませんでしたけど。
でも、家の中にまででっかい巣張るなよ、クモさんよ…。

てなワケで、本日よりおもちゃ紹介で、ウルトラヒーローソフビ紹介を開催することにしました!!
第1回書き込みの画像見ていただければおわかりになると思いますが、ボンボスは、バンダイのウルトラヒーローシリーズソフビを、ほとんど持っております!!
「前回ゴジラを大々的に紹介していながらなんじゃよコイツ…」なーんて思わないで下さいネ。
去年ウルトラマン生誕40周年で、今年はウルトラセブン生誕40周年、各方面でウルトラの熱い時期なんですよ、昨今は。
そんなこんだで、今回からウルトラヒーローを一人ずつ紹介していくことにしますので、どうぞよろしくです~!(最初の画像は、ウルトラ6兄弟で!!)

本日紹介いたしますのは、初代ウルトラマンのソフビです。
20070622025221.jpg

これが、初代ウルトラマン。
1966年に放送された、空想特撮シリーズの第2作(第1作は「ウルトラQ」)「ウルトラマン」に登場し、以降現在までシリーズが続いている、日本を代表する特撮ヒーローの元祖、一番最初のウルトラマンです。
特撮に詳しくない方でも、このウルトラマンはすぐにおわかりいただけるでしょう。
一番最初ということだけあって、ヒジョーにシンプル。40年も前に出来上がった姿なのに、いまだに古さを感じさせない、不思議なデザインです。

20070622025558.jpg

んで、ちょいとアップ。
初代ウルトラマンの特徴は、他のウルトラマンに比べ、肩と胸がたくましいこと。
見てください、この盛り上がった肩と、でんっと張り出した胸筋!
この部分で強さが強調されていながら、ウルトラマンって腕とかウエストとか全体の体格自体は細いんですよね。
ステキな体格デス…(ここでウットリするボンボスは危ない?!)。
そして、ウルトラマンって実は顔カワイイ!
それをたらしめているのは、大きな目の下にある黒いチョボ。
これは実際は着ぐるみののぞき穴であり、実際の設定上やデザインなんかではこれは本来無いものなんです。
でもこれがあることで、逆にウルトラマンに意思があるように見えるのも、不思議です。

ところでこの初代ウルトラマンですが、一番最初はこんな顔ではなかったというのを、皆さん知ってます?(ファンなら周知の事実と思いますが)

20070622030539.jpg

それがコレ。
これは、ウルトラマンAタイプのソフビで、No.EXの限定版として発売されたものです。
なんか、先ほどのウルトラマンに比べてゲッソリしてる…。
実は初代ウルトラマンが一番最初に作られた時は、こんな感じのだったんです。
ウルトラマンの着ぐるみって、撮影が進むにつれて改良されているので、その都度に姿が変わっていったんです。
このウルトラマンは現在ファンの間ではAタイプと呼ばれており、最初に紹介したウルトラマンはCタイプと呼ばれ、区別されているのです。
つまりその間にBタイプというもうひとつの姿(Aタイプのような細さだけど、顔の表面はツルリンとCタイプみたいなの)があるワケですけど、Bタイプはこのシリーズのソフビではまだリリースされておらず…。

20070622031157.jpg

さてこのソフビですが、実はボンボスこのシリーズには全て塗装を施しております。
どこ塗ってるのかというと、目です!
現在のウルトラヒーローシリーズのソフビの目って、この画像の右のように黄色の上に薄いクリーム色っぽいのが軽く塗られているダケで、しかものぞき穴も塗られていません。
しかし完璧主義なボンボスは、これを見逃しませんでした…!
そこでボンボスは、全てのウルトラヒーローシリーズの目を、画像左側のように塗りました!!!
目の周りを黄色っぽく塗って、真ん中に行くにつれて白く変化しているのが、おわかりいただけますか?
つまり、映像中のように光ってる感じを出してるんです。
もちろんこれも、筆で(爆)。
あ、ちなみにこの右側のAタイプのソフビは、クリアレッドの限定版です。

20070622031623.jpg

もうひとつ、初代ウルトラマンに関しては体の銀色も塗りなおしてます。
ウルトラマンの体は赤と銀、ならば銀はそのままでいいじゃんと思うかもしれませんが、初代ウルトラマンの銀色って、少しくすんだ銀色なんですよ。
そこで、ボンボスはウルトラマンの銀色部分も、全部塗りなおしました!
右が製品そのままの銀で、左がボンボスが塗ったもの。
銀にグレーと黄色を少し混ぜて、少し汚い銀色にしてみました。
雰囲気バッチシでしょ?

20070622031920.jpg

後姿、右がCタイプ、左がAタイプです。
Aタイプは若干姿勢が悪いのも特徴。
このソフビは、そこまで再現されております。
素晴らしい…。

20070622032400.jpg

Aタイプを下から。
Aタイプって、のぞき穴の位置とその顔の崩れ様のせいもあってか、歴代ウルトラマンの中でも目がギョロリとしてるんですよね。
だからこうすると、ウルトラマンがギョロリとにらんでるようで…(笑)。
助けられてこの顔だったら、逆にビビリますね(笑)。

20070622032043.jpg

最後は、AタイプCタイプを並べて。
こうすると、違いがわかるでしょ?

しっかしウルトラマンの顔って、他のヒーローと比べてツルンとしてるんですよね。
通常ヒーローのデザインというと、イロイロなものをくっつけていくやり方なんです。
しかしウルトラマンのデザインとは、それとは逆にあるもの(鼻とか)を取っていき、単純化することで生まれたものなんですよね。
だからボンボスは、ウルトラマンには何か原初的な魅力というものを感じてしまいます。
取れる部分は取ってとって、目と口と耳の最低限なモノは残して…。
ウルトラマンってそういう意味でも、ヒーローの原初的存在とでもいえるのではないでしょうか。

てなワケで、本日は初代ウルトラマンのソフビ紹介でした~!
次回は、ウルトラセブンのソフビ紹介です!
こうご期待!!
  1. 2007/06/22(金) 03:27:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世紀の怪獣王、その名は…!

20070619004030.jpg

よし、第2回目書き込みです。
いやぁ、昨日はや書き込みサボリました(笑)。
本当は毎日やりたいんですけど、実は大学4回生というヒジョーに忙しい立場にあるボンボス。
卒論に就活、バイトに卒業制作が3個、日夜バタバタしております。
だからこうやってブログ書き込むのも、夜中になっちゃうんですよね…(書き込んでるただ今の時間、午前0時40分です)。

というワケで、本日紹介いたしますフィギュアはこちら、初代ゴジラです!!

えー、このフィギュアは5年前にゲーセンの景品としてバンプレストからリリースされた、「酒井ゆうじ原型製作 初代ゴジラビッグサイズソフビフィギュア」でございます。
なんで初代ゴジラなのかというと、実はボンボスが好きなキャラクターの中で最も最強の存在であるのが、なにを隠そうゴジラなのです!

ここで知らない人に説明を。
ゴジラは今から53年前の昭和29年に公開された日本初の怪獣映画「ゴジラ」に登場し、2004年の「GODZILLA FINAL WARS」まで(アメリカ版含め)全29作という長寿シリーズを持つ、日本が作った怪獣の第一号であり、全ての怪獣の原点にして最強の怪獣であるという、怪獣王なのです!!
そしてボンボスが人生をささげた(爆)怪獣の中で、もちろん最強であり一番好きであるのが、ゴジラなのです。
最初の頃の書き込みで一体何を紹介しようかと考えたときに、「やはりここはコイツしかない!」って思ったワケです。

20070619005107.jpg

ゴジラは今までの作品の中で、様々に顔かたちが変わってきていましたが、その中でも初代ゴジラは随一の存在感、恐ろしさ、そして何よりも怪獣らしさゴジラらしさを持つ存在であるのです。
中でも初代ゴジラの特徴である、この顔!!
どうですよ?
なんか若干無意味に笑っているような口元、常にむきだしの歯、そして左右焦点の合っていない目…。
今でもボンボスはコイツを見るたびに、恐ろしさをマジで感じてしまいます。

20070619005403.jpg

ちょっとフラッシュをたいて。
で、このフィギュアなのですが、実はボンボス自らところどころを塗装しています。
まずこの口内と目がそれです。
口元は唇部分の中の方を赤黒く塗りましたのが、おわかりでしょうか?
実際のフィギュアはこんな口の色ではなかったんですけど、口の奥深さと恐ろしさを出すために、どす黒い血のイメージで赤黒く塗ってみました。
そして目!右目は前を、左目は横を向いているという初代ゴジラ独特の目線を、完全再現、目の周りは赤をにじませて白目が小さく見えるようにしてみました。
そうすると、目が小さく感じられ、暗い中では恐ろしく見えるワケですよ。

20070619005859.jpg

で、もうひとつ塗ったのがこの背びれ。
実際の商品状態では、地肌に白っぽいスプレーがシュシュッとされてるだけだったんですが、地肌色でまず背びれ全体を塗り、その後で白い色をブラシして実際のゴジラの背びれのような色の変化を再現してみました。
もちろん、背びれの色は単なる白ではなく、黒や黄色なんかを混ぜて、骨っぽくしてます。

20070619010139.jpg

んで、こちらはそのフィギュアの白黒バージョン。
映画「ゴジラ」が白黒映画であるから、その映画の中の白黒のゴジラを再現したものです。
上に紹介した茶色のは、実際の着ぐるみの色を再現したものらしいのです(実際の着ぐるみの本当の色は、詳しくはわかってないみたいですが、灰褐色であったらしいです)。
こちらも、ボンボスの塗装済み。
白黒バージョンなので、目の毛細血管を今度は黒く塗っています。
おかげで、カラーバージョンよりも一層暗く感じますな。
背びれも白でなく、グレーに少し青を混ぜたりなんかして雰囲気を出してます。

20070619010608.jpg

で、2体そろい踏み♪
存在感バッチグーです!
ちなみにボンボスの上記の塗装ですが、スプレーなどは一切使用してません=全て筆塗りですので、ご了承を…。

てなワケで、本日は初代ゴジラ、ビッグサイズソフビでした~!
いや~、長々とやっちまいましたよ(笑)。
これからもこんな調子で(自己満で)フィギュア紹介していっちゃいますので、どうぞよろしくです!
  1. 2007/06/19(火) 01:17:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

おもちゃブログ誕生ごあいさつ

20070616223450.jpg


皆様はじめまして!!
そしてご存知の方は、こんにちは&お待たせいたしました!!
私は某大学生の、特撮怪獣、ヒーロー(東宝、大映、円谷特撮辺りです=ゴジラ、ガメラ、ウルトラマン等です要は)好きのボンボス稲葉と申します。
・・・なのは、画像見たらわかりますよね(笑)。

これまでHPやブログを持って、自分の持つおもちゃや、自分で考えたキャラクターなどを紹介していきたいと思っていたのですが、今まで自宅ではネットの環境に恵まれずに、叶わぬ願いと思われてきました・・・。

しかし遂に、我が家にネットが接続!!
これを機に今回初めて、ブログというものをはじめさせていただきました。
近々、HPなども設立したいと思っております。
諸事情でボンボス現在忙しいので、ブログの更新は週1回になったりと遅めにはなるかと思われますが、その点ご了承ください。

そして当ブログでは、私ボンボス稲葉のキャラクターもののコレクション(フィギュア、CD、DVDなど全般)をバンバン紹介していきます!

ただ紹介するコレクションについては、あくまで個人で収集しているものなので、メーカーへのお問い合わせや、画像の無断転載などは硬くお断りいたします。ご協力ください。
また当ブログへの誹謗中傷、他者を傷つけるようなコメント等の迷惑行為も、全てお断りしており、そのようなコメントは見つけ次第削除させていただきます。

それではどうぞ、これからよろしくお願いいたします!!!

挨拶画像は、ウルトラヒーローシリーズ総出演で!!
  1. 2007/06/16(土) 22:35:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

第0回書き込み

これはテストです。
  1. 2007/06/16(土) 22:12:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

コスモG

Author:コスモG
※こちらのブログの画像について
 画像は少しでも皆さんに楽しんでいただけたら、
 という想いでブログこと残すことにしました。

ただし画像の無断転載等は
勝手ながらできる限り、
ご遠慮願えますと幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。